G

ここでは、「G」 に関する記事を紹介しています。

■ブログ管理人よりご挨拶申し上げます■

当ブログを読んでくださりありがとうございます。当ブログを管理しているLalalanと申します。よろしくお願い致します。

  • ブログをはじめて2年と3ヶ月、ブログにいただいた「拍手」の累計が200を越えました。
  • 当初は自分自身の整理を目的に記事をアップしていましたが、最近ではすっかり読み手の存在を意識しながらアップしています。
  • 今後とも牛歩で進む所存ですが、よろしく「拍手」「コメント」のほどお願い申し上げます。
    また、「日本ブログ村・英語ブログ」も是非覗いてみてください。

    → 英会話教材としてのBoston Legal      → Boston Legal概論


日本赤十字社への義援金(Google チェックアウト) Google Crisis Response

Let's help people suffered from the disaters Think Daily


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第二十一話 DennyはWord Saladに悩むAlanをリフレッシュさせようとリゾートのSpaに連れてゆきます。Spaで葉巻を楽しみすっかり寛いだ二人は、屋外に並んでデッキチェアに寝そべり、複数の女性給士からマッサージと顔パックの施術を受けています。パックされた顔をマッサージされるAlanは、「この得体の知れない白いやつを頼む(もっと塗ってくれ)」、と注文します。しかしAlanのしゃべり方があまりに官能的だったためか、DennyはてっきりAlanは不快感を表現したのかと思い、 Take it easy, manとAlanに手を差し伸べます。

Alan Shore: More gobbledygook, please.
もっと白いやつをお願いします。

Denny Crane: Hey! Take it easy, man, deep breath, just relax.
おい、大丈夫だよ、深く息を吸って、リラックスするんだ。

Alan Shore: Denny, I meant to say, “Gobbledygook”, the stuff on my face.
Denny、私が言ったのは「白いやつ」、顔に塗られてるやつです。

Gobble de gook (noun)
Language characterized by circumlocution and jargon, usually hard to understand
the gobbledegook of government reports.
Synonyms: gibberish, doubletalk, bosh, mumbo jumbo.
http://dictionary.reference.com/browse/gobbledegook

かなり昔から「時代錯誤」とか「意味不明」を訴えるときの表現としてgobbledygookという表現が使われていたようですが、1940年代に以下の場面で使用され広く一般に普及したようです。
  • 1944年3月にテキサス州の議員だったMaury Maverickが勤務先のSmaller War Plants Corporationにて分かり難い言葉 "gobbledygook language" の使用を禁じるメモを発信したときの造語で、「七面鳥がエサにむしゃぶりつくときの音(turkey's gobble)」を擬態音で表現したという。
  • 第一次インドシナ戦争(1946年 - 1954年)でフランス兵が現地の言葉を"gobble de gouke" (lit. gook's gobble)と差別的に表現していたが、このフランス兵の使っていた言葉がのちに広まった。英語では"gobbel"と綴るところを"gobble"と綴るのはこの言葉がフランス語に源を有していると考えられる。

上記のWIKIの説明を動画で見聞きするだけですが、何の目的でかような動画を作成するのか、少し興味あります。


英語圏ではすっかりなじみ深い言葉のようで、漫画やゲームでGobbledygook(または類似の音で例えば"The Gobbledy Gooker")という名を持つキャラクターは結構多いようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Gobbledygook#cite_note-EtymologyDictionary-0

すさまじいB級の出し物ですが、観客は熱狂しています。アメリカのentertainmentの底力を見た気分です。

///


第七話 Dennyは13歳の少女を強姦して殺害した犯人と部屋で二人になり、心情的にとても弁護できないので、弁護士を変えるようにいいます。Dennyはこの犯人の足を銃で撃つことになりますが、その伏線となったのは、自身がAIDS感染していると知りながら少女を殺めた犯人の心ない言葉です。あまりこのようなフレーズを紹介するのは気乗りしませんが・・・

She could’ve had a lot of suffering ahead ‘cause I really went to town.
あの子はこの先大変な苦しみを味わったと思うよ、だって俺ほんとに楽しんだからね。

go to town  (verb)
  • to engage in an activity with excessive energy or excitement.
    • He went to town on that plate of spaghetti.
    • You really went to town cleaning the house.

しばしばonを伴うようです
go to town (on something)
  • to do something eagerly and as completely as possible.
    • Angie and Phil have really gone to town on their wedding.
  • Usage notes: often used to describe an activity that involves spending a large amount of money

例文はよくありませんが、明るい場面でgo to town, 使ってみたいものです。

こちらはクロスワードでgo to townしましょうという意図のタイトルのようです。
Go to Town! (First Crosswords)Go to Town! (First Crosswords)
(1998/03)
Djfkdkfkdjfkdsjf

商品詳細を見る


第二話  事務所の代表でありながら個人的関心から泥沼にはまっているKellyの案件にちょっかいを出しているDennyに対し、事務所の名声にかかわる心配からShirleyが言います。


You're gonna go from being Mark Geragos to being Mark Geragos.
いくら目立ったところでマーク・ゲラゴスとかわらないわよ。


Go from being A to B.
  • go from being an unknown to a well-known actor
    • 無名の俳優から有名な俳優になる
  • watched the team go from being unranked to being highly rated this season.
    • このチームが今シーズン、ランキング外から上位へとのし上がるのを見守ってきました。
(英辞郎)
Mark Geragosはご存知 Michael Jackson の弁護を務めた弁護士です(グアムからロスに移送された三浦和義氏の弁護も務める予定でした)。訳者がMark Geragosを笑い者と考えているのか、(Shirleyのような)真っ当な弁護士から見るとMark Geragosは笑い者なのか、判断は難しいところですが、放送ではストレートに「世間の笑い者になるわ」と訳されています。

マイケル・ジャクソン 少年愛と白い肌の真実 (学芸図書ピース)マイケル・ジャクソン 少年愛と白い肌の真実 (学芸図書ピース)
(2005/06/10)
ボブ・ジョーンズ

商品詳細を見る

Mark Geragosを使うかどうかはともかく、Go from being A to Bは使ってみたいですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。