未分類

ここでは、「未分類」 に関する記事を紹介しています。

■ブログ管理人よりご挨拶申し上げます■

当ブログを読んでくださりありがとうございます。当ブログを管理しているLalalanと申します。よろしくお願い致します。

  • ブログをはじめて2年と3ヶ月、ブログにいただいた「拍手」の累計が200を越えました。
  • 当初は自分自身の整理を目的に記事をアップしていましたが、最近ではすっかり読み手の存在を意識しながらアップしています。
  • 今後とも牛歩で進む所存ですが、よろしく「拍手」「コメント」のほどお願い申し上げます。
    また、「日本ブログ村・英語ブログ」も是非覗いてみてください。

    → 英会話教材としてのBoston Legal      → Boston Legal概論


日本赤十字社への義援金(Google チェックアウト) Google Crisis Response

Let's help people suffered from the disaters Think Daily


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第二十四話 Edwin Pool の突飛なアイデアで世界規模のお菓子メーカーを糖尿病の原因だとして訴えることになった案件で、裁判に妥当する案件なのかどうかのPreliminary Hearingが実施されます。Shirleyは、Lil’ Jimmiesのお菓子(クッキー)の箱のラベルに書かれた原材料を読み上げ、とんでもない材料でお菓子が作られている様子を暴露します。弁論は当ドラマの女性弁護士の論法パターンである、1)事例の列挙(例えばこちら)、2)起承転結(例えばこちら)、で展開されます。

輸入食品(とくにお菓子)のラベルを原文で読んでみるときの参考になる(?)かもしれません。

【起】 まずは食品の原材料表示ラベルに記載されている添加物をリストとして読み上げ、いかに気味の悪い材料(機械油、虫、道路のタール、豚の骨など)を使用しているのかを認識させます。

- Yellow dye tartrazine, which is a coal tar derivative.
- Blue dye triphenylmethane, which is a petroleum-based product.
- Red dye carminic acid, which is derived from the carcasses of the cochineal beetle.
- Partially hydrogenated vegetable or animal shortening, which is beef fat, pork gelatin, which is made from boiled bones, tendons, and skin of pigs.

Ugh. So far, we’re up to motor oil, bugs, road tar, and pig bones.

論述で紹介された添加物について調べてみました。

添加物

内容

(由来)

指摘されている問題

Yellow dye tartrazine

黄色タルトラジン

黄色4
タートラジン

(コールタール)

発ガン性・染色体異常

喘息の原因か?

アスピリンとの併用難

Blue dye triphenylmethane

青色トリフェニルメタン

青色1号
ブリリアントブルーFCF

(石油精製物)

発ガン性・染色体異常

Red dye carminic acid

赤色カルミン酸

カルミンレッド

 

(コチニールカイガラムシ)

職業性喘息

アナフィラキシー
・ショック

Partially hydrogenated vegetable or animal shortening

水素添加半硬化の植物性又は動物性抽出物

トランス脂肪酸

(ウシ・ヤギなどの反芻動物の肉や乳)

LDLコレステロール
(悪玉コレステロール)
の増加

虚血性心疾患の発症

認知機能の低下

色のイメージは、こちらのサイトで確認できます。


食用色素: http://www.san-ei-cleanlack.co.jp/shikiso/shikiso_s.htm
チョコレートで着色料のお勉強: http://www.geocities.jp/kinomemocho/sanpo_marble_chocolate.html

米国では2009年の加工食品の説明書きラベルに関する法改正で、トランス脂肪酸(水素を付加して硬化した部分硬化油を製造する過程で発生するためPartially Hydrogenated Fatsとも呼ばれる)の利用は控えられるようになりましたが、日本ではマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングに用いられています。揚げ物をからっと仕上げられるため、ファストフード店や居酒屋の揚げ物にはよく使われています。
http://www.drmirkin.com/nutrition/N185.html


【承】添加物のリストのなかに、既に社会問題となりつつある二つの成分を見出したShirleyはこの二つには特に注目を集めるように説明を加えて説明します。

- Bleached white flour.
The common ingredient used to bleach flour is chlorine dioxide, the use of which has been linked to the destruction of the pancreas and a form of type II diabetes.

①小麦粉の漂白
日本では過酸化ベンゾイルで小麦粉を漂白する習慣があったようです。今はほとんど漂白していませんが、過酸化ベンゾイル自体は禁止食材ではないようです。

米国では小麦の漂白にchlorine dioxide(二酸化塩素)を使用していたのでしょうか?Wikiでは「パルプを製造するとき、繊維の漂白に用いられる。かつて塩素ガスが用いられていたものが置き換えられたものである。」と説明されています。

- And finally the biggie, high fructose corn syrup.
This product does not metabolize as a normal sugar in the body and it prevents a certain hormone, leptin, from reaching the brain. This hormone normally sends a signal to the brain that your stomach is full and tells you to stop eating but, whenever you eat anything with high fructose corn syrup, your brain thinks it’s not full, and so you keep eating and eating and eating. This product, like many dessert cakes, is addictive and causes diabetes, and that is what this lawsuit will show. As for defense counsel’s remark that the whole thing is ridiculous…, is it?

②異性化糖 High-fructose corn syrup (HFCS)
ブドウ糖と果糖を主成分とする液状糖で、原料はトウモロコシやジャガイモ、あるいはサツマイモなどのデンプン。HFCSの健康への影響(肥満、心血管疾患、糖尿病、脂肪肝、等)は以下のページでWIKIにまとめられています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Health_effects_of_high-fructose_corn_syrup

要はすっかりお日本語化した「メタボ」の原因といわれる物質ですが、そもそも「メタボ」の語源となっている英語は

Metabolize
【自動】(新陳)代謝する
【他動】(新陳)代謝させる
(英辞郎)

で、HFCSは普通の砂糖のように健全な代謝(metabolize)をしない物質で、体の中で満腹感を覚えさせない信号を出させてしまうようです。


【転】危険な食品添加物のリストを論ったあとは、米国の糖尿病の様子を暴き出します。特に子供にまで被害が広がっている点を強調し、陪審の心象に訴えます。

- The rate of diabetes has increased 80% in the last decade.
- Nearly 21 million Americans have diabetes.
- One in three children will get it in their lifetime. I just want to say that again, one in three children.


【結】怪しい食品添加物と原材料→米国の糖尿病の増加、という図式を展開したロジックを総合し、食品製造会社は薬物の売人のようなものだ(よって裁判に附されるべきだ)、と結論付けます。しかも子供にも害を及ぼしていると拍車をかけ、タバコ会社のパッケージへの注意文言を例に出し食品会社の意識の低さを露呈させ、一方的に原告側のtemerity (向こう見ず)を批判するのは適切でないと釘を刺します。

These companies are corporate drug dealers. Their products are killing our children. You market to children. At least tobacco companies say on the packages that cigarettes can kill you. Ha. And you have the temerity to accuse my client of not taking responsibility?

temerity 【名】向こう見ず
(英辞郎)

・・・
図解入門 よくわかる最新食品添加物の基本と仕組み―現代の食卓を支える影の功労者 (How‐nual Visual Guide Book)図解入門 よくわかる最新食品添加物の基本と仕組み―現代の食卓を支える影の功労者 (How‐nual Visual Guide Book)
(2008/10)
松浦 寿喜

商品詳細を見る




第二十四話 刑事が警察官二人を引き連れて事務所に入ってきます。目的は、殺人未遂の暴行犯(息子を殺されたバス運転手が、警察の不手際で逮捕されなかった犯人を偶然自分の運転するバスに乗せたとき復讐して暴行した、Aalanが弁護にあった)を逃亡させた罪でAlanを逮捕するためです。

Policeman: You’re under arrest.  貴方を逮捕する。

Alan Shore: Arrest for what? 何のカドの逮捕ですか?

Policeman:
Aiding and abetting a fugitive, obstruction of justice, and conspiracy to aid a
defendant to avoid prosecution.
逃亡犯の支援と幇助、司法妨害、被告人を支援して訴追を免れさせる共謀だ。

Alan Shore:
You’ve just described anyone who’s ever given money to Tom DeLay.
Tom DeLayに金銭を授けた人を表現しましたね。

Policeman: Oh, please put your hands behind your back.
おいおい、両手を後ろにまわして。

Alan Shore: Do I have to? It makes me feel so pretentious.
そうしないといけませんか?なんか仰々しく感じますよ。

Tom DeLayはテキサス州選出の米国の政治家で、1984年から2006年まで下院議員をつとめました。2005年には傘下の団体を通じてロシア企業から献金を受け、見返りにIMFのロシア救済案に1票投じるよう働きかけられました。当時は自ら出頭して保釈金を払い、監獄を逃れましたが、以下の記事にあるように今年の1月に実刑判決を受けています。

2011年1月10日の washington postの記事です。
Tom DeLay, former U.S. House leader, sentenced to 3 years in prison

どうやら誘惑に弱い政治家だったようで、Jack Abramoff等の各種ロビー活動家からの接待攻勢につい票の力を捻じ曲げることしばしばであったようです。また反カストロを叫びながらキューバの葉巻を吸ったり、以前紹介したTerri Schiavoの件でも父親側に立って行動したりと、話題の多い政治家だったようです。政治家を引退射てから実刑を受けるまでは、自叙伝やブログで話題を振りまき、政治コンサルタントとして活動していたそうです(Wiki)。

どこにでもいるんですね、こういう政治家。しかしながらこのモラルのなさとかロシアがらみのドラマチックなスキャンダルは、ちょっと滑稽感もあったりして、コメディータッチの伝記映画になりそうです。

No Retreat, No Surrender: One American's FightNo Retreat, No Surrender: One American's Fight
(2007/03/15)
Tom DeLay、Stephen Mansfield 他


第二十二話 バルコニーでスコッチと葉巻を片手づつに持ち、椅子に身を深く沈めながら交わされるAlanとDennyの会話です。Alanは弁護側の不手際から圧倒的不利に置かれた被告に逃亡を示唆し、実際に被告は逃亡したために、進行中の裁判案件を無効にしました。良心の呵責に苛まれるAlanに、かつて自分もその手を使ったことがある、逃がしたやつは今は島で暮らしている、などと嘯くDennyに対するAlanの返事から哲学的(?)な対話が始まります。

Alan Shore:
I was thinking on a much more elemental level. A place where my biggest concern would be carrying water on my shoulders or where the simple act of thatching a roof would dissipate the voices in my head.

Denny Crane:
And the hardest choice you have to make is what you’re going to have for lunch. What did you have for lunch today?

Alan Shore: Flounder. You?

Denny Crane: Steak sandwich, onion rings.

Alan Shore: Hmm.

Denny Crane: Alan, you know, one thing you sometimes forget is: no matter how hard your day, no matter how tough your choices, how complex your ethical decisions – you always get to choose what you want for lunch.

Alan Shore: Daily, I am amazed at your inexhaustible ability to just live.

Denny Crane: It’s either that or die.

Alanの最初の 台詞 “thatching a roof would dissipate the voices in my head”は、羊たちの沈黙の最後のレクター博士のエンディングでの台詞「頭の中に残る羊たちの叫び声は消えたか?」 を彷彿とさえますし、Dennyのランチの例えはニュアンスを伝えるのに苦労しますし、訳すのはとても難しい台詞です(恥ずかしながら追記に拙訳の試案です)。

本能の赴くまま選択したランチはいつも正しい選択だ、という表現は、とても哲学的で面白く聞こえます。ランチの選択は欲望に沿っている、故に、思ったままを行動に移すのは間違いではない、と導かれる命題になろうかと思いますが、ランチの選択について何か慣用句でもあるのかと思って調べてみましたが、みつけられませんでした。

確かに自分で決めたランチでいやいや食べるランチはないですよね。ランチ選択の効用極大効果というのは、ひょっとしたらだれか研究しているかもしれませんね。してないか・・・

///

浮世でランチ浮世でランチ
(2006/09/12)
山崎 ナオコーラ

商品詳細を見る

[ランチ選択の効用極大効果?]の続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。