Horse it in

ここでは、「Horse it in」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第三話 Alanがふらふらしながらも初めて振り出した竿にいきなり魚がかかったようです。おどろきバランスを崩すAlanにDennyとガイドが声をかけます。

All right, tip up!
You've got one on your line!, Don't horse it in!

よしっ、引き上げろ!
掛かってるぞ、力むな。

放送では、掛かってる、逃がすんじゃないぞ、とされています。

Horse it in は「力を込める」といった意味のようです。

My pilot friend says the thing to do is to line up on final and feather the remaining good engine for a dead stick landing rather than trying to horse it in on one engine.
(飛行機の片方のエンジンが壊れたときは、)友人のパイロットがいうには、なすべきは両基のエンジンを同力にし、フェザリングし不時着に備えることで、残った一基のエンジンに馬力を注ぐことではない。
http://www.thewarfields.com/AirplanesIveFlown.htm

釣りの場面では比較的頻繁に使われる表現のようです。
The next time the fish comes up, Don tries to net it but it flops out. Now were wondering if we can even get it in the net. Art and Don decide to get it along side of the boat, put the pike net with a hole in it over it's head and horse it in by grabbing hold of it and kind a flip-in it up over the side. The first time didn't work but the second did.
http://www.fishingmn.com/record-muskie.html

Giarc got the first fish and had quite a fight, the fish was pulling line and in all the years I have fished with him I have never seen a fish pull line off his reel. That monster was in the boat, my pole started dancing and my fight was on, couldn't horse it in cause I was using 4Lb test with a 2lb leader. This fish took a good ten minutes to get in the boat, After it was in I couldn't figure out how to pick it up, it was that big. http://www.washingtonlakes.com/ReportList.aspx?id=431

常々、日本語の「頑張れ!」に相当する英語表現に苦労していましたが、horse it in! は使えるかもしれません。

ただ、Horseの語が示すとおりでわかりやすいのですが・・・、
ただ、Horseの語が示すとおりでわかりやすいのですが、それゆえに「力を入れる」を表現する場面が限定されてしまう気もしなくはないです。また、Horseと力の語意からへんな想像も可能で、その予想どおりアイルランドではスラングで使用されているようです。

Horse it in: To be sexually ravaged
from Kootie Kat in Dublin/Buenos Aires
"Quit the fancy stuff there, Don Juan and just f*ckin' horse it into me!"
http://irishslang.net/

スラングは例えばこんな感じで使われています(日本語に訳したくないです)。

Horse it in to me!
One of the lads from Uni was heading down to Cork on an Inter-Varsity thing and got "lucky" with some Cork bird. So after the music died and they got the taxi back to her gaff they got busy on the sofa. Dublin lad was doing the usual stuff to get the girl even more up for it when the culchie bawled "Enough of that fancy stuff boy, horse it in to me!" Needless to say he did the business and got the f**k out of there ASAP.
http://www.overheardincork.com/?resultpage=12&authorid=

///
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/59-98c7bdd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。