ドラマの厚みの背景

ここでは、「ドラマの厚みの背景」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


、第二十六話 LA出張にやってきたDennyとAlanはOrtolan で食事していますが、将来にどちらかの死の床にあっては、延命の決断をお互いにしようではないかとの約束をめぐって口論になります。Dennyは遺言でAlanに延命の決断を委ねたのでしたが、Alanは、Dennyが延命の決断をしてやるという申し出を断り、Dennyにしてみればなぜ?と絡みたくなるのでした。
 
Denny Crane:
The trouble with you is your brain is so clogged up with big words
You don’t have room for the stuff that’s really important.
Trust in a friendship is a two-way street. Or there’s no friendship.
 
Alan Shore:
A real friendship doesn’t include one person being positively giddy over the prospect of pulling the plug on the other.
 
Denny Crane:
I’m not giddy!
 
Alan Shore:
You are! I think part of you really wants to be the guy who kills me!
 
 clog up
【句自動】〔管などが〕詰まる、塞がる
【句他動】〔管などを〕詰まらせる、塞ぐ、〔人を〕便秘にさせる
・The kitchen sink is clogged up. : 台所の流しのパイプが詰まった。 (英辞郎)
 
big word
難解な言葉、大げさな言葉、大言壮語、意味不明な語、もったいぶった言葉
(英辞郎)
 
ところがbが大文字Bになると、Big word. 大言壮語 となります。 (英辞郎)
 
giddy
【形】目まいがする、目の回るような、目がくらむような、軽薄な、浅はかな
【自動】目まいがする

・・・

Boston Legalというドラマが単なるLegal Comedyとしての娯楽性を超越し視聴者の感情に訴える理由を考えると、ドラマで扱うエピソードの根底に人間の生死が描かれていて、単なる軽いドラマに終わってはいないからではないかと考えます。直接に殺人やを扱うエピソードから安楽死病気医療の事故、暴力、死に近づく老い、などなど、考えてみれば法律は根底で常に生死と背中を合わせているわけですが、Boston Legalはその事実を見事なまでに脚本にさらりと紛れ込ませているのです。

今回のエピソードは、BSEの疑惑もあって死を意識した日々を送るDenny(本人はそんなフリはおくびにも出しませんが)の悶々とした死の迎え方に関する哲学が、生を満喫し慈しみを実践するAlanと対立したエピソードに仕上がっています。

脚本の行間に埋められた死生観、Boston Legalというドラマに厚みを持たせている要素と考えても大袈裟ではないと思います。

・・・

ある心臓専門医の死生観 (悠飛社ホット・ノンフィクション―YUHISHA Best Doctor Series)ある心臓専門医の死生観 (悠飛社ホット・ノンフィクション―YUHISHA Best Doctor Series)
(2005/03)
阿部 亮

商品詳細を見る

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/395-7bd9116b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。