第二十五話 最終弁論 (2)

ここでは、「第二十五話 最終弁論 (2)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第二十五話 最終弁論 (2

ネパールの寒村の診療所では、人々の社会生活の変化に対応して、人々への意識付けを目的に(実施しているわけではないのに)妊娠中絶のポスターを張り出しました。米国政府はGlobal Gag Ruleに従い、当該ポスターを理由にクリニックに対するUSAIDの財政支援を中止しました。支援のなくなった診療所は十分な設備を維持できず、現地のネパール人女性Kavita Pokharel は、帝王切開できずに死産してしまいます。国境無き弁護士団のサポートを得たKavita Pokharelは米国政府を訴えます。米国政府を弁護してきたDennyは、最終弁論をAlanに依頼します。

原告側Donny Craneの最終弁論のあと、被告側米国政府を弁護するAlan Shoreによる最終弁論です。原告側と同じく起承転結の4段構成になっています。ただし言葉遣いや格調高い単語の使い方、
money, money・・・ とマントラを唱えるように露骨に刺激的な言葉を繰り返す(しかも2回も!)、あたりはいかにもAlan Shoreの弁論です。

(起)論旨を起こすというよりは、Alanらしい語呂のよいリズミカルなフレーズ(彼自身はrhythmically uninterestingと表現していますが)での「つかみ」です。

I’d like to begin with a cheer. We’re number one! We’re number one! We’re number… It’s not much of a cheer.  It’s repetitive and rhythmically uninteresting.

repetitive だけれどど rhythmically uninteresting だ, と、あえて二つの相反する視点を提供するあたりはさすがです。

(承)リズミカルなフレーズでアメリカを「number one!」と繰り返して陪審の意識を高揚させたものの、それはお金の世界のはなしで、背後では赤ん坊の命が奪われた事実があったりして単純なはなしではない、No.1の国家として補償してあげようと逆説的な(ironical)アプローチを試みます。

But it does succinctly apply to our country, and has for quite some time.  In fact, we’ve been number one so long that the rest of the world has come to rely on us.  And we don’t let them down.  We’re the world’s largest donor of development assistance.  All in all, as a nation, we donate over fifty-five billion dollars a year in foreign aid.  

Money, money, money, money, money, money, money, money, everything is about money.  

But, we must never forget that there is a terrible human tragedy at the center of all this.  Ms Pokharel lost her child.  The loss of any child’s life is an incalculable horror.  It is for that reason that I would ask you to award the plaintiff piles and piles of money.  After all, we have so much to give away.  Why not?  Piles and piles.  Thank you.

at the center of this ではなくat the center of "all" this,というのは日本人には難しい表現です。

(転)ironical補償を提案したものの主張を一転させ、国内にはお金がない米国の現実、或いは国外に対して太っ腹な態度を取り続けられるような平穏な状態にはない米国の現実を大げさなQ&A形式で突きつけます。

Our national debt is now over eight trillion dollars.
  • Oh, come to think of it, maybe we don’t have that much to give away, do we?  Eh, who cares?
    • Give ‘em piles, anyway.
  • What the hell?  
    • Never mind that we have thirty seven million people living below the poverty line right here at home.
  • What does it matter that our own literacy rate doesn’t even rank in the top fifty countries?
    • Just keep shelling out the foreign aid.
  • Does it really bother anyone that we don’t have the resources to help the Katrina victims?
    • Of course not!

What’s really important is that the United States continue to be that big ATM machine to the world, doling out wads of cash to every country who wants it.

Money, money, money, money, money, money, money, never mind that we don’t have it.

These other nations, they’re entitled, aren’t they?  Even the ones who vilify us for protecting their freedom.

vilify ... for ... 使ってみたいものです。

(結)原告の弁論を聞いていてもアメリカはひどい国だと思った。とはいえ、上記のように考えると、援助で支出するお金に条件をつけ融資先を選別するのはわるいことじゃあない、なぜなら条件を守るか守らないかは受け取る側の自由(事由)だから、と結論付けます。

By the way, listening to plaintiff’s counsel, I couldn’t help but concur how horrible we Americans are. Okay, so we donate fifty-five billion dollars a year in foreign aid. But then, we impose certain conditions on those gifts.

Imagine our awfulness! And here, my God, we promise money to a clinic so long as they promise not to promote abortion. So they did. How dare we not give them the money just the same? We should have given them that and then some. We have the duty to provide these hand-outs. We have an absolute duty, because we are the United States of America.

And these other nations, well, they’re entitled, whether they keep their promises or not.

concur, awfulness, などなかなか咄嗟には出ない表現満載です。How dare もまた良く耳にこそすれ日本人には使用頻度の低い表現です。How dare we not 動詞原形もまた使ってみたい表現です。

///

相反する二つのMoneyのあり方は古今東西の問題ですね。

Love Not MoneyLove Not Money
(2012/05/29)
Everything But the Girl

商品詳細を見る
Everything Is NegotiableEverything Is Negotiable
(1997/09/29)
Gavin Kennedy

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/382-ab53c410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。