第二十五話 最終弁論 (1)

ここでは、「第二十五話 最終弁論 (1)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第二十五話 最終弁論 (1)
ネパールの寒村の診療所では、人々の社会生活の変化に対応して、人々への意識付けを目的に(実施しているわけではないのに)妊娠中絶のポスターを張り出しました。米国政府はGlobal Gag Ruleに従い、当該ポスターを理由にクリニックに対するUSAIDの財政支援を中止しました。支援のなくなった診療所は十分な設備を維持できず、現地のネパール人女性Kavita Pokharel は、帝王切開できずに死産してしまいます。国境無き弁護士団のサポートを得たKavita Pokharelは米国政府を訴えます。米国政府を弁護してきたDennyは、最終弁論をAlanに依頼します。

原告側の国境無き弁護士団の弁護士Donny Crane(Season1で、Dennyの子供だと思っていたが遺伝子検査で別人と判明)の論法は、米国のhypocrisy(=偽善)の指摘です。すなわち、中絶については、自国では容認しながらも他国にはそれを禁ずる、しかもその基準は政権の交代でころころ変わる、という事実を指摘します。論旨は起承転結の4段階で展開されます。
 
(起)この裁判のポイントは中絶とか言論の自由ではなくhypocrisyだ、と「hypocrisy」という刺激的な響きの言葉で弁論を切り出します。

This case is not about abortion. It isn’t about freedom of speech. It isn’t even about what foreign policy the United States chooses to conduct. This case is about hypocrisy and the arrogance of power.
 
(承)何を以ってhypocrisyと糾弾しているのか、具体例を本件に絡めて示し、「hypocrisy」という言葉の理解を陪臣に植え付けます。

Now, under the laws of the United States, abortion is legal. But we tell other countries that if they want USAID, they cannot perform, encourage, or even mention abortion. We look the world in the eye, and say, “Do as I say, not as I do.” It’s the very essence of hypocrisy.
 
(転)ネパールの寒村で発生した米国の「hypocrisy」の影響を不幸にも被った事例である本件にいまいちど陪臣の目を向けさせます。

So, the clinic that Kavita Pokharel went to had had its funding cut off by a USAID representative who mistakenly believed that a poster in the clinic advocated abortion. Now she had been to the clinic before, and everything had been fine. She had the reasonable expectation that the clinic would continue to function. How could she? How could anyone be expected to know that United States policy is as changeable as the political winds?  A political hack made a brutal, thoughtless decision that could not be appealed. And Ms. Pokharel’s baby died.
 
(結)米国は、内国の政治はhypocrisyであっても民主主義を広める過程ではhypocrisyでない、法律はhypocrisyによる犠牲を許さない、そういう態度を示そうと締めくくります。

At a time when we’re trying to spread democracy around the globe, let us show the world that we are not hypocrites. Let us show the world that when the government of the United States makes a horrible, tragic mistake, the courts of the United States will make that government pay for it.

///

どんな判決もhypocrisy(偽善)の度合い次第で決まる、という刺激的な主張は正鵠を射ているかもしれません。

All Judges Are Political - Except When They Are Not: Acceptable Hypocrisies and the Rule of Law (The Cultural Lives of Law)All Judges Are Political - Except When They Are Not: Acceptable Hypocrisies and the Rule of Law (The Cultural Lives of Law)
(2010/08/24)
Keith J. Bybee

商品詳細を見る

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/381-9a2bfbec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。