証人喚問 - その4(全4回)

ここでは、「証人喚問 - その4(全4回)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第二十四話 Alanは、検察側がAlanに対して個人的に恨みを持っていて故にAlanを起訴したという検察側の暴挙を白日のもとに晒そうと相手を挑発し(もし個人的な恨みを裁判で晴らそうとしているのであれば審理無効の要因となる)、検察がなぜAlanを毛嫌いしているのか言ってみろ、とけしかけます。検察は嘘をつけない証言台でAlanを毛嫌いする背景を述べます。

IV 【相手に地雷を踏ませる】

Alan Shore: Tell us why.

A.D.A. Douglas Koupfer:
Oh, you would love for me to tell you why. That would be grounds for a mistrial. No. My grudge makes this prosecution a little more thrilling. But you’re on trial because you broke the law.

Alan Shore: Objection. Calls for a legal ruling.

Judge Robert Sanders: Sustained.

A.D.A. Douglas Koupfer:
You advised a client accused of attempted murder to flee. That’s a crime.

Alan Shore: Objection.

Judge Robert Sanders: Sustained.

A.D.A. Douglas Koupfer:
Perhaps you’d like to take the stand now. Put your character in issue.

Alan Shore:
My client trusted me to tell him the truth, which trust I honored. That’s my character, Mr. Koupfer.

- Mistrial (審理無効)
A trial that ends due to an error or misconduct, instead of a legal resolution, and is considered null. Ending a trial because of either an inability to continue, or because continuing would not be fair to one side.
http://www.legal-dictionary.org/ld.asp?q=mistrial

- Legal ruling
とても日本語訳の難しい言葉です。
検察はAlanに対して「お前は法を犯した」と叫ぶ態度をとっていて、検察のそんな態度に対しAlanは “legal ruling” という点から相手をけん制して裁判長にそのけん制を認められています。Alanの行為が違法かどうかを審議しているのに、つまり検察の仕事は違法の事実を証明することであるはずなのに、頭ごなしに「お前は法を犯した」という態度はlegal ruling (法の支配、というよりはモラル、法曹人としての基本的態度) に欠けるとのAlanの指摘なわけです。

- take the stand  証人台に立つ

///

拙訳は「続きを読む」の先に・・・

The Warren Court: Justices, Rulings, and Legacy (ABC-Clio Supreme Court Handbooks)The Warren Court: Justices, Rulings, and Legacy (ABC-Clio Supreme Court Handbooks)
(2001/03/01)
Melvin I. Urofsky

商品詳細を見る

Alan Shore: 言ってください、私たちに、何故かを。

A.D.A. Douglas Koupfer:
おぉ、あなたは私を好きだったのですね、私に何故かを言わせるなんて。でもそれは審理無効の根拠になりますね、言いません。確かに私の怨恨はこの案件をちょっと身震いさせるものにしています。でもあなたは裁判にかけられているんです、なぜなら法を犯したから。

Alan Shore: 異議あり。違法です。

Judge Robert Sanders: 認めます。

A.D.A. Douglas Koupfer:
あなたは殺人未遂の原告に逃げろと言ったんです。それは犯罪です。

Alan Shore: Objection.  異議あり。

Judge Robert Sanders: 認めます。

A.D.A. Douglas Koupfer:
たぶんあなたも証言台に立ちたいのでしょう。ご自身の性格を論点になさい。

Alan Shore:
原告は私を信頼して真実を語ってくれました、私は誇りに思っています。それが私の性格ですMr. Koupfer。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/372-0b629640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。