One hell of a ride.

ここでは、「One hell of a ride.」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第二十三話 精神科医を2度も銃で撃って(一度は診察中に、一度は裁判中に法廷内で)何の罪にも問われなかったDennyの長い一日が終わった夜、事務所のバルコニーでスコッチと葉巻を肴に交わされるAlanとDennyの会話です。

Denny Crane: I had sex with her. 彼女とセックスしたんだ。

Alan Shore: With whom? 誰とです?

Denny Crane: Kate Smith. Before she put on the weight. From the mountains to her prairies, she is one hell of a ride.
Kate Smithさ。彼女が太る前だ。山から彼女の大草原へ、冒険満載でうきうきだった。

Kate Smithはアメリカの女性歌手で、国歌を歌う歌手の代名詞的存在のようです。ちょうどこの会話の前にアメリカの銃擁護を皮肉的に(国粋主義的に)たたえる会話があったので(追記をご参照ください)、そのながれで登場した固有名詞です。

One hell of a rideは辞書ではなかなか探せない表現ですが、そのフレーズを構成する一語一語を発展させたなかなか面白い表現です。どういうことかといいますと、「山あり谷あり」「ジェットコースター」といった波乱万丈の激動ぶりを示す上下の動きを表しているといえます。セックスをネタにした会話では当然に二重のニュアンスで意味深な発言になります。

one hell of a ride
I believe it means exhilarating with highs and lows and in betweens. Good and bad. A life or experience full of adventure. The image I get is riding on a horse. Maybe a bucking bronco. Maybe just tearing along really fast. And the way I see it, the person speaking survived it all.
http://www.phrases.org.uk/bulletin_board/50/messages/89.html

Rideにかけてそのままのタイトルのバイク乗りのブログがあります。
http://www.onehellofaride.com/

また、one hell of a ride.を検索すると、あの大御所のアルバムにヒットします。

One Hell of a RideOne Hell of a Ride
(2008/04/01)
Willie Nelson

商品詳細を見る

///

第二十三話のバルコニーでの会話は大きく2つに分かれます。上記に紹介したのは後半部分で、前半は・・・
第二十三話のバルコニーでの会話は大きく2つに分かれます。上記に紹介したのは後半部分で、前半は裁判の結果に受けた注意(法廷で銃をかざした原告を銃で撃った点について無届けの銃保有について厳重注意を受けた)について語る場面です。

Alan Shore: Ah, still at large.
Denny Crane: And don’t think I take it for granted. Canada. Japan. England. Any number of those pinko countries. I’d be in jail for shooting somebody.
Alan Shore: God bless America.

カナダ、日本、イギリスといった(Dennyの表現を借りるなら左よりの(=pinko))国だったら間違いなく投獄されているだろうという内容です。pinkoというのはなかなかユニークな響きの単語です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/361-32c43b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。