第二十三話 最終弁論

ここでは、「第二十三話 最終弁論」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第二十三話 白人の多い住宅街でただ黒人だからという理由で警察官に尋問され、反抗したために警官に暴行され、警官に暴行を加えたとして拘束された善良な一市民にして黒人のDennis Pryorを弁護する黒人女性Chelinaと白人男性Alanの弁護チームの最終弁論です。Chelinaが弁論を担当します。アメリカの人種問題の根深さといいますか、黒人の歴史的文化的背景といいますか、独特の弁論になっています。

導入 - 黒人に対する差別的な扱いに反対する立場を主張するにあたり、まずは敢えてイスラム教徒の場合だったら職務質問を許される事例を挙げ、陪審の考えが人種差別擁護に普遍的に広がらないよう、必要な差別的取扱いに一定の理解を示し、陪審を機制します。黒人に対する扱いの違いを論証するための論法としてなかなか考えられた導入ではないでしょうか。

I guess we don’t have much of a problem targeting Islamics. Especially not at the airport. That doesn’t offend us because we all so wanna feel safe. But the thing is, it’s taken the stigma off of racial profiling. The term no longer has a bad connotation. And that just makes it easier to profile other races, doesn’t it? I mean, once you say it isn’t an evil to discriminate, you make it slightly more permissible to discriminate.

そのうえで、黒人が日常生活でどう扱われているのか、DWBという言葉で表現します。

Next thing you know, you got police questioning African-Americans simply for looking at houses in white neighborhoods. We have a term in this country called DWB, “Driving While Black”. Innocent black motorists are pulled over every day in this country. It’s a way of life.

DWBな世の中で、已む無き服従の道を進むか、徹底的に抗戦するか、黒人の置かれた二者択一の環境を訴えます。

Well, guess what? People like Dennis Pryor have a choice. They can either rail against it, or they can just concede it’s a way of life. And things stay the same.

被告Dennis Pryorがとった抗戦の立場を、歴史上の人種差別と戦った偉人たちを引き合いに出し、陪審の良心に訴えかけます。

Dennis Pryor decided to protest. He decided to hear the words of Henry Thoreau, Susan B. Anthony, Martin Luther King, Jr., who all considered civil disobedience to be patriotic. American. You need to go back to that room and hear the dream of Dr. King, where children grow up to be judged not by the color of their skin. My client was judged by the color of his skin. That cannot be acceptable to a country that prides itself on human rights. That cannot be acceptable to the twelve of you.

///

キング牧師 (学習漫画 世界の伝記NEXT)キング牧師 (学習漫画 世界の伝記NEXT)
(2011/02/04)
堀田 あきお

商品詳細を見る



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/360-2d889915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。