Move for cost

ここでは、「Move for cost」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第一話 意図的に相手の「Objection, (意義あり)」を誘発する発言を繰り返すMalcolmが、「Objection!」と叫ぶ相手方に対し自ら「Sustained, (認めます)」とのべ自嘲的に続ける一言です。

Move for cost

はやく判決にいこうよ

法律ではMoveは
It refers to the act of making a formal application by the movant ( a party to the lawsuit) requesting the judge for the order or judgement.
(http://www.legal-explanations.com/definitions/move.htm)

Move for cost, 日本語にしにくい英語です。放送ではとくに訳されていなかったフレーズです。判決は結局のところは金銭の補償に落ち着きますから、はやいとこお金の取り決めに移ろうよ、という意味ではないかと思います。

一部では、「わかってますよ」という訳をあてているサイトもあるようです。
Cost のためにmoveする、わけですから、コストを回避する或はコストを理解した上でのmoveである、との含みを字背に読み取っているのでしょうか。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/36-bdb3160c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。