Mad as a hatter

ここでは、「Mad as a hatter 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第二十三話 Alanはひょんなことからかつての同僚 Chelina Hall と人種案件を担当することになり、事務所で打ち合わせています。Alanに恋心を寄せるMelissaには、Celinaと親密そうに話すAlanが気が気でなりません。あまりに緊密な二人の様子を見かねたMelissaはAlanを呼びつけ率直に、あまりに親密に話している姿を快く思わない、とストーカー気味に告げます。

Alan Shore:
Melissa, you and I kissed once. I barely participated, we certainly didn’t agree to any kind of exclusivity.  No hickies, or pins, or letterman jackets.

Melissa、君と僕は一度キスした。ぼく的にはわずかに分かちあった気ではあるが、何か排他性を承諾したわけではないんだ。交際宣言しているわけでも、拘束しているわけでも、同じ釜の飯を食っているわけでもない。

Melissa Hughes:
You and I are in a relationship, Alan. The fact that you don’t realize it doesn’t give you the license to be unfaithful.

あなたと私は付き合っているのよ、Alan。そのことにあなたが気づいてないからといってあなたが不誠実になっていい法はないわ。(*訳者注:橋田壽賀子風「法はないわ」を使ってみました)

Alan Shore: You’re mad as a hatter.       君はどうかしているよ。

Alanの台詞 No hickies, or pins, or letterman jackets は、辞書で明確にイディオムとして記載されているわけではなく、日本語訳が難しいところです。キスマークは相手に印を付けて相手を含めた周囲に自分の存在を知らしめる行為、PINは釘を指して相手を制御する行為、letterman jacketはペアルックで価値観の共有を認識する象徴的な行為、そういった行為のニュアンスを崩さず、Alanの表情とかも伝わるように・・・、と、なんとか訳をつけましたが、マダマダ修行が足りません。

Hickie/sはキスマーク
http://encyclopedia.thefreedictionary.com/Hickies

letterman jackets
レターマン・ジャケット
◆高校や大学の頭文字、ロゴ、あるいはシンボルを大きく表したジャケット
(英次郎)

let·ter·man (ltr-mn, -mn) n.
A secondary or college student who has earned a letter in a particular activity, especially a varsity sport.
http://www.thefreedictionary.com/Letterman's+jacket

で、今日の本題mad as a hatterです。

むかしフェルトの帽子を作るときに中毒性のある毒薬「硝酸第2水銀」を使用していたため、帽子屋=狂人とされていたようです。

mad as a hatter (1857) is said to be from erratic behavior caused by prolonged exposure to poison mercuric nitrate, used in making felt hats.
http://www.etymonline.com/index.php?allowed_in_frame=0&search=hatter&searchmode=none

mercuric nitrate:硝酸第2水銀 (英辞郎)
硝酸第二水銀は「硝酸水銀(Ⅱ)」とも表記され、熱 した濃硝酸と水銀との反応で得ることができる毒物の水銀化合物の一種である
  • 吸湿性があり、加水分解され、水に溶けやすいほど毒性が強い無水物と水和物があ り、通常は一水和物として流通している。また光により分解するため、乾燥した冷暗所で保管する。
  • かつては毛皮やフェルト製造時の処理に使用されたが、毒性と環境への影響が強いため使用されなくなった。
  • 胃腸の激痛、嘔吐、下痢などによる衰弱で死に至る場合がある。慢性中毒は、歯がボロボロになり、消化不良、指の震え、皮膚炎などを起こす。主に試薬などに利用されている

ルイス・キャロルの児童文学『不思議の国のアリス』に登場する、架空の人物The Hatterに出辞を求めるようですが、詳しい説明は既にこちらのサイトで展開されているので、ご参考あれ。
http://www.eigo21.com/etc/kimagure/z055.htm

///

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
(2010/08/04)
ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/355-4878336f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。