人間のなかに潜む暴力性

ここでは、「人間のなかに潜む暴力性」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第二十話  Donald Whartonは独居老人の世話人である立場を利用して老人たちの資産を着服していますが、裁判所はDonald Whartonにお墨付きを与えているため、Donald Whartonの魔の手から何とかAdeleを守りたいと思うAlanも手を打ちにくい状況にあります。Alanのとった作戦は、暴力でDonald Whartonを脅迫しAdeleへの干渉を止めさせるものでした。事件解決後の夜にAlanは、バルコニーでのDennyとの会話で、暴力を解決に用いた事実について胸のうちを吐露します。

Denny Crane:
I can never understand why people don’t use violence more often to solve their problems.
Works every time.
私には理解できないな、なぜ人はもっと暴力を使わないんだ、問題解決できるだろ。いつでもうまくいく。

Alan Shore:
Actually, I’m quite disturbed by it.
I had a real appetite for Mr Wharton’s fear and suffering.
実のところ、私はそのことで心乱されました。
僕自身は本当に飢えていたんです、 Whartonの怯えと苦しみに

Denny Crane: Is that unusual?
普通じゃないことなのか?

Alan Shore:
For me? Not at all.
What was unusual was how swiftly I acted on my cravings.
私にですか?全く普通じゃないです。
普通じゃなかったのは、私がいかに素早く自分の渇望に従って行動したかです。

Denny Crane: It was an emergency. What else could you do?
緊急事態だったんだ。他に何かできたのか?

Alan Shore:
Something more clever. Equally disturbing was how easy it all was.
Quick fix which required very little thought on my part, just a phone call.
I wonder what I’m turning into.
何かもっと賢いやり方が。同じように心乱したのは、全く簡単に事が進んだことです。早い解決で、ほとんど頭使う機会は私にはありませんでした、電話しただけです。私はこ何者になってしまうのか、恐ろしいです。

Denny Crane: Denny Crane!   Denny Craneだ!

Alan Shore: Ha. I think I’m still a long way’s away from that.
はは、思いますに私は未だ遠いところですよ、そこまでは。

Denny Crane: Well. Don’t you worry. You’ll get there.
うむ、心配するな、君ならなるさ。

暴力による問題解決という古くて新しい論争の種は、最近では白熱講義などでも題材に取り上げられています。人間ならば誰しも回避したい解決策でありながら明確に存在意義を否定しきれず、人間単位の日々の生活のなかでも、集団単位の古今東西の歴史のなかでも、机上の論争にとどまらず実際の衝突となって生起しています。

ヒストリー・オブ・バイオレンス [DVD]ヒストリー・オブ・バイオレンス [DVD]
(2006/09/08)
ヴィゴ・モーテンセン、エド・ハリス 他

商品詳細を見る

///

Alanがとった暴力行為は、具体的には・・・
Alanがとった暴力行為は、具体的には屈強な男数名を雇い、Donald Whartonの自宅を襲撃し、Donald Whartonの身体を縛って自由を失わせた状態に放置させ、放置されている現場にAlanが偶然を装って訪れ、こういう怖い思いをしたくないのならAdeleから手を引いたほうがいいのではないか、としらじらしく切り出して署名を取り付けるというものでした。

身動きとれず恐怖に怯えるDonald Whartonに投げかけるAlanの台詞です。

・・・

Oh, my goodness! This is dreadful. Look at you. You’ve been assaulted, and robbed, ugh!, the world we live in. Who on earth would do something such as this?

Oh! Of course, you can’t speak! I’ll get you a pad and a pencil. That’s no good, your hands are tied. My God! You must have been left here for what?, over an hour? It must feel awful to be left alone and vulnerable.

Well, apparently they made off with nothing more than some dingy old file boxes which could only contain records, I would imagine. How stupid are they! I mean what could they possibly hope to get for that?! Anyway, I’m glad it’s over. Let’s just pray it never happens again, and again and again.

Oh, also, obviously you’re in no shape to handle your court-appointed duties, particularly with regard to Adele. Not to worry. I just happen to have with me that release form from the other day. Now maybe there’s just enough give here to let you sign it. There’s that. There you go. Wonderful!

You know, now that this experience has brought us closer, I feel I can say this. Sometimes these events are just what one needs to shake things up a bit, make a change, new job, new direction, new ideas, just a thought. I’m thinking now would be a perfect time to start.

Yes, well, this is much better already. I feel that foreboding sense of danger fading. Still, best to stay alert, on the right path because you never know when this kind of thing might happen again. You only know that it will.
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/328-a26c9bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。