第十八話 最終弁論

ここでは、「第十八話 最終弁論」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十八話 最終弁論
Shirleyの若き日のヌード写真が公開されてしまう危機に瀕している問題で、Alanはなんとか公開を避けるべく、男として抱くShirleyへの関心も手伝い、個人的に写真を買い取ろうと試みます。ただ単に「売ってくれ」では足元を見られるので、Alanは、(ややもすると恐喝と受け取られかねない)自己中心的な、故に論旨に無理のある、ちょっとしたストーリーを展開します。最終弁論というよりは個人的な利益に誘導するための仕様もない三文話です。

Alan Shore:
Simply put, it's Shirley Schmidt. As much as I admire and respect her, if I don't resolve this case, I'm afraid she'll get nervous and fall back on old habits, she'll call in the old guard, one of the cronies in banking and finance, someone who smells like old pipe smoke and hair 9 tonic, someone with a florid nose from too many old fashions at lunch, down the street. And this fella, whoever he is, will have friends. Friends who work in banks, who probably shouldn't, who don't treat confidential information very confidentially.

(要旨) なりふり構わぬ方策に走るクセのあるShirleyは、金融機関に勤めていて個人情報を悪用しても何とも思わない協力者のコネを使い、故人の親類縁者を探し出す。

someone who smells like old pipe smoke and hair 9 tonic,
someone with a florid nose from too many old fashions at lunch, down the street.
→ とってつけたような、大げさな、いかにも不正行為をはたらきそうな人物描写で、かえって信憑性が欠けてしまいかねませんが、脚本の意図もその辺のいい加減さを視聴者に伝えたいのでしょう。

And then Marguerite, the old crony will discover how deeply in debt you are. And once he learns this, my replacement will make a few phone calls, write a few letters and seek out your husband's most distant and forgotten relative. Perhaps a less fortunate cousin who always admired but could never affords one of your husband's beautiful artworks. And my replacement will reach out to him, commiserate and convince him to contest your husband's will, at which point your husband's estate could be tied up, well it could be for years, decades really. And if this replacement of mine turns out to be this fella I'm thinking of? It could get really ugly.

(要旨) 金融機関の協力者はまた、未亡人が借金苦に陥っているとの情報を入手し、 Shirleyにその旨伝える。するとShirley側は探し出した故人の遠い縁故者に、財産相続権があるから名乗り出るよう伝え、未亡人による相続の暫定命令及び財産移動停止を発令させ、相続を遅延させ、阻止し、とても醜い争いが発生する。

Perhaps a less fortunate cousin who always admired but could never affords one of your husband's beautiful artworks.
→ これまたとってつけたような、大げさな表現ですが、何の縁もゆかりもないそこいらの人間と、故人の遺作の芸術性を対比させ、両者の潜在的な結合性を示唆し、相続予定者に相続権の脅かされる恐怖感を与える(?)かもしれません。

Marguertie Hauser:
For such a vague man, you've been extraordinarily clear, Mr Shore.

いつもは抽象的な物言いなのに、今日はやけに明快だわ、Shoreさん。

Alan Shore:
Yes. And here's the thing, I just don't like the way these people operate around here. It's just not right. These photographs are yours to do with what you please. And you should get a fair market price. So. Before I simply give up and call it a day, I'd like to ask you one question.

そのとおりです。で、ここで言いたいのは、私はそんな人たちがこういったことをするのは好きではありません。単に正しいことではないからです。これらの写真はあなたのもので、あなたの幸せの素です。そしてあなたは市場から公正な価値を知ります。私が企みを諦め電話しないとするその前に、一つ質問したい。

Marguertie Hauser:
And what is that? 

何かしら?

Alan Shore:
What is your price? 

いくらなら売っていただけます?

こうしてAlanはShirleyの若き日の写真を入手したのでした。要するに写真を購入したいのですが、なんとか自分に有利な条件で購入できるよう、相手に足元をみられないようしょうもない理屈をこねくり回して交渉に当たっているわけです。

///

Shirley役の大女優Candice Bergenはいろんな作品に出演していますが、自叙伝も書いているようです。

Knock WoodKnock Wood
(1984/03)
Candice Bergen

商品詳細を見る


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/309-a4a5ae66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。