Alanの台詞に少子化問題の原因を見出す

ここでは、「Alanの台詞に少子化問題の原因を見出す」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十七話 3時間の婚姻生活にピリオドを打ったDennyの離婚問題にケリがついた夜、しんみりした雰囲気のなかスコッチ片手に葉巻を楽しむDenny とAlan話題は、自ずと伴侶のはなしになります。Dennyの質問は、Alanの奥さん(これはBoston Legal トリビアですが、Alanは奥さんと死別したらしい)についてです。

Alan Shore:
She had all the most delectable qualities one could hope for.
Creativity, desire, zealotry, a gorgeous clavicle, healthy lack of inhibition.

彼女は誰しもが望むあらゆる性格を備えていました。
創造性、向上心、情熱、見事な鎖骨、いい率直さ。

Denny Crane:
Sounds spectacular. What happened?

見事だな。どうなったんだ?

Alan Shore:
She began… to know me too well and I began to hate her for it.
Even when I was unpredictable, she’d predict it.
For those of us who aspire to be original, it’s the worst sort of banality.  
She died. I’ve missed that banality ever since.

彼女は僕をあまりに理解しすぎるようになって、僕はそんな彼女を嫌いはじめ たんです。
僕自身が決められないことでも彼女が決めたりして。
僕たちのような独自性を願うものには、それは最悪の部類の陳腐さです。
彼女は死にました。以来、その陳腐さがなくてさびしいんです。

このAlanの台詞はかなりの共感をよんだのか、WEBサイトのいろいろなところで引用されています。かくいう私もこの台詞にしびれている一人です。

ところで、若干の経験をもとに記すなら、男性が恋愛対象を伴侶に変えるときは、たとえば相手との関係(恋愛関係から家族関係)を考えたり、自身や伴侶のおれている経済状況や社会環境を考え、そこに多少の偶然という力も作用して、結婚というイベントの開催に踏み切ります。

ところがこのAlanの台詞はどうでしょう?Boston Legalのキャラクター設定の中にあってAlan Shoreを性格付ける象徴的な台詞に仕上がっています。

For those of us who aspire to be original, it’s the worst sort of banality.

すなわちAlan Shoreというキャラクターは、 to be originalをaspireするのであって、決して相手との関係や社会の自分への影響力、自身の経済力、といった状況を考慮しない(又はする必要がない、或いはする気がない)のです。

日本でも少子高齢化は進展していて、政府は社会インフラの整備や子供手当てによる経済支援で問題解決を支援しようとしています。そんな政府部門の支援なしでは改善しない社会環境も少子化の一因かもしれませんが、Alanの考えに象徴される、均質化された社会のなかでのoriginalityの追求、 banalityと表現されてしまう結婚生活や子育てへの忌避、といった精神風土もまた多分に少子化の背景にあるような気がします。

ドラマの中でもAlanは常に結婚を回避するキャラクターとして描かれています。その姿勢は決して死別した奥様への義理立てではなく、aspire to be original、worst sort of banalityといった精神態度の発現として描かれています。

少子化問題を解決するには、たしかに政府のインフラ整備も重要ですが、最終的には現在の経済社会環境の中で個人が子育てに対してどう精神的に向き合うのかです。子供手当てに代表される政府の少子化対策に違和感を覚えるのは、少子化問題の解決策は個人の精神に大きく負うと皆が薄々感じているからではないでしょうか?

・・・

議論しつくされた一辺倒の政策や予算のばらまきではなく、子づくりや子育てに関する個人の精神性を改善させる共同体単位での社会政策が必要だと思うんですけどね・・・。

少子高齢化と社会政策少子高齢化と社会政策
(2008/07)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/294-cbaddba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。