Full battery of

ここでは、「Full battery of」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十七話 デュエットの名曲 Time of My Life をBGMにDennyとBevの結婚式が始まりますが、カネにモノをいわせたド派手な結婚式かと思いきや、式は全体的に落ち着いた色調の、皆が楽しめる様子になっています。Dennyをよく知る同僚の参列者も嘲笑しているのかとおもいきや、半嘲半褒の様子です。

Shirley Schmidt:
White roses, gold-leafed cake, Bev’s boobs swimming out of her wedding dress.

Brad Chase:
Who said money can’t buy tastelessness?

 → boobs swimming out of her dressなんてユーモアある表現でいいですね。

 → Who said money can’t buy tastelessness? は、某カード会社のキャッチコピー「Priceless」に通じるものもあり、ちょっと風刺もきいている感じがあっていい表現ですね。

さて、式は余興も楽しかったようで、余興で物品(=Bev’s garter)を獲得したPaulにAlanが話しかけます。

Alan Shore:
Congratulations. I saw you were the lucky one who caught Bev’s garter.

Paul Lewiston:
Yes. I’m going for a full battery of tests first thing in the morning.

Batteryは、電池のバッテリーとか野球のバッテリーですっかりおなじみの単語ですが、もとは違う意味を帯びていたようです。元は、「ばしばし連打して叩く」のbatter (この語自体がフランス語baterie起源) から来ていて、連続した事物を指すときに使うようです。
  • any large group or series of related things: a battery of questions.
  • a group or series of similar articles, machines, parts, etc.
  • (Psychology.) a series of tests yielding a single total score, used for measuring aptitude, intelligence, personality, etc.
  • the act of beating or battering.

Full battery ofでイディオムかとおもいきやどうも違うようで、
  • full battery of ;《a ~》一連の (英辞郎)、
という説明はあるものの、単なるbatteryという語の使い方の一つのようです。WEBで検索すると比較的多くの表現を見かけますが、圧倒的に、test, questions, を伴っています。

Batteryが電池で使われるようになったのは18世紀以降で、「撃破する」のbatterで使われていた大砲の発射(discharge)から転じて放充電する電池の意を得たようです。野球で使われるようになったのは19世紀以降だそうです。
  • 1530s, "action of battering," from M.Fr. batterie, from O.Fr. baterie (12c.) "beating, thrashing, assault," from batre "beat," from L. bauttere "beat" (see batter (v.)).
  • Meaning shifted in M.Fr. from "bombardment" ("heavy blows" upon city walls or fortresses) to "unit of artillery" (a sense recorded in English from 1550s).
  • Extension to "electrical cell" (1748, first used by Ben Franklin) is perhaps via notion of "discharges" of electricity.
  • In obsolete baseball jargon battery was the word for "pitcher and catcher" considered as a unit (1867).


野球のバッテリーについては、同じフレーズに焦点を当てた先達のコチラの記事をご参照ください。
http://bijenkorf.cocolog-nifty.com/spelen/2005/04/post_8bd3.html

///

これもtime of my lifeですね。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/284-25cfd62b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。