South of the border

ここでは、「South of the border」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十六話 Shirley Schmidtの前夫Ivan Tiggsは、オフィスで本を探そうと身を屈めお尻を突き出した恰好のShirleyの背後立ち、Shirleyの動き(というかお尻)をじっと見つめています。そんなIvanの台詞で第十六話は始まります。

That is some fine ‘South of the border’ Schmidt.
(放送訳)すばらしいヒップだな。


この訳者泣かせのフレーズを放送では上記のとおり「すばらしいヒップだな」と状況訳していましたが(こう訳すほかないような気もします)、一体に‘South of the border’とはどういう意味なのでしょう。

“South of the border” は、若き日のFrank Sinatraの歌で、その歌詞をみると、歌詞を前提とした台詞であるとすれば、だいたい何が言いたいのか見当がつきます。

South of the border - down Mexico way
That’s where I fell in love, where the stars above - came out to play
And now as I wander - my thoughts ever stray
http://musico.jp/contents/words.aspx?id=r22WX9

つまりfell in loveした場所と言う意味を込めていると考えると筋が通るのですが、さて、‘South of the border’はどこにあるborderかといいますと、South CarolinaとNorth Carolinaの州境で、たとえばGoogle Mapで“South of the border”を検索するとどの辺りか凡その見当がつきます。
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl&q=South%20of%20the%20border

メキシコへ通じる道路の要衝として1950年頃から道路沿いの休憩所として開拓された地域で、メキシコ国境よりはかなり内側な気もしますが、sombreroとponchoというメキシコ風の衣装をイメージしたPEDROというマスコットをキャラクターにし、メキシコ風の施設を中心に休憩所エリアを構成しています。
http://www.thesouthoftheborder.com/

IVANの台詞はこのシナトラの歌詞を踏まえているわけで、IVANのキャラクター設定やShirleyとの関係(Thats where I fell in love)とこれから展開されるストーリー (my thoughts ever stray)の内容を予感させます。

///

『国境の南、太陽の西』を英語版で読んでみようかしら。高校生の頃どっぷりはまって出る作品すべて読んでいた村上春樹さんの作品を読まなくなったのは、この作品からだったと思います。

South of the Border, West of the Sun: A Novel (Vintage International)South of the Border, West of the Sun: A Novel (Vintage International)
(2000/03/14)
Haruki Murakami

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/270-aa97bf89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。