Epictetus - Have you ever heard of Epictetus?

ここでは、「Epictetus - Have you ever heard of Epictetus?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十五話 あの手この手を使い倒して何とかMalissaを私立学校へ転入させたAlanでしたが(Alan Shoreの交渉術–)、当のMalissaは、周りとは異なる自分の身体的欠陥を誰よりも知っている故に、年頃の女の子でもあるわけですから、いざ学校の制服に袖を通すと不安に苛まれてしまいます。そんなMalissaにAlanは優しく「個性」について語ります。

Have you ever heard of a Greek philosopher named Epictetus? He was funny man with a certain flare for life.

ギリシャの哲学者Epictetusを知っているかな?彼は楽しい奴で、情熱あふれる人生を送りました。

A flare for life, with a certain flare for life
日本語にするのは難しいですが、とてもステキな表現ですね。しかしながら、歌詞であるとか、サイトのタイトルで使われるとか、日常から遊離した次元で使われる表現のようです。

Alanの話は続きます。

Epictetus compared people who “fit in” to the white threads of a toga. Indistinguishable. He wanted to be the purple thread. That small part, which is bright and makes all the rest appear graceful and beautiful. “Why then” he asked, “do you tell me to make myself like the many? And if I do, how shall I still be purple?”

Epictetusは、周りに溶け込んでいる人を、白いトガを着た人になぞらえました。違いがわかりません。彼は紫の服を着たいと思いました。小さな違いだけど、目立つうえに、周りを優雅で美しく際立たせます。「となるとなぜ」と彼は問いました、「あなたは私に私自身を皆と同じようにしろと言いうのですか?、もしそうしたら、どうやって私は紫を着たままでいられのでしょう?」

Toga, thread of toga
Togaは歴史の教科書や映画でよく見る古代ローマの服装で、ローマでは今もコスプレ・パーティーがあるようですが、以下のサイトでその格好や風俗を垣間みれます。
http://www.arsconvivialis.com/toga-party.htm

 ------------------------

Epictetusは、古代ギリシャの詩人にしてストア派の哲学者(Greek Stoic philosopher)で、自己の内面を現実的かつ徹底的に掘り下げる姿勢は、あのMarcus Aureliusにも影響を与えています。著作はないようですが、文字通りのStoicな考え方は多くの名言集にまとめられているようです(たとえば以下のサイト)。
http://sekihi.net/writer/444/proverb_abc/1.htm

「要するに、エピクテトスは『物事は捉えようでなんとでも考えられる。大事なのは自分の心。自分の心の及ばないものにあれこれ囚われるから混乱する。心そのものは自由なのに。』と言っているように思うなあ。」
という天井桟敷からの風景さんの指摘はEpictetus解釈に関して正鵠を射ていると思います。
http://doyoubi.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_a45f.html

Wikiを覗いてみると、Epictetusのエッセンスをあらわす言葉は、引用される機会も多い以下の言葉ではないかといいます。

We are disturbed not by events, but by the views which we take of them. 
(Wiki)

または

Men are disturbed, not by things, but by the principles and notions which they form concerning things.
(Wikiquote)

なるほど。

///

世界の名著 (14) キケロ エピクテトス マルクス・アウレリウス (中公バックス)世界の名著 (14) キケロ エピクテトス マルクス・アウレリウス (中公バックス)
(1980/11)
キケロ

商品詳細を見る

 

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/269-517c590b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。