第十五話 最終弁論 (一般論⇔個別論の往来アプローチ)

ここでは、「第十五話 最終弁論 (一般論⇔個別論の往来アプローチ)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十五話 レイプ被害に遭い、意識不明のまま搬送された病院がCatholicの教義を信奉する病院であったため、受精後72時間以内に処方しなければ妊娠回避の効果を発揮しない薬を処方されなかった故に妊娠した被害者少女を弁護するShirleyの最終弁論です。

[一般論 ⇔ 個別論のアプローチ]
Shirleyの弁論は一般論と本件の個別論とを絡み合わせながら、大きく3部で構成されています。一般論を引く理由は、事件の社会的な重みをわかりやすく説くためです。また個別論は、一般論が本件のように個別具体化した事実を陪審に植え付け、本件は身近な脅威として存在する問題なのだという認識を植え付けるとともに、陪審に本件の意味を理解させるためです。

[リズム感の良いスピーチ]
Shirleyの弁論は複数の事例を箇条書き的に述べ立てます。またそのときの箇条書き的な叙述の方法がすべて同じような音で始まる叙述となっており、聞く者の理解を促進します。

1. 医療の現場で定着しているインフォームド・コンセントという一般論的な観点から本件を考えようと仕向けます。

One of our many rights in this country is what is called informed consent. Every patient has the right to decide what happens to his or her body and to make that decision a patient needs to rely on her doctor to disclose all available options;
  • Do you want chemo therapy or surgery for a brain tumor?
  • Do you want to amputate below the knee or hope for the best and risk death from gangrene?
  • Do you want to prevent pregnancy or have your rapist’s baby?
       → brain tumor: 脳腫瘍, ◆【略】BT, ◆【同】cerebral tumor

amputate【他動】〔手足を〕切断する

gangrene
【名】《医》壊疽{えそ}
【自動】《医》〔体の一部に〕壊疽を(引き)起こす
【他動】《医》壊疽になる

2.インフォームド・コンセントに関する一般論を、本件に当てはめ被害者の視点で個別論として再構築します。

Amelia Warner didn’t get to chose;
  • She was deprived of a crucial medically relevant option because her doctor did not approve of it.
  • She didn’t choose to receive health care restricted by religious doctrine.
  • She was taken to the ER unconscious.
  • She relied on her doctor at St. Mary’s to provide her with proper care or refer her elsewhere and he failed her.

3. 本件での持つ社会的な問題性を浮き彫りにし、陪審の評決に対する意識を高めます。

Twenty-five thousand women will become pregnant from rape this year. If all of those women took this emergency contraception, twenty-two thousand of those pregnancies could be avoided. Doctors provide a crucial public benefit to a diverse society and we cannot condone it when they impose their own religion on patients whom they are professionally obligated to serve, especially patients in their most vulnerable states;
  • A teenage for example, brought in to an emergency room after a brutal rape.
  • A teenage who is now left to choose in violating her own moral principals in terminating the pregnancy or postponing college to deliver this child.
  • A child conceived against her will, a direct result of the most traumatic ordeal she has ever endured.
   →     Condone 【他動】~を大目に見る、容赦する、許す、見逃す
・No religion condones the murder of innocent people.
: 罪のない人々を殺すことを容認する宗教はない。

baby conceived through IVF (in vitro fertilization) 《the ~》体外受精児

ordeal 【名】 厳しい試練、難儀、苦しい試練、試練

///

医療サービスを提供する側ではなく国語研究所が提案する、インフォームド・コンセントを言葉の観点で捉えようとする評価したい試みですね。

病院の言葉を分かりやすく―工夫の提案病院の言葉を分かりやすく—工夫の提案
(2009/03/12)
国立国語研究所「病院の言葉」委員会

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/266-26060d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。