Defamation

ここでは、「Defamation」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Defamation

名誉毀損
(名誉棄損は、日本新聞協会の「同音の漢字による書きかえ」による表記)

英辞郎では以下の例文を引いています。

The company sued a former employee, accusing him of defamation.
会社は元社員が会社の中傷をしているとして彼を告訴しました。

in law, attacking another’s reputation by a false publication (communication to a third party) tending to bring the person into disrepute. The concept is an elusive one and is limited in its varieties only by human inventiveness.
-    http://www.britannica.com

n. The act of damaging a person's reputation by making untrue statements. The remarks are considered libel if printed or broadcast over the media and slander if made orally. The defamation has to be proven to be made with malicious intent opposed to just fair comment when public figures are involved. Unless there is malice, damages for slanderous remarks may be limited to special damages. "Per se" slander and libel can easily lead to large monetary awards and/or punitive damage for the person harmed if the statements were accusations of having committed a crime, having a feared disease, or being incapable of performing one's occupation. Printed retractions are demanded by most states for defamation and only allow a lawsuit if there is no such admission of error.
− http://www.legal-explanations.com/definitions/defamation.htm

民事であろうと刑事であろうと、名誉毀損の成立阻却要件(刑法第230条の2第1項)に準じたものである場合には、その責任は問われない。
  1. 公共の利害に関する事実に係ること(公共性)
  2. その目的が公益を図ることにある(公益性)
  3. 事実の真否を判断し、真実であることの証明がある(真実性)
真実性については必ずしも真実である必要は無く、ある事実を真実と誤認するに相当の理由が認められる場合(確実な証拠や根拠に基づいた場合など)であれば、真実性の欠如を理由にその責任を問われる事は無い(最大判昭和44年6月25日刑集23巻7号975頁)。
− フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/26-53ffb9c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。