第十四話 最終弁論

ここでは、「第十四話 最終弁論」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十四話 最終弁論

プレゼンテーションやスピーチにも技術があります。上達にはいろいろな方法があり、何よりも場数を踏む重要性は異論を待ちませんが、いいプレゼン・いいスピーチを実際に見聞きする重要性も否定されないでしょう。今回紹介するShirleyの最終弁論は、参考に値するいいプレゼンのひとつと考えます。どの辺が良いかといいますと、陪審という「自ら考えて決断しなければいけない聴衆」を、考えて決断するよう成功裡に導いている点です。また聴衆を導く際には、ややもすると人間は誘導されることに心理的抵抗を抱きかねませんが、自分の意図する方向へ巧みに誘導しています。

Redistrictingの問題に対しヌードで政治デモを繰り広げたIrma Levineは検察から政治犯ではなく性犯罪者として告発されていますが、社会一般の「わいせつ」概念を楯に道徳的観点から断罪しようとする検察に対し、Shirleyは「わいせつ」問題で表面を装い、本質(=政治問題)を隠蔽している検察の意図を表面にあぶり出し、検察の隠蔽する政治問題を陪審の意識に曝すとともに、民主主義の国の政治デモを適切に評価するよう訴えます。

1.  Shirleyはまず「性犯罪者」の具体例を列挙し、検察が立証しようとしている表面的な「性犯罪」の定義について陪審にイメージを喚起させます。
  • Jake Watson convicted of molesting an eight-year-old girl, served two years, then convicted of molesting an eleven-year-old girl.
  • John Bauers, convicted of multiple counts of rape.
  • Calvin Stevens, convicted of sodomizing and molesting over a dozen boys ages six to ten.

2.  次に、1.で陪審に抱かせた検察の主張に沿うイメージを今般の事件に投影させ、両者のイメージを陪審の頭の中で突合させます。This is・・・., This is…, と検察の主張をひとつひとつ紐解いて理解しやすく反復し、陪審に自らの頭で考える時間を与え、最後にDo you? と問いかけ、検察の主張について考える行為を意識させます。
  • This is a list of registered sex-offenders.
  • This is the list that the prosecution thinks Ms Levine should be put on.
  • This is the company they think she belongs in.
  • Do you?

3.  陪審が「考える」意識を持ったために陪審の頭の中は他人の考えを取り込みやすい状態に変化させられていますから、一気に自分の主張を述べます。

Do any of you think that a woman who bared her breasts at a political rally poses the same risk to the community as rapists and child molesters?
Of course you don’t. And I’ll let you in on a little secret.

4.   弁護士としての自分の法律的な主張に対する陪審の法律アレルギーや、一方的に話を聞かされた陪審の心理的なアレルギーも懸念されるので、わかりやすい喩えを引きながら同じ主張を繰り返し、聞き手の意識に自分の主張を刷り込みます。

You see they arrested Ms Levine and the other women before and charged them with disturbing the peace. When a woman is arrested for sunbathing topless in a public park, she’s either charged with disturbing the peace or more likely the cop says, “Hey, lady put your shirt back on.” And then he goes off to deal with real crime.

5.  賛否はともかく、相手に自分の主張が届いた時点で、主張の背後に潜む本質的問題(本件の場合はredistrictingの問題)を挙げ、陪審の問題意識を表面から本質へ導きます。Q&Aの形式で問いかけに回答を示し、相手の理解を補助します。
  • So why is Ms Levine different?
  • Because she was protesting redistricting.

6. 話が表面から本質へ転回したところでRedistrictingという専門用語が出てきたので、聞き手の拒否反応を起こさないように、今般の事件の本質をわかりやすく(もし違う方法がとられていたら、という仮定を持ち出す)説明する。

Now, I know that may sound arcane and theoretical to you. But I assure you that to the politicians in power, there is nothing more dear to their hearts. If Ms Levine had written a scholarly article about redistricting for an obscure journal that nobody would ever have read, the District Attorney wouldn’t have cared at all. But she and the other women made their argument topless. People paid attention because let’s face it when two hundred women take their tops off people are going to look.

7. 相手が主張するような問題(=猥褻)はなく、むしろ猥褻という表面に飾られた主張に隠された本質の問題、その本質に世間の衆目を集められたために、検察および政治家が既得権益を守るために取った保守的な反応こそが本質にあると解説する。

But after they’ve gawked for a minute they might ask, “Why have they taken their tops off?” And then they might find out it’s because of redistricting. And then they might say, “Well, what is that?” And then when they find out they might say, “Oh my God! Our politicians have high jacked our Democracy.” The prosecutor’s charged Ms Levine for violating our community standards.

8. 場合によっては考えても結論に至れない陪審がいるかもしれないので、思考の抑制要素を取り払うような「呪文」を唱えて締めくくる。この場合は、アメリカ民主主義の発祥の地であるBostonの市民たる誇りを忘れずに、という心理的な牽制を投げかけます。

This is Boston. Home of the Tea Party, home of the people and the spirit of freedom that literally created this country. Our community standard is that we won’t be silenced by the King of England, much less the District Attorney! Our community standard is that we speak the truth to power, and if those in power don’t like it, too bad.

- - - - - - - - -

以上が今回の最終弁論の流れと構成ですが、これをプレゼンの方法論のひとつとして一般論に引きなおしてみます。
  1. 具体事例の提示
  2. 具体的な事例を、議論の対象となる問題に当てはめてみる
  3. 議論の対象となる問題について、スピーカーの考え方を述べる
  4. スピーカーの考え方を、わかりやすい別の表現で再度述べる
  5. 対極にある理屈や、反証を試みる
  6. 相手の聞き疲れや、難語については小休止を入れる
  7. 再確認(3. - 5.について念を押して主張する)
  8. ダメ押しまたは付加価値情報、或いは心理的なくすぐり。
///

シンプルでうまくいくコミュニケーションの技術シンプルでうまくいくコミュニケーションの技術
(2009/12/11)
天野 雅晴

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/258-023d9774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。