Here's The Kicker

ここでは、「Here's The Kicker」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十三話 Deniseのオフィスに、Alanがふらりと訪れます。Deniseは新し い恋人Danielが癌の化学療法で入院しているのに連絡が取れず、ちょっと落ち込んでいます。そんなDeniseの様子を察知してかAlanは Deniseの落ち込む背景を探ろうとします。さらりと流そうとしたDeniseでしたが、Alanが帰りそうにないので、ちょっと重い話しをすれば Alanも帰るのではと思ったのか、Danielの病状や彼と連絡をとれない状況を打ち明けます。

Denise Bauer:
I’m seeing someone who’s dying of lung cancer. And while he is a very wealthy man he can’t buy his way out of the secondary cancers the treatment for the first cancers are causing. Here’s the kicker, Daniel, has completely shut me out of his life. So now I just wait.

Alan Shore:
Denise. I don’t know you very well. However you don’t strike me as the type of woman who just waits, for anything.

-----------------------------------------------

Denise Bauer:
私が付き合っている人は肺癌に冒されているの。彼は大金持ちだけど、最初の癌の治療が原因で転移した2度目の癌から逃れられないの。この彼が悩みの原因で、Danielっていうんだけど、私を完全に遠ざけているの。だから今は待つだけ。

Alan Shore:
Denise、僕は君のことをよく知らない。だけども君はただ待つだけの女性とは思えないけど、何事に対してもね。

Here’s the kicker、なかなか面白い表現ですね、
  • basically.. here is the ironic, or surprise part of what someone is telling you
    • I went to the store yesterday, here's the kicker, I saw Mr. Dirks, my math teacher!
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=here's%20the%20kicker

イメージ的には、何か不幸を醸し出す事象があってその意外な原因がわかったとき、痛みの元となっているkickを加えてくる奴が判明したとき(時として意外な存在の奴)、here’s the kicker、と表現する感じでしょうか。この意外性のニュアンスの有無から、pain in the ass等の類似表現と使い分けできそうです。また、And を頭につけて、And here’s the kicker とする場合も多いようです。

コラムタイトルにHere’s the kickerを使っています。
http://louisebolotin.com/

こちらは同タイトルの本も出版したブログ:http://www.andheresthekicker.com/
  • 書評:http://www.nypost.com/p/news/opinion/books/and_here_the_kicker_ro3vwi9iUCh21Z9vQX1bVL
  • 著者インタビュー:http://www.writersdigest.com/article/and-heres-the-kicker-interview

And Here's the Kicker: Conversations With 21 Top Humor Writers on Their CraftAnd Here's the Kicker: Conversations With 21 Top Humor Writers on Their Craft
(2009/07/08)
Mike Sacks
商品詳細を見る

///

Alanの台詞に何気なく登場したstrike me as the type of womanというのも使ってみたい台詞ですね。
Alanの台詞に何気なく登場したstrike me as the type of womanというのも使ってみたい台詞ですね。

  strike someone as something [never progressive]
  • strike someone as :(人)に~という印象[感じ]を与える (英辞郎)
  • to make someone have a particular opinion or feeling
    • You don’t strike me as a religious man,” I said frankly.
  • strike someone as being something: He didn’t strike me as being the jealous type.
    • it strikes someone as funny/odd/strange (that): It struck me as a little bit odd that she was always alone.
http://www.macmillandictionary.com/dictionary/american/strike
 
  NHK
のラジオ口座でもその昔紹介されたフレーズのようです。
http://gogakuru.com/english/phrase/1256_Did_anything_strike_you_as_new_or_different_from_any_other_small_city.html

 
NHKラジオビジネス英会話―海外勤務・大滝怜治編 (海外勤務・大滝怜治編) (NHK CD Book)NHKラジオビジネス英会話—海外勤務・大滝怜治編 (海外勤務・大滝怜治編) (NHK CD Book)
(2005/10)
杉田 敏
商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/240-ec256b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。