See to it (I will see to it)

ここでは、「See to it (I will see to it)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十二話 Dennyと婚約したBeverlyには何か狙いがあるのではないか・・・、過去にDennyの元妻たちから何度も辛酸を舐めさせられた事務所の代表PaulShirleyはつい訝ってしまいます。PaulShirleをBeverly に接触させてBeverly の狙いを聞き出すよう仕向け、ShirleyBeverlyとバーのカウンターで会話(舌戦)を繰り広げます。

今回は趣向を変えて日本語訳(拙訳)を記載します。英文に直してみてください。英語表現の格好のトレーニングになるのではないでしょうか?(実際の脚本による英語の会話はこちらで確認してください。)

覚えておきたいフレーズは以下の二つです。
  • see to it:取り計らう、面倒を見る、引き受ける、手配する、責任を持つ
  • Legally and literally:イディオムではありませんが、よく見る表現です。
1900年のNYTの記事でも用いられています。アメリカの外交政策は100年前からこんな感じなんですね。
http://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9A00E4DB1039E733A2575BC1A96E9C946197D6CF

さて、ここからが今回の会話の日本語訳です(拙訳)。英語にしやすいよう語順等を英語の原文に近しくしながら日本語にしたつもりなので、気軽に英訳にトライしてみてください。何もオリジナルの脚本どおりにならなくてもいいわけで、あくまで自分の英語表現を紡ぎ出してみてください。

I-1 Beverly Bridge:
あなたが何を聞きたいのか知ってるわ、Shirley。つまりYesよ、Dennyはあなたのこと今も話すもの。彼は貴女との思い出をとても大切に記憶しているわ。貴女知ってた?、彼は‘The Schmidt’という体位をするの。

I-2 Shirley Schmidt:
それって私が雑誌を読んでるやつかしら、彼が横になって床で酔いつぶれている間に

I-3 Beverly Bridge: 私が聞いたのとは違うみたい

色ボケの後家を演じてShirley の嫉妬を引き出そうとするBeverlyに対し、Shirleyは何とか仮面をはがそうと挑発に出ます。

II-1 Shirley Schmidt:
いいことBev、私は忙しい女なの、だから本題に入るわ。あなたは何者で何をしようとしてるのかしら?

II-2 Beverly Bridge: あらま、私たちはそんな話しをするんでしたの?

II-3 Shirley Schmidt: そうよ.

II-4 Beverly Bridge: つまりあなたが思うに、私がDennyと付き合っているのは彼の金と権力が目当てただと?

II-5 Shirley Schmidt: 私はそう思っていたわ。

II-6 Beverly Bridge: それならいいニュースよ、目当てにしてるわ。お金と力がそそっているのを見てますもの。それなら貴女はなぜ彼とつきあったの?

II-7 Shirley Schmidt: 賭けに負けたからよ。

結局二人の会話は表面に出る本音部分ではかみ合わず、腹の中をお互いに探りあいながら、言葉の一撃を食らわせあって話しは終わります。

III-1 Beverly Bridge: Shirley. あのねえ、えっと、私は、貴女は物分りのいい人だと思っていたわ。でもわかったわ、貴女は最低の部類に入る女性のよくいるタイプだって。女性を淫売と非難するの、ただセックスを楽しんでいるから。

III-2 Shirley Schmidt: 私は言ってないわ・・・

III-3 Beverly Bridge: ・・・或いは勘ぐるのね、巧妙な金目当てだと。

III-4 Shirley Schmidt: はは、まあ、Bevったら。あのねえ、私は貴女を完全に誤解していたわ。ほら私は貴女をある種の人喰い鮫だと決め付けていたの。はは、私は今日ここにきてあなたに言うつもりでいたの、もし貴女が私の友達Dennyや彼の事務所を傷つけるようなことを何かしたら、私は取り計らうわ、貴女が法的にも字義的にも追い詰められるように、一文無しになって空港のバーをうろついて定年間際のアル中のパイロットでもあさるようになるまで。でもそんな必要はないと理解できたわ。

III-5 Beverly Bridge: あのねえ、本当に信じがたいわ、貴女があの‘The Schmidt’という体位を思いついたひとだなんて。

Beverlyが去った後、横で二人の会話を聞いていた(定年間際のパイロットとおぼしき)初老の男性が下心丸出しでShirley に語りかけます。

IV-1 Male patron: それで、えぇっと、‘The Schmidt’ってどんな体位?

///

ひとくちに「体位」、と軽々しくいうなかれ、文化史で語られるようなものだったのですね。失礼いたしました。

体位の文化史体位の文化史
(2006/06)
アンナ アルテールペリーヌ シェルシェーヴ

商品詳細を見る
I-1 Beverly Bridge:
I know what you want Shirley. And yes, Denny does still talk about you. He remembers his experiences with you so fondly. Did you know that he has a position called, ‘The Schmidt’?

I-2 Shirley Schmidt:
Would that be the one where I read a magazine while he lies passed out on the floor?

I-3 Beverly Bridge: That’s not what I heard.

II-1 Shirley Schmidt:
Look Bev, I’m a busy woman so I’ll just get to the point. Who are you and what are you up to?

II-2 Beverly Bridge: Oh. We’re going to have that conversation.

II-3 Shirley Schmidt: We are.

II-4 Beverly Bridge: So, you think I’m screwing Denny for his money and power?

II-5 Shirley Schmidt: It had occurred to me.

II-6 Beverly Bridge: Well, good news! I am. I find money and power just so appetizing. And why did you screw him?

II-7 Shirley Schmidt: I lost a bet.

III-1 Beverly Bridge: Shirley. You know, I, I thought you were enlightened. But it turns out that you’re the worst kind of female there is. Either you condemn a woman as a whore because she enjoys sex…

III-2 Shirley Schmidt: I didn’t say...

III-3 Beverly Bridge: … or you assume that she’s a manipulative gold-digger.

III-4 Shirley Schmidt: Ha, ha. Oh, Bev. You know, I’ve completely misread you. Here I had you pegged as some kind of predatory shark. Ha. I came here today with the intension of telling you that if you ever do anything to hurt my friend, Denny, or this firm I will see to it that you are hunted down legally and literally until you are penniless and left to troll airport bars looking for alcoholic pilots nearing retirement age. But I can see I don’t need to do that.

III-5 Beverly Bridge: You know it’s really hard to believe that you’re the one that came up with, ‘The Schmidt’.

IV-1 Male patron: So, ah. What is ‘The Schmidt’?
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/223-7bac1bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。