Tempers fray

ここでは、「Tempers fray」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十二話 Alanの部屋で今後の審理の進め方について話し合うJerryAlanですが、Alanは事件関係者の集まりでもある職場の雰囲気が少しぎすぎすしているので、もう少ししてから審理に臨む作戦で、そのときは司法取引をしたいと考えています。しかしJerryは二度と弁護士の仕事につけなくなる可能性もあり、断固として無罪判決を勝ち取りたい旨をAlanに伝えます。

Alan Shore:
Tempers seem frayed all around.  That’s why I’m filing for a continuance.  We’ll let everyone cool down a bit, then try again for a plea bargain.

Jerry Espenson:
No.  Plea bargain is out of the question.  It’s not guilty or nothing.

Alan Shore:
Proving temporal insanity is a daunting task.  Plea bargain is our best chance to keep you out of jail.

Jerry Espenson:
If I plea bargain, I’ll be disbarred. Alan, my whole life is the law.
It’s all I have.  It’s what I love.  You can’t let them take that away from me.

Alan Shore:  Then we go to trial. 

拙訳による日本語はこちら

tempers fray  (also tempers become frayed)
if tempers fray among a group of people, they all become angry
Tempers frayed when, after waiting for hours, we were told there were no tickets left.
http://idioms.thefreedictionary.com/tempers+fray

tempers frayは以下の用例にもありますように、政治・スポーツいろんな場面で使えそうです。
  • http://www.smh.com.au/news/opinion/tempers-fray-as-all-sides-whine-are-we-there-yet/2007/10/02/1191091115209.html
  • http://www.independent.co.uk/sport/general/ice-hockey-giants-keep-ahead-as-tempers-fray-580862.html

そもそもFrayはどういう意味の言葉なのでしょう?
英辞郎には下表に引いた(2)のfrayしか紹介されていませんが、ここで使われているfrayは明らかに(1)のfrayです。
Fray (1)
Fray (2)
n.  
  1. A scuffle; a brawl.  
  2. A heated dispute or contest.
tr.v.  
  1. To alarm; frighten.  
  2. To drive away.
v.tr.
  1. To strain; chafe: repeated noises that fray the nerves.
  2. To wear away (the edges of fabric, for example) by rubbing.
v.intr. 
To become worn away or tattered along the edges.


A frayed or threadbare spot, as on fabric.
http://www.thefreedictionary.com/fray

日本人の日本語の会話ではよく「職場の雰囲気が悪い」、とか「険悪なムード」などと表現する機会が多いのですが、そんなときにtempers frayed、使えそうですね。上記会話の背景も、職場でナイフを使って人質をとられた事件のあとですから、職場の雰囲気の険悪さたるや推して知るべしです。

All aroundもなかなか日本人には使えない形容詞ですね。日本人だとaroundのみので使用する場合が圧倒的のような気がします。
all-around  Function: adjective   Date: 1867
1.        considered in or encompassing all aspects : comprehensive
<the best all-around performance so far>
2.        competent in many fields <an all-around performer>
3.        having general utility or merit <an all-around tool>
http://www.merriam-webster.com/dictionary/all%20around

tempers frayed と all around を併せてtempers frayed all around... (例えば職場で使うと)全体的に雰囲気が悪い・・・なんてさらりと使ってみたいものですね。

ギスギスした職場はなぜ変わらないのか たった一人からでも始められる「職場活性化」の方法 (Nanaブックス)ギスギスした職場はなぜ変わらないのか たった一人からでも始められる「職場活性化」の方法 (Nanaブックス)
(2009/03/15)
手塚利男

商品詳細を見る

Alan Shore: 皆カリカリしている。だから僕は審理延期を求めようと思うんだ。ほとぼりを冷ましたら改めて司法取引に臨もうと思う

Jerry Espenson: ダメだ 司法取引なんて論外だ 無罪か何もなかったかだ

Alan Shore: 一時的な心身喪失の証明は無理に近い。司法取引は君を牢屋の外に出しておく最良の手立てだと思う

Jerry Espenson: 司法取引だと法曹資格を剥奪されてしまう。Alan、僕の人生は法律がすべてなんだ。
法律はぼくの全てで愛するものだ。それを僕から遠ざけるなんてやめてくれ。

Alan Shore: なら公判だ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/220-0ce9da63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。