Plea bargain

ここでは、「Plea bargain」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Plea bargain

全ての案件が公判になると裁判所はパンクしてしまうので、事前に検察側が何らかのインセンティブを与える見返りに弁護側に罪を認めさせ(defendant to plead guilty)、その後の公判を割愛し司法処理をスムーズに処理させる仕組みです。

Plea bargaining
検察側が有罪を認める答弁を受け(to obtain guilty pleas)、公判を回避する状況を指します。

Plea bargainには種類あるようです。       
  1. Charge Bargain
    1. 求刑を軽くする
    2. 例)窃盗を窃盗未遂にする、飲酒無免許運転を飲酒運転のみにする
  2. Count bargaining
    1. 刑の数を減らす
  3. Sentence Bargain
    1. 有罪を認める対価として求刑の内容を定める
    2. 判事の許可が必要
契約なので、検察側も弁護側も一度Plea bargainしたら、瑕疵がない限り内容を変更できません。

とはいえ、警察権力の肥大化の防止、司法による健全な裁判、という観点からPlea bargainを批判する声は根強いようです。

http://www.expertlaw.com/library/criminal/plea_bargains.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Plea_bargain
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/219-4393a81e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。