第十一話 最終弁論 (2)

ここでは、「第十一話 最終弁論 (2) 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十一話 最終弁論 (2
Shirleyは、Alanの部屋に乗り込み、パートナー選考会議をジャックし、事務所のパートナーたちに向かって壇上からJerryの宣伝を行ったAlanを叱責します。Shirleyの持ち出す理論は、弁護士稼業といえども「ビジネス」だという理屈です。が・・・・

Shirley Schmidt:
How dare you invade the province of a private partnership meeting?


Alan Shore: I’m sorry. I didn’t think an invitation was forthcoming.


Shirley Schmidt:
There’s a much you don’t know about the business of running a law practice, Alan.  The first rule...


ここでAlanは再び持論を披露しますが、「ビジネス」という名のもとに(Season 1 第11話で、事務所再建の為にNY本社からBoston事務所に移ってきて以来豪腕を振るい続け)真っ当な才能を粛正してきたShirleyのやり方を断罪します。

Alan Shore:
It’s a business. I understand that Shirley. But it’s a service business, you don’t peddle widgets, you don’t push stocks, you sell your people, and as far as your people go I’ll take Jerry Espenson over...


Shirley Schmidt: Don’t give me...


Alan Shore: Well you need to hear it!


まずAlanは、これまでに事務所内で「ビジネス」の名のもとに粛清されてきた数々の弱者たちの例を挙げ、Alanはそれら事項を黙認している意味で事務所の「ビジネス」を理解していると(皮肉たっぷりに)伝えます。
  • I said nothing when you fired Sally Heep, whose only infraction was to sleep with me!
  • I made not a peep when you deftly ushered Lori Colson out of the firm!
  • I even understood when you fired Catherine Piper, a woman I profoundly adore!
  • I swallowed all of it because I know it’s a business.
「ビジネス」の名のもとにおとなしい善人を排除してきた過去の実例が、今まさにJerryに起ころうとしていて、それはJerryへの裏切りだと訴えます。 さらにそういった「粛清」を伴う「ビジネス」を続けてきたShirleyをまともだと思ってきたのは間違いだったと糾弾し、
  • But to abuse a talented, selfless employee only because his social skills lack polish to allow him to work tirelessly under the delusion that he could make partner, a delusion you carefully nurtured so as to make piles of money off of him in the short term. That’s a betrayal, Shirley, not just of Jerry, but of you and your character which up till now I have considered undeniably decent.
ここでAlanが声を上げて「ビジネス」の悪弊を絶つ意義は十分にあると主張します。
  • Jerry Espenson, no doubt, will go off quietly into the night as the meek often do. But somebody around here has to get angry about it. Otherwise you’ll just go off and blithely do it again.
最後にShirleyは「まだ決まったわけじゃない」といいますが、Alan「ビジネス」の名のもとに粛正人事を続けてきたShirleyにぐさりととどめを刺します。

Shirley Schmidt:
We have not yet made a decision concerning Jerry Espenson, when we do I will call you first to tell you, “It is none of your concern!”


Alan Shore:
There’s a saying Shirley, perhaps you’ve heard it. ‘All it takes for evil to succeed is for good people to say, “It’s a business.”’

正論/本音ほど建前を強く切り裂けるものはないという事実を伝える構成ですね。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/204-b1952bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。