Look under the hood

ここでは、「Look under the hood」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十一話 癌新薬のテストに不当に潜り込んだ富豪の会社社長Daniel Postは被告として最初の審理に臨みますが、原告側の圧倒的有利で進みます。そんな状況でもDanielは弁護側の悪い流れをうまく変えられない弁護士Deniseを食事に誘いだします。Paulから和解を勧めるいい機会だと入れ知恵されたDeniseは、食事の会話のなかから和解を切り出すチャンスをうかがいます。一方で Danielは、Deniseを口説くモードに入っています。

テンポの良い会話なので、字数を考慮して簡潔に仕上がっている放送訳(字幕)を紹介します。
(小説や脚本としてであればまた違った訳になるかもしれません。)

まずDanielの切り込みからです。

Daniel Post:
When do you see yourself liking me?
(放送訳:まだ僕が嫌い?)

検察側の審問で被告(Daniel)はすっかり陪審から好かれない存在になった、と一般論ではぐらかして切りかえしたDeniseは、どさくさにまぎれ入れ知恵されていた和解を切り出します。

Denise Bauer:
Bottom line, it’s in your best interest to settle.
(放送訳:和解が賢明だと思う)

和解案を切り出したDeniseに対し、Danielは(こちらもどさくさながら)交換条件を出します。

Daniel Post:
I agree to settle the case, if you agree to stop talking about it, and declare this an official date?
(放送訳:和解に応じるからここからは本物のデートに)

Deniseは、あきれ半分で以下を質問します。

Denise Bauer:
Have you ever done anything nice for anybody? Ever?
(放送訳:一度でも人助けをした?)

Danielの返しです。DenielはDeniseの返した質問を我田引水で解釈して、さらにDeniseを口説く方向へ持っていこうと企んでいる様子です。
(理屈で考えたらDeniseは上記質問内容を考えるかぎりは、和解でなくこれからも裁判で争う場合に、陪審に対してアピールできるDanielのいいところを見つけようとする意図もあるように感じます。或いは純粋に自分の利害しか考えないDanielに対してあきれて質問したとも考えられます。)

Daniel Post:
Pum, pum, pum. See, if you got any look under the hood. Not until you agree.
(放送訳:品定めだな 答えたらOKする?)

look under the hood  ボンネットの中を見る
have a look under the hood  ボンネットの中を見る、中身[内容]を具体的に見る
take a look under the hood of  ~を念入りに調べる[検証する]  (英辞郎)

しかしこれは日本人にはできない会話表現ですね。
If you got any look under the hood.: もしボンネットの中を見たら・・・
Not untilなんてまず使いませんよね、Not until you agree.: Agreeする前までに・・・
上記を総合すると、「ふむふむふむ、わかったぞ、品定めできたら、てことだね、Agreeの前に。」

DeniseがAgreed と返事すると、駆け引き上手のDanielは口説くためにあえて回り道するかのような、或いは誘いに乗せる餌をまくような、らしからぬ控えめな台詞を口にします。

Denise Bauer: Agreed.  ええ

Daniel Post:
The answer is yes. But my mom told me that it’s impolite to brag about one’s good works.
(放送訳:自慢は良くないと母から教わった)

brag about ~を自慢する、~を誇示する
 ex): Don't brag about your wife any more. : 奥さんののろけはやめてくれ。 (英辞郎)

Deniseの返しです

Denise Bauer:
Then don’t brag. Tell.  
(放送訳:どうぞ、自慢して) - じゃあ自慢じゃなく単に話して

とてもテンポよく進んでいく会話なので、映像で紹介できないのが残念です。取り急ぎlook under the hood、どこかで使ってみたいものです。でもこんなおどろおどろしいのはちょっと困りますね。

Under the Hood: Voyage Into the World of Torture [DVD] [Import]Under the Hood: Voyage Into the World of Torture [DVD] [Import]
(2009/05/05)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/200-117ef172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。