会話で使う最上級の表現

ここでは、「会話で使う最上級の表現」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十話 クレジットカードの支払いの問題で、カード会社の弁護士との示談に臨んだMelissaは、Melissaを弁護したAlanの熱弁に心撃たれ、示談終了後にAlanに感じたままを伝えます

When you rattled off that whole “You don’t want the public to know” laundry list, that was the single sexiest thing I have ever seen a man do.

Rattle off【句動】:~をスラスラと書く[言う・行う]
laundry list:〔いろいろなことを書き並べた〕長いリスト

同じような最上級の表現はseason 3でも登場しました。Season 3 第20話、肉体だけの割り切った関係だったBradとできちゃった結婚するDeniseは、あらためて自分の結婚の意志を自身に問い直して、やはり Bradを愛しているのでBradとすぐにも結婚したいといいます。そんなDeniseの言葉にBradが返す言葉です。

That is the best thing that anyone has ever said to me in my entire life, including my Gunnery Sergeant, all my little league coaches...

高校受験のとき最上級の用例フレーズとして暗記した例文は今も頭に残っていて、頭の隅に眠っていた中学時分の匂いがこれら最上級フレーズを耳にしたときに甦ってきました。どんなフレーズだったかといいますと、

I have never seen such a beautiful lady/gentleman before I met you.

このフレーズを教わったときに、「将来この人だと思った人に会ったら使うんだぞ」、と言われましたが、今日までついぞ使わずに生きてきました。日本人ですから。あの先生は生徒の国際結婚を前提としていたとしか考えられません。

いずれにせよ、紹介したどちらのフレーズも放送で聞いたときはとてもほほが緩むと言いますか、こういう感謝の仕方は聞くものの心を柔らかくさせるのだな、と感じました。日本語では小恥ずかしくてとても口に出来ない表現ですが、英語ではなぜか違和感を覚えません。

///

国際結婚のススメ 4 (KCデラックス)国際結婚のススメ 4 (KCデラックス)
(2007/12/13)
コンノ ナナエ

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/190-b3ecbfae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。