第十話 最終弁論

ここでは、「第十話 最終弁論」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十話 Melissaのクレジットカード支払いの請求が突然に法外な利率を適用され法外な金額に跳ね上がった件で、Alanは、クレジットカード会社側の代理人である弁護士との話し合いに臨みますが、陽気な話し方でいい人ぶる相手方弁護士のMelvin Palmerに正面から弁論を突きつけます。

相手方弁護士Melvin Palmerのやり口は、口癖のように “Here’s the thing about me…”と切り出して自分の役回りの中立さを強調し、相手をクレジットカード会社でもその代理人でもない有耶無耶の中に丸め込もうとする論じ方です。Alanの弁論はその辺をふまえて構成されますので、まずMelvin Palmerの台詞内容をみておきます。
  • Here’s the thing about me…, I like to take the “adversary” out of adversary system. Okay? I’m just trying to get the full picture here so that I can better understand where you’re comin’ from. And so you can better understand me.
  • Mr Shore, you’re a hoot.
[1:起]
上記を受けてAlanの切り出しですが、まず相手の口上を真似て自分の立場と目論見を明らかにします。陽気さを楯にへらへらと交わす相手には正面から突き上げるのが効果的だというセオリー(そんな理論があったような記憶が・・・)を踏襲しています。

Here’s the thing about me. I am a hoot. But I insist on putting “adversary” back into the system. And I do it openly and notoriously for all to hear.

[2:承]
次に弁論のメインですが、もしopenly and notoriouslyの状態にされたとしたら、クレジットカード会社側が困るであろう4項目をopenly and notoriouslyに列挙し相手の懐を突きます。後にMelissaがlaundry listと称しAlanに惚れるきっかけとなった弁論です(You rattled off that whole “You don’t want the public to know” laundry list)。
  1. While a swell guy like you doesn’t want the public to know that of the thousands of industries tracked by the Better Business Bureau the credit card racket is number one in customer complaints.
  2. You don’t want them to know that you deliberately target those who won’t be able to pay off their debts. People you call, ‘Revolvers’. People who see ‘zero percent interest’ in big blue print and don’t know that with just one late payment you skyrocket their interest to thirty percent. That if they so much as inquire about leasing a car you raise their rates.
  3. You don’t want the public to know that while over seven million families have filed for bankruptcy in the last five years you got Congress to change the bankruptcy code to make it next to impossible for people to discharge credit card debt.
  4. You don’t want people to know that the credit card industry is essentially a pack of hyenas crunching on the bones of the poor. Do you?
[3:転]
次にAlanらしく、相手の心根を突き刺し人間性を問うような、いやみで辛らつな台詞を投げます。

I smell something awful. I think it’s you. Yes, this case has the stench of big tobacco and asbestos all over it.

Stench of – というのはどこかで使ってみたいですね。
stench of death:死臭
stench of scandal:スキャンダルの匂い

ここまでのやり取りから簡単に弁論への方法論をまとめるなら・・・
 Melvin PalmerAlan Shore
立場クレジットカード会社とカード会社顧客の仲裁Melissa又はカードを利用する一般大衆の代弁
方法相手に相手の非を自覚させる徹底的に相手の構造的な暴力性を突く

[4:結]
そして脅しをかけます。
Luckily our firm has nine offices around the US, London and Hong Kong, strategically positioned for massive class action suits. And once the company you represent smells it too they’ll find you not nearly smart or powerful enough and they’ll drop you for a firm that employs expertise and intimidation rather than down home hokum and smiley handshakes.

[5:おまけ]
そんなことまでいうか!?・・・、という台詞で締めます。
And this is my favorite part, when your firm fires your obsequious ass for losing their client, Oh my God! The stress! Your tan will fade, you’ll gain a few pounds, drink a bit more, scream at the kids, and maybe your wife will finally leave you. For the realtor who sells your house because after all he’ll still be able to afford Christmas in Aruba and next year’s convertible. Hey, fella. Don’t worry about it. It’ll be a hoot.

///

Arubaというところは、なかなかのリゾートのようです。
ArubaAruba
(2006/02/15)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/189-cffd4c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。