Take an ax to

ここでは、「Take an ax to」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十話 神父の指を斧で切断してしまった事件を機にBradは、神父の指切断、FBI捜査官への扮装、民間人に対する拉致・拷問、これら3つの罪で逮捕されます。Dennyは、事務所の入り口でBradを連行しようとする警察をなんとかけむに巻いて止めようとあれこれ話しかけします。

This is the United States of America.
We don’t really believe in Miranda anymore.
ここはアメリカだぞ
誰もミランダ警告を守るなんて信じちゃいない
(放送訳:権利なんて伝えるな どうせ建前だけだ)

With all that’s going on in the world today, who among us hasn’t at least once wanted to take an ax to a priest?
こんなご時世だ 誰だって神父に斧を振り回したいさ

Take an ax to ~
辞書では意味を確認できませんでしたが、よく目にする/耳にする表現です。
文字通り訳すと馴染みある日本語になります: 鉈を振るう
・ 切るべきものは切って、思い切って整理する。
・ 思い切って処理する。人員・予算などを大幅に削る場合などをいう。
http://dic.yahoo.co.jp/

しかし「鉈を振るう/大鉈を振るう」、を和英検索すると “slash” が出てきて “Take an ax to” にはたどりつけませんから、この辺が直訳依存型辞書の限界といいますか、便利な学習ツールも依存が過ぎると言語感覚を養えなくなる弊害をもたらす典型的な事例だとおもいます。

Take an ax to ~ はこんな風に使われています。

ここで紹介したDennyの台詞はTake an ax toながら、「処理する/整理する」ではなく、台詞を語りかけている相手の警察もBradが実際に斧を振って人の指を落とした事実を知っているわけですから、とてもブラックなスパイスが効いています(説明するまでもなかったですかね)。

Axが挿絵とともに不気味なタイトルを飾ります。
Why the Tree Loves the AxWhy the Tree Loves the Ax
(1998/01/27)
Jim Lewis

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/174-cdde5d57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。