Miranda warning

ここでは、「Miranda warning」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Miranda warning ミランダ警告

ミランダ警告(ミランダけいこく、英語: Miranda warning)とは、犯罪容疑者の権利である合衆国憲法修正第5条の自己負罪拒否権をめぐり1966年のMiranda 対 Arizona州事件の判決から確立された法手続きの一つで、アメリカ合衆国においては後述する4項目が被疑者に対して告知されていない状態で身柄を拘束してはいけないとする原則。
  1. You have the right to remain silent.
    (あなたには黙秘権がある。)
  2. Anything you say can and will be used against you in a court of law.
    (供述は、法廷であなたに不利な証拠として用いられる事がある。)
  3. You have the right to have an attorney present during questioning.
    (あなたは弁護士の立会いを求める権利がある。)
  4. If you cannot afford an attorney, one will be provided for you.
    (もし自分で弁護士に依頼する経済力がなければ、公選弁護人を付けてもらう権利がある。)
1-4と番号を振ってはいるが順序は特に問題となるものではないし、一字一句間違ってはならないというものでもない。また裁判所は形式よりも内容を重んじるので、拘束する際に「言った」というよりは言われた側が「理解した(=YESという)」ということを重視する。従って拘束される側の言語や知的水準で、より現実的な対応を求める州も多くあります。

例えば

  • “ If you are not a United States citizen, you may contact your country's consulate prior to any questioning. ”
  • “ Do you understand the rights I have just read to you? With these rights in mind, do you wish to speak to me? ”

日本語では、「権利の告知(読み上げ)」、ミランダ・ルール、ミランダ準則、ミランダ法則などと訳される。なお、日本では対応するルールがない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://en.wikipedia.org/wiki/Miranda_warning
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/173-a422d60d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。