Seven share

ここでは、「Seven share」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第九話 ホームレスの額にペイント弾を撃ったDennyの噂は瞬く間に広まり、どうやらTV番組から再び出演依頼があったようです。事務所の代表の一人であるPaulは、Larry King Live に再び出るというDennyに呆れ、AlanにDennyの行動の問題をとくと説きます。

Yes.  He’s been invited back. 
そうなんだ、Dennyはまた出演依頼を受けたらしい。

And why wouldn’t he be?  He got a seven share.
受けるわけだよね、「xxxxxxxxxxxx」

But, the point is this firm isn’t just Shirley and me, the other partners are getting fed up. One more embarrassment, God knows what he’ll say next.
しかしだね、問題はこの事務所にいるのはShirleyと僕だけじゃないんだ。他のパートナーたちは皆辟易している。もう一度問題を起こそうものなら・・・、いったい次は何を言い出すことやら

さて、He got a seven shareの訳である上記の「xxxxxxxxxxxx」ですが、みなさんであればどういう日本語訳を入れますか?

下記のサイトでは、Boston Legalのポルトガル語字幕がHe got a seven shareを誤訳していると指摘しています。

ポルトガル語版字幕は、“ele é um sócio nesta firma” 即ち “He is a partner in this firm.”、つまり「xxxxxxxxxxxx」の訳として「彼はこの事務所の(相当の株式を保有している)パートナーだもの」と誤訳していたというのです。
http://www.gringoes.com/articles.asp?ID_Noticia=1394

get a seven share / has a seven shareですが、

If a show has a seven share, that means seven percent of people watching television at that time were tuned into that particular show. (Based on Nielsen rating system).
http://www.usaswimming.org/USASWeb/ViewNewsArticle.aspx?TabId=0&Alias=Rainbow&Lang=en&ItemId=2130&mid=2943

即ち、has a seven share, get a seven shareは、日本語では視聴率7%という感じになるのです。しかしながら、a seven shareは、字義どおり7%のシェアというだけではなく「7%の視聴率(シェア)」=「相当量の露出」、といったニュアンスがあるようです。

例えば
Hip-Hop is still a seven share format in New York
http://www.edisonresearch.com/home/archives/2007/10/how_format_tren.php

或は
Olay, a $94 million brand introduced in 1999, accounted for 3 percent of total mass market cosmetics sales last year, according to data from Information Resources Inc., never quite generating the revenues P&G had anticipated, according to one P&G executive. "We launched it to [eventually] become a seven-share brand, and it only hit three," he said. One reason was because P&G "spread [Olay's] marketing dollars too thin," he added.
http://findarticles.com/p/articles/mi_m3374/is_10_23/ai_77107332/

そこで、長くなりましたが結論にいきますと、「xxxxxxxxxxxx」は例えば「彼の視聴率はすごかったからね」などとなると思います。放送では「前回は視聴率抜群」と訳されており、日本語版字幕はポルトガル版のような罠にははまらず正しい翻訳をしていたわけです。

視聴率の謎にせまる―デジタル放送時代を迎えて テレビ社会と私たちの暮らしの関わりを探る格好のテレビ論 (ニュートンプレス選書)視聴率の謎にせまる—デジタル放送時代を迎えて テレビ社会と私たちの暮らしの関わりを探る格好のテレビ論 (ニュートンプレス選書)
(1999/06)
藤平 芳紀

商品詳細を見る
///

さて、Nielsenといえばテレビの視聴率調査で知られるメディア調査会社ですが・・
Nielsenといえばテレビの視聴率調査で知られるメディア調査会社ですが、http://www.nielsenmedia.com/ からStats & Calculationsにいくと、rating, HUT, shareといったNielsenの視聴率用語の意味を理解できます。アメリカのテレビ界では、視聴率を表現するときに、Share:XXX, rating: YYY, といった表現をするようです。

例えば3.7/6 HH Rating/Shareといった具合です。

WikiからRating とShareについてハイライト情報を転載しますと、

The difference between rating and share is that a rating reflects the percentage of the total population of televisions tuned to a particular program while share reflects the percentage of televisions actually in use tuned to a particular program.
http://en.wikipedia.org/wiki/Nielsen_Ratings

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/168-56549da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。