Wage Garnishment

ここでは、「Wage Garnishment」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


裁判の後で賠償金のやり取りが発生するときですが、訴訟ですから往々にして相手方は倒産していたり破産していたりする場合があります。そんなときはどうやって賠償金を入手できるのでしょう? -WAGE GARNISHMENTです。

相手方がもし給与所得者であれば(=仕事をしていれば)、給与の25%まで天引きできます。但し、いくつか条件を満たさなければなりません。
  • 相手方が雇用された給与所得者であり、自営業者ではない
  • 相手方の給与は最低水準以上だ
  • 他のwage garnishmentsと競合していない(但し子供や配偶者の為のwage garnishmentsである場合を除く)
  • 相手方が仕事をやめず、wage garnishments に異議を唱えず、破産をしない
以上、以下を参考にしました。
http://www.nolo.com/article.cfm/ObjectID/D290F59B-0501-49EA-A540ABBE602C261E/catID/697A614B-B8AD-43EB-BE4B39DA5E65686B/104/308/191/ART/

Collect Your Court Judgment With a Wage Garnishment

If the debtor has a job, you may be able to grab up to 25% of his or her wages.

If you have won a court judgment against someone with a decent job, you may be able to intercept up to 25% of his or her wages to satisfy your judgment. This process, permitted in nearly every state, is called a wage garnishment.

When You Can Garnish Wages
You can garnish wages relatively quickly and cheaply if:
  • the debtor receives a regular wage (he or she isn't self-employed)
  • the debtor's pay is above the poverty line
  • other wage garnishments aren't already in effect (unless your wage garnishment is for child or spousal support), and
  • the debtor does not quit the job, contest the garnishment, or file for bankruptcy.
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/164-cb9809f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。