Fruit of the poisonous tree

ここでは、「Fruit of the poisonous tree」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Fruit of the poisonous treeはアメリカの法律用語で、違法に獲得された情報を元に収集された証拠の隠喩です。その理屈は、もし証拠の元(木:tree)が汚染されていたら、そこから得られたもの(果実:fruit)もまた汚染されているというものです。
Fruit of the poisonous tree is a legal metaphor in the United States used to describe evidence gathered with the aid of information obtained illegally. The logic of the terminology is that if the source of the evidence (the "tree") is tainted, then anything gained from it (the "fruit") is as well.
http://en.wikipedia.org/wiki/Fruit_of_the_poisonous_tree

Fruit of the poisonousというユニークな表現の出所はゴスペルの歌詞にあるそうです。
Even so every good tree bringeth forth good fruit; but a corrupt tree bringeth forth evil fruit. A good tree cannot bring forth evil fruit, neither [can] a corrupt tree bring forth good fruit. Every tree that bringeth not forth good fruit is hewn down, and cast into the fire. Wherefore by their fruits ye shall know them. (Matthew 7:17-20)
http://legal-dictionary.thefreedictionary.com/Poisonous+fruit

日本でも似た言葉に「別件逮捕」がありますが、別件逮捕は適法と判断されない余地があるようです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/160-0125985a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。