At the pass

ここでは、「At the pass」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第八話 美容外科医が訴えられる羽目になったのは、美容外科医が解雇した看護婦(=元看護婦)が、手術を受けた女性に対し、手術に使われた脂肪は患者のも のではなく先生のお尻の脂肪だと密告したからです。美容外科医を弁護するDeniseは事務所で外科医と事実関係を確認しています。まず医者は元看護婦を 解雇した背景から語ります。

Dr. Barry Glouberman:
The woman broke a needle three times in three different patients. She was a danger to my clients!
It was either fire her or send my malpractice insurance screaming through the roof. What am I gonna to do?

あの看護婦は注射針を3度も3人の患者で折ったんだ。私の患者には脅威だ!
彼女を解雇しないと私の医療過誤保険は急騰して屋根を突き抜けかねなかった。いったいどうすればいいんだ?

“insurance screaming through the roof”というのはユーモラスで素敵な表現ですね。

Denise Bauer:
Get her to recant. It’s the best way to head this lawsuit off at the pass.
彼女に話を撤回させる、それが一番の早道よ

“head ~ off”という表現も覚えておきたいですね。
# head someone off from: (人)が~しようとするのを思いとどまらせる
(英辞郎)

At the passですが、放送では「一番の早道よ」とされていますが、辞書ではっきりと意味や用法を確認できませんでした。

同 じようなat the passの使い方ですが、愛犬HANAと日本の百名山を登る愛犬家にして日本在住歴が長そうな方の素敵なサイトに用例を発見しました。かつて自転車の乗り 入れが禁止されているところを自転車で走っていたときにつかまった「前科」のある自分が、いそいで人ごみからのがれたくて、同じ場所で自転車にのろうとし ている描写です。

With this life of crime behind me, today I was eager to get away from the milling crowd at the pass. I prepared myself quickly and unobtrusively, let Hana out of the bag at the last minute, then ran up the path.
http://www.hanameizan.com/

Deniseの会話例と上記から、at the passは、「とっとと」、「すぐにも」、といいますか、「一刻も早く」、といった意味で使うフレーズと推測できます。どこかで使ってみたいものです。

日本人にとってまず思い浮かぶpassは、ボールのパスとか、試験をパスのpassですよね。

英検Pass単熟語1級英検Pass単熟語1級
(2008/03)
旺文社

商品詳細を見る

///

源氏物語の英訳、読んだことありますか?
源氏物語の英訳、読んだことありますか?
Royall Tylerによる英訳によると、第十六帖「関屋」は、At the passと訳されています。

 ー このコラムは筆者の源氏物語読書の進展とともに加筆されてゆく予定です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
I was interested to read your translation analysis and nice comments about my website, thank you (though surprised to find the link on a legal-related website!).

Unfortunately I am unable to trail-run with my dog up Japanese mountains this year (due to injury), but I hope I may provide you with other interesting examples of English usage when I resume activity next year!

よろしくお願いします。
2009/04/12(日) 21:07 | URL | hanameizan #-[ 編集]
For this one of the weekend trail runners (sometimes run, sometimes bike), your weblog that demonstrates human being enjoy the mountains and path with beloved dog looks nothing more than enviable, especially for a guy working like a slave in the confines of asphalt walls. I am always looking forward to reading a new episode of your site that really puts me a trail-hunting mood (even I found plaster and crutch…).

コメントありがとうございました。
2009/04/13(月) 22:57 | URL | Lalalan Shore #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/145-2c5c70c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。