第六話 最終弁論 (Halloween - 宗教の件)

ここでは、「第六話 最終弁論 (Halloween - 宗教の件)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第六話 最終弁論 (Halloween - 宗教の件)
ShirleyとDeniseが弁護する二組の両親(Christianの夫婦とWiccanの夫婦)は、学校のHalloween行事は、校長が魔女の格好でパフォーマンスするなど自分たちの宗教観を迫害する行為で、我が子の教育上の観点から到底受け入れるものではない、として学校にHaloweenの行事を止めるよう訴えていました。
相手方の最終弁論です。

以下のように切り出します。
  • 校長のパフォーマンスは、Wiccan等の特定の宗教に対する誹謗中傷を目的としたものではない。
Witch played with gusto is not a symbol of Satanism and in no way defames the religion of the Wiccans.

with gusto
with gusto :活気にあふれて、心底喜びを込めて、楽しげに、いそいそと、嬉々として、舌鼓を打って、さもうまそうに、さもおいしそうに
  • eat with gusto  さもおいしそうに食べる
  • talk with gusto  楽しげに[嬉々として]話す (英辞郎)
  • そもそもHalloweenは単なるお祭りだ、
The whole pageant, indeed all of Halloween everywhere, is just make-believe.

Pageant【名】
〔大仕掛けな〕歴史ショー、時代劇
◆地域の歴史や伝統を題材にしたもので演劇や山車を連ねたパレードの形を取ることが多い。
〔壮麗な〕行列、行進
〔多くの参加者が登場する〕ショー、公演、誇示、見せびらかし (英辞郎)

Make-believe
【名】見せかけ、ふりをする人、偽り、~ごっこ
【形】見せかけの、~らしく作った、偽りの、架空の、作り事の、でっち上げた、代用の   (英辞郎)

続けて、以下のとおり今回の訴訟を一蹴します。
  • Halloween行事を迫害だと主張する愚かさ、
To claim that this somehow rises to the level of persecution is not only laughable, but offensive. 

  • 裕福な郊外の生活を送る両親と高額給の弁護士は迫害されているとは主張できないはずだ、
Prosecution is an issue neither of these suburban parents nor their high-priced attorneys know anything about.
  • 本当に迫害されている人への冒?だ。
It’s insulting to groups who have been persecuted to raise that issue at this time in this case.

///
今年のハロウィンの衣装はこのセットで行ってみましょうか・・・
Halloween Collection 魔女セットHalloween Collection 魔女セット
(2007/10/12)
不明

商品詳細を見る

Shirley側の最終弁論はというと・・・。
Shirley側の弁論です。修正第一条は宗教による差別を禁止しているが、大多数を占める宗教に対しては適用されない。では、どの宗教あたりから差別禁止の適用対象となるのか、信者の多い有名どころの新興宗教はともかく・・・と切り出します。

If the religion is too far out there, Christian Scientists, Scientologists, Wiccans, etc, at what point does a religion becomes silly enough that it’s okay to make fun of them? Who decides?

Far out
すごい、いかす◆1960年代のスラング。通例、何か目新しいものや変わったものを見つけた時の驚きの言葉として使われる。奇妙な、変な、変わった
・This music is really far out. : この音楽は本当にすごい。
《be ~》ぶっ飛んでいる

Shirleyは、詰まるところ今般の訴訟は他人を受け入れる寛容さ(tolerance)の問題で、修正第一条の目的でもある、と主張しNazisに抵抗したドイツの詩人Martin Niemöller の詩を引用します。

In Germany they came first for the Communists, and I didn’t speak up because I wasn’t a Communist.
Then they came for the Jews, and I didn’t speak up because I wasn’t a Jew.
Then they came for the trade unionists, and I didn’t speak up because I wasn’t a trade unionists.
Then they came for the Catholics, and I didn’t speak up because I was a protestant.
Then they came for me, and by that time, there was no one left to speak up.
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/122-663878f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。