Evidentiary Hearing

ここでは、「Evidentiary Hearing」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Evidentiary Hearing、WIKIの説明がいちばん解りやすかったので、同サイトを参照しながら内容を紹介します。http://en.wikipedia.org/wiki/Preliminary_hearing

Evidentiary HearingはPreliminary hearing(しばしば "prelim" と略されます)とも称される手続きで、訴追があったあとに裁判所が、本当に犯罪があったのか、起訴は適当なのか、どういった証拠があるのか、どういう手続きが必要か、等を確認します。通常は弁護士を立てて行う手続きです。こまごまとした手続きの具体的内容は裁判所によって異なるようですが、いずれにしても裁判所が十分証拠あり/起訴十分と判断すれば裁判に移りますし、十分な証拠なし/起訴不十分と判断すればそこで訴追は終了です。

下記にも説明があります。
A proceeding before a judicial officer in which the officer must decide whether a crime was committed, whether the crime occurred within the territorial jurisdiction of the court, and whether there is Probable Cause to believe that the defendant committed the crime.
http://legal-dictionary.thefreedictionary.com/Evidentiary+hearing
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/111-253d01dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。