Experience of saying

ここでは、「Experience of saying」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第五話 Loriからセクハラの苦情を申し立てられていたDennyは、一度はLoriに謝罪を試みますが失敗し、Shirleyの叱責を受け、再びLoriに謝罪します。いつもはおどけてごまかしてきたDennyですが、今回は真摯に紳士な態度で謝罪します。

The thing about an apology is it may make you a bigger man but the experience of saying it makes you feel very small.
I’m sorry. I really am.

謝罪というものは、謝る者を寛大にさせるというが、実際のところ謝る者は自身の狭小さを感じるものだ。
すまなかった。私が悪かった。

特に難しい単語で構成される会話ではないものの、日本人には組み立てられない会話であると感じるのは私だけでしょうか。
  • The thing about ~, The thing is ~の表現は、「~というものは」「~のポイントは」、でよく使う表現です。
  • Experience of saying は、「経験でいうと」の表現ですね。My experienceなんかよりちょっと格調あっていいですね。
こういった雰囲気のある表現の前後を、make you biggerと、反対の意のmakes you feel very smallで挟む訳ですから、全体の表現もわかりやすく雰囲気あるものになりますね・・・。私もどこかで使ってみたいものです。

まずはその前に日本語での謝意の表現を磨かないとだめですね。

相手が思わず許す! 上手な謝り方 (講談社プラスα文庫)相手が思わず許す! 上手な謝り方 (講談社プラスα文庫)
(2004/04/21)
高井 伸夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/107-ad94be19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。