男性から女性への話し方 - 1

ここでは、「男性から女性への話し方 - 1」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


BOSTON LEGALの脚本の憎いところの一つは、男女の会話の妙にあると思います。きわどいといいますか、エロチックといいますか、それでいて卑猥ではない。そもそも英米の男女の一般論として異性に対してはおおよそロマンチックな言い回しで話しかける場面が多いように思います。Taraに再会したMalcolmのセリフでも紹介しましたが、気障だなーとおもいつつ、どこかで使ってみたいセリフまわしが耳に残ります。

[Alanの誘い方]

第五話 給湯室でコーヒーを入れているSarahをAlanがじっと見つめていると、SarahがAlanに気付いて会話を切り出しますが、AlanはSarahを食事に誘います。

I was reminded of a girl I favored when I was young.
All I’m looking for is to have dinner with a beautiful yet anonymous woman see myself through her eyes and pretend I’m interesting.

素晴らしいですね、see myself through her eyesなんて言ってみたい/言われてみたいものです。

-----------------------------------------------------------------

[Dennyの本能的な(無神経な?)吐露]

第五話 Loriにより事務所内のセクハラの苦情を受け、Shirleyに促されてLoriの部屋へ謝罪に行ったDennyは、出だしこそ無難にこなしたものの、そのあとで事態を悪化させます。

I’ve often found that it’s the chubby girls who offend most easily.
For what it’s worth, I like chubby girls. I enjoy chubby sex.
What I’m trying to say is if this is a lonely chubette’s cry for help, I’m here for you, Lori.

うーむ、かなり露骨ですね。私にはなかなか使えそうにありません。

///

男性作家の手によるこの手の本は数多とあるのですが、女性が書いたものは少ないようです。女性が書いた方が現実味がありそうですよね・・・。

「できる男」の口説き方―銀座ママが教える (PHP文庫)「できる男」の口説き方—銀座ママが教える (PHP文庫)
(2004/03)
ますい さくら

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/106-35edfb1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。