日本の習俗や日本人の思考を英語で表現する伝説の辞典

ここでは、「日本の習俗や日本人の思考を英語で表現する伝説の辞典」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


和英辞典は単に日本語を英単語に変換するにとどまらず、文脈の中での当該単語の使い方を示し、英語の使い方や例文を添えていてくれると助かりますし、利用者の期待の一つもまたそんな例文理解にあります。即ち和英辞典には「英作文辞典」としての役割も期待されているわけで、ニュー・アンカー英作文辞典はその名のとおりこの分野の古典的存在で、中高生の頃おおいに活用しました。ニュー・アンカー英作文辞典の上をいくといいますか、もう1ランク上の英語を学びたいときは、NEW斎藤和英大辞典を薦めます。

下記HPに多くが語られていますから、私が多く語るまでもありません。是非覗いてみてください。昭和3年の辞書ですが、おおっという例文や、なるほど!という訳、英語理解にハッとさせられることしばしばです。

「斉藤和英大辞典」 http://www.nichigai.co.jp/newhp/whats/saito.html

アマゾンではいくつかの種類を扱っているようです。

こちらが書籍版

NEW斎藤和英大辞典NEW斎藤和英大辞典
(2002/12)
斎藤 秀三郎

商品詳細を見る


こちらがCD−ROM版

CD-NEW斎藤和英大辞典CD-NEW斎藤和英大辞典
(1999/09)
斎藤秀三郎日外アソシエーツ辞書編集部

商品詳細を見る

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/tb.php/10-7e2b3fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。