FoxのドラマBoston Legalのしゃれた会話を題材に、英会話を学びたいと思います。

■ブログ管理人よりご挨拶申し上げます■

当ブログを読んでくださりありがとうございます。当ブログを管理しているLalalanと申します。よろしくお願い致します。

  • ブログをはじめて2年と3ヶ月、ブログにいただいた「拍手」の累計が200を越えました。
  • 当初は自分自身の整理を目的に記事をアップしていましたが、最近ではすっかり読み手の存在を意識しながらアップしています。
  • 今後とも牛歩で進む所存ですが、よろしく「拍手」「コメント」のほどお願い申し上げます。
    また、「日本ブログ村・英語ブログ」も是非覗いてみてください。

    → 英会話教材としてのBoston Legal      → Boston Legal概論


日本赤十字社への義援金(Google チェックアウト) Google Crisis Response

Let's help people suffered from the disaters Think Daily


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シーズン2 全27話 看破、最終投稿です。

高校生のころ愛読した相原コージさんの「コージ苑」の最終話のタイトルが「蕩尽」だったと記憶しており、当ブログの最終投稿もそれにあやかりまして最後のタイトルとさせていただきます。

コージ苑 (Big spirits books)コージ苑 (Big spirits books)
(1987/11)
相原コージ

商品詳細を見る

このブログをはじめたのは、サブプライム危機の余波で仕事が減り始めて時間を持て余していたころで、リーマンショック後に仕事は激減して、このブログを書く時間が増え、一つの投稿を仕上げるのにそこそこの調べモノをしたりしていました。しかし昨年あたりから徐々に仕事量も回復してブログへの力の入れ方がおろそかになり、投稿は週一ペースに減速、しかも短い内容に落ち着いてきました。それでもブログを止めることだけはなるまいとして、何とか最後まで全エピソードを網羅したのですが、足掛け4年もかかってしまいました。このブログも月間100件前後のアクセスをコンスタントに記録するまでになり、多くの人に読まれているかもしれないと思うと、中途半端には終わりたくなかったという気持ちも作用していました。

その4年の間で、もとのドラマBoston Legalのほうは・・・、といえば、シーズン5まで放送が終わってしまいました。

フルマラソンをゆっくり走りながら5時間くらいのタイムで完走した感じでしょうか。ひとまずゆっくり休んで、また新しいブログを立ち上げたいと画策する今日この頃です。

・・・

とうじん〔蕩尽〕
〈名〉Squandering:(=する) to squander, go through (one's fortune)

◆彼は財産を蕩尽した 
He has gone through his fortune―squandered his fortune―made ducks and drakes of his money.

(斉藤和英)

スポンサーサイト


第二十七話 西海岸のLAHollywood等)を見て、Bostonへ戻ってきたAlanDennyのバルコニートークです。Season2の最終話の最終場面になります。

Alan Shore:
We’re a bubble gum nation, Denny. Tinsel town especially.
There used to be a day when pandering in our society was reserved for…

Denny Crane: Politicians.

Alan Shore: Maybe that’s what bothers me; Hollywood has sunk to the level of congress.


   ---------------------------------------------------

Alan Shore:

アメリカはバブルガム国家ですよ、
DennyHollywoodは特に。
かつては我々の社会では、買春の特権なんて…


Denny Crane:
政治家だけだった。   .

Alan Shore:

おそらくそれで気分が滅入ってるんだけれど、
Hollywoodは議会と同じところまで堕落したんです。

AlanSeason 4の第19話でも、bubble gum nationという言葉を使ってアメリカの状況を嘆いています。こっちの会話も参照にすると、ハリウッドを引き合いに出した意味を理解できます。

Alan Shore: You know what I really think of America right now, Denny?

Denny Crane: Oh. Here we go.

Alan Shore:
I don't mean simply its politics, but our culture. We've become such a dumb, fat, bubblegum nation. Schloggy and superficial. Music, books, television. One of the heads of NBC recently said that the plan was to get people to tune in and mentally tune out! This wasn't an admission, by the way, but a boast!

Denny Crane: You're starting to bore me.

Alan Shore: Is it any wonder that we have a television show called "Are you smarter than a second
grader?" and a President that isn't? I so miss a little dignity in America?

つまり、アメリカの没落は単に政治(だけ)ではなく、文化に拠っているという主張です。Hollywoodはアメリカの文化の象徴ですから、Hollywoodの堕落は、国そのものの没落につながっているという主張です。そもそも政治=文化 ですから、この等式を理解すれば、得心できる主張 です(追記にリンクを貼った過去記事をご参照ください)。

Teenagerの食べ物Bubble Gumに象徴される、長続きしない味、中身のない膨張、といった意味で、一過性のはやりを意味しています。下記辞書の解説でも良い意味では使われていないようです。

bub·ble·gum (bbl-gm)

n. also bubble gum

  1. Chewing gum that can be blown into bubbles.
  2. Slang A style of popular music designed to appeal to adolescents, characterized by bouncy rhythms and a generally cheerful tone.

adj. Slang also bub·ble-gum (bbl-gm)

  1. Of or characteristic of bubblegum music: bubblegum rock.
  2. Marked by or displaying an adolescent immaturity, as in style or taste.
  3. Vapid; bland: "Bubblegum news . . . is information packaged like a Krazy Kat cartoon" (Tom Shales).

http://www.thefreedictionary.com/bubble+gum

Bubble Gum Nationsと題した1999年の論考では、当時17歳のBritney Spearsが語られています。

 . . . Baby One More Time, a mildly risqué disco anthem by Britney Spears, a 17-year-old bubble-gum chanteuse from Louisiana who looks less like a pop diva than a junior-varsity cheerleader with a part-time job at an Orange Julius.
http://weeklywire.com/ww/04-26-99/boston_feature_1.html

Tinseltown

【名】 〈米俗〉金ピカの町◆ハリウッドのこと。 (英辞郎)

pander

【名】〈古〉売春仲介業者
【自動】
1.
〔人の下劣{げれつ}さに〕合わせる、迎合する
2.
〔人の欲望などに〕つけ込む
3.
〈古〉売春の仲介をする
(英辞郎)

政治経済の両面で世界を牽引して世界のリーダーの気概を育んできたアメリカは、超保守のBUSH政権のもとでその精神性をひとつの極みに到達させたといえま す。しかしながらアメリカの人と社会の実態は、その気概に合わないくらいに中身の薄い、額面だけで膨張したPOPbubble gum nationであって、そんな膨張の仮面は9.11の一撃を食らってぽろぽろと剥がれ落ち(シーズン2の放送はこのころ)、ゆっくりと確実に共和党 の力を弱めて民主党の台頭を許し(シーズン4の放送はこのころ)、共和党のBalack Obamaの登場で幕をひいたわけです。

こうしてBoston Legal Season 2は、東部のBostonだけでなく最終話で西部のLAも描いて、アメリカ全土を網羅した形式をととのえて、国全体ををbubble gum nationと批判的に問いただすシーンで幕を閉じます。

アメリカはObamaになって
bubble gum nationに対する批判的反省を通じて新しい文化社会・政治体制への変革(CHANGE!)を成し遂げたのでしょうか?。NOであるならば、bubble gumは政治文化に根深く巣食い、一朝一夕では脱bubble gumを達成できないような状態にまでなっているということで、だれが政治の舵をとっても変わらないということでしょうか・・・

///

この頃のbubble gumは、今のbubble gumと違ってまだ節度があったということなのでしょうか・・・

The 1920s (American Popular Culture Through History)The 1920s (American Popular Culture Through History)
(2004/03/30)
Kathleen Drowne、Patrick Huber 他

商品詳細を見る


政治=文化という図式は、以下のエピソードで理解いただけるかと思います。

[Bubble gum nation]の続きを読む


第二十七話 LAで勝訴して意気揚々とBostonに戻ったDennyは、事務所でかつての妻だったShirleyとすれ違い、毎度ながらセクハラまがいのちょっかいを出します。

Denny Crane: Shirley? This is a sweeps episode.

Shirley Schmidt: I’m not kissing you.


Denny Crane: Shirley!! I’m in my seventies. I’m still a physical specimen, but you never know. What if drop dead? And you never got that
last tonsil brushing.

Shirley Schmidt: You always present the most ethically challenging whatifers.

Denny Crane: Your lose. And mine.

sweeps episode

Nielsenの視聴率一斉調査(sweeps)は、毎年25711月に行われていたそうで、TV局側もその月には視聴率を取れる番組やストーリー(sweeps episode)を用意して、視聴率の獲得に余念がなかったわけですが、よって番組改編の時期は25711月に多くなり、ドラマではストーリーの大団円を飾る最終話が集中します。次も視聴してもらおうと、作成側はあの手この手のどきどきはらはら(Cliffhangers)を入れたり、大物ゲストを呼んだり、誰か死んだり・・・という展開が多く見られます。
http://www.ehow.com/info_8115046_sweeps-episodes.html

physical specimen: 肉体美、いい体、マッチョ

 (n) : A person (commonly an athlete) with physical ability that cannot be gained through training. Those who are physical specimens break the mold for most athletes because they do exceptionally well under physically stressful or challenging situations and/or have more potential than others to be a world-class phenomenon in sports or on the battlefield. Out of all of us, David is the fastest, strongest, and has the most endurance on the football team. He's a physical specimen.
Urban Dictionary

drop dead

1.〈俗〉〔命令形で〕くたばれ、消え失せろ、黙れ
2.
〈俗〉バタンと倒れて死ぬ、ぽっくり死ぬ[いく]、くたばる〔「死ぬ」の罵倒的表現〕
My mother-in-law won't drop dead for a while yet. :
私の姑はまだまだくたばらないでしょう。
英辞郎

tonsil brushing

私はこのtonsil brushingは何か知りませんでした。調べて悩みを抱えている方が結構いるものだと知るに至りました。とはいえ日本よりは外国のサイトのほうがそのケアとか構造に詳しい印象で、日本ではtonsil stoneを「臭い玉」と表現するこの素晴らしいサイトに出会ってしまいました。要は、扁桃腺の辺りにできるおでき(tonsil stone又は臭い玉)が悪臭を放つのですが、それをとるにはbrushingするわけです。
http://
臭い玉.com/entry11.html

///

Enlarged Tonsils Cured by MedicinesEnlarged Tonsils Cured by Medicines
(2008/10/09)
James Compton Burnett

商品詳細を見る
[Tonsil brushing]の続きを読む


第二十七話 セレブ女優Courtney Reeseがパパラッチを銃で撃った事件で、Courtneyの弁護を終えたAlanは、Courtneyと二人で陪審の評決を待ちます。AlanはCourtneyクラスのセレブ女優になればパパラッチには慣れっこだとタカをくくっていましたが、Courtneyの裁判を通じてパパラッチに追われるセレブの不安や不満を大いに理解したのでした。とはいえ、CoutneyにはAlanもパパラッチのようなギャラリーには慣れっこな弁護士だと映ったようです。

Alan Shore:
How odd it must feel to be the object of so many strangers’ dreams and wantings. I have little doubt you’re able to trade significantly on that.

Courtney Reese: But?

Alan Shore: It has no currency with me.

Courtney Reese: Hm. Well, lucky for me, you’re more convincing in the courtroom.

Alan Shore: Ha, ha! You don’t believe me?

Courtney Reese: No. I do not.

Alan Shore: All you ever really have to do is snap your fingers., right?

Courtney Reese: Oh, has it come to that? You actually gonna make me snap?

辞書にのっていない表現ですが、tradeとcurrencyという言葉を会話で組み合わせるのは、Boston Legalの脚本が好む表現のようです。

cur·ren·cy (kûrn-s, kr-)
n. pl. cur·ren·cies
1. Money in any form when in actual use as a medium of exchange, especially circulating paper money.
2. Transmission from person to person as a medium of exchange; circulation
3. General acceptance or use; prevalence: (i.e. the currency of a slang term)
4. The state of being current; up-to-dateness: (i.e. Can you check the currency of this address?)
http://www.thefreedictionary.com/currency

第十話では、Brad が trade in the currency of ~ という表現を披露しています。誘拐された子供を自ら助け出しヒーローになったものの、捜査途中で犯人を匿っていた神父の指を切り落としたBrad は、当該事件に関する傷害行為の正当性を問われます。Brad は裁判所では勢い良く審理の即時開始を求めましたが、事務所では改めてパートナー弁護士たちと審理を進 めるタイミングについて議論しています。すこし冷却期間をおいたほうがいいのか、直ちに進めるのがいいのか・・・。Bradは直ちに進めたいと思う理由を 述べます。
 
Because I wan to trade in the currency of being a hero.
なぜなら、僕はヒーローでいるうちに済ませたいからです。
(放送訳:すぐに済ませたい)
 
このcurrencyは上記では3または4でどちらかといえば4に近い currency です。直訳すると 「ヒーローでいる状況のうちにトレードしたい」 となるわけですが、trade in the currency of ~ という言い回しは理解できるといいますか、なるほどね、と感心する表現です。currency といっても通貨ではなく current の名詞形で、 tradeという、通貨としての currency とセットになりそうな動詞を併せて使っています。いかにもドライにビジネスライクに物事を進めるBrad のキャラクターに適した表現だと思います。
 
対してAlanの Currency を使った表現です。
 
Alan Shore: It has no currency with me.

このcurrencyは上記では3に近いcurrencyです。直訳すれば私には何のcurrency(適性、関連性、共通性)もありません。転じて「私には縁のないことです。」といった訳になりましょうか。直前にI have little doubt you’re able to "trade" significantly on that. と、ここでもtradeという言葉を併せています。

///

Currency Wars: The Making of the Next Global CrisisCurrency Wars: The Making of the Next Global Crisis
(2012/08/28)
James Rickards

商品詳細を見る


この Courtney Reese は、自信満々のセレブらしく、相手の発言を受けると「But?」といって受け答えする台詞を使うよう脚本でキャラクター付けされています。
[Trade Currencyといっても通貨のトレードではなく・・・]の続きを読む


第二十七話 Deniseはオフィスで抱えるイカ女との確執に悩み、セフレの関係にある同僚のBrad を物陰に誘い込みひそひそ話を始めます。事務所のパートナーでもあるBradの力を利用してパートナーに推薦してもらい、イカ女を力で抑え付け難局を打開しようと企みましたが、話の内はイカ女Marlineにすっかり聞かれ、二人の関係までばれてしまいます。Marlineが二人の関係を役員たちにばらしてしまう前に、自ら洗いざらい話してしまおうと咄嗟に判断したDeniseは、Paul! Shirely!が談笑する部屋に飛び込み、全てを打ち明けます。

Paul! Shirely! Listen, if word of this gets twisted by the wrong person, I just want you to know I am having sex with Brad. And while I did ask him to speak to you on my behalf regarding partnership, that has nothing to do with us having sex, and everything to do with the fact that I am an excellent attorney! It that clear?

ことわざとか敬語もそうですが、複雑な内容を簡潔に出来たときとか、たとえ単純な表現でも、日本人として日本語を上手に使えたと思うときはうれしいものです。「上手に」というのは、例えば相手を不快にさせることなく、それでいてヘンに丁寧に媚びるわけでもないような状態です。

他の人から変に伝わるよりは、自分から直接伝えたほうがいいと思いまして・・・

なんてそんな日本語のひとつかなあと思います。これを英語で・・・、というのがこのフレーズです。

if word of this gets twisted by the wrong person, I just want you to know

まるまる覚えてどこかで使います。

///

美しい日本語と正しい敬語が身に付く本 (日経ホームマガジン 日経おとなのOFF)美しい日本語と正しい敬語が身に付く本 (日経ホームマガジン 日経おとなのOFF)
(2012/03/15)
日経おとなのOFF

商品詳細を見る




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。