FoxのドラマBoston Legalのしゃれた会話を題材に、英会話を学びたいと思います。

■ブログ管理人よりご挨拶申し上げます■

当ブログを読んでくださりありがとうございます。当ブログを管理しているLalalanと申します。よろしくお願い致します。

  • ブログをはじめて2年と3ヶ月、ブログにいただいた「拍手」の累計が200を越えました。
  • 当初は自分自身の整理を目的に記事をアップしていましたが、最近ではすっかり読み手の存在を意識しながらアップしています。
  • 今後とも牛歩で進む所存ですが、よろしく「拍手」「コメント」のほどお願い申し上げます。
    また、「日本ブログ村・英語ブログ」も是非覗いてみてください。

    → 英会話教材としてのBoston Legal      → Boston Legal概論


日本赤十字社への義援金(Google チェックアウト) Google Crisis Response

Let's help people suffered from the disaters Think Daily


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第二十五話 最終弁論 (2

ネパールの寒村の診療所では、人々の社会生活の変化に対応して、人々への意識付けを目的に(実施しているわけではないのに)妊娠中絶のポスターを張り出しました。米国政府はGlobal Gag Ruleに従い、当該ポスターを理由にクリニックに対するUSAIDの財政支援を中止しました。支援のなくなった診療所は十分な設備を維持できず、現地のネパール人女性Kavita Pokharel は、帝王切開できずに死産してしまいます。国境無き弁護士団のサポートを得たKavita Pokharelは米国政府を訴えます。米国政府を弁護してきたDennyは、最終弁論をAlanに依頼します。

原告側Donny Craneの最終弁論のあと、被告側米国政府を弁護するAlan Shoreによる最終弁論です。原告側と同じく起承転結の4段構成になっています。ただし言葉遣いや格調高い単語の使い方、
money, money・・・ とマントラを唱えるように露骨に刺激的な言葉を繰り返す(しかも2回も!)、あたりはいかにもAlan Shoreの弁論です。

(起)論旨を起こすというよりは、Alanらしい語呂のよいリズミカルなフレーズ(彼自身はrhythmically uninterestingと表現していますが)での「つかみ」です。

I’d like to begin with a cheer. We’re number one! We’re number one! We’re number… It’s not much of a cheer.  It’s repetitive and rhythmically uninteresting.

repetitive だけれどど rhythmically uninteresting だ, と、あえて二つの相反する視点を提供するあたりはさすがです。

(承)リズミカルなフレーズでアメリカを「number one!」と繰り返して陪審の意識を高揚させたものの、それはお金の世界のはなしで、背後では赤ん坊の命が奪われた事実があったりして単純なはなしではない、No.1の国家として補償してあげようと逆説的な(ironical)アプローチを試みます。

But it does succinctly apply to our country, and has for quite some time.  In fact, we’ve been number one so long that the rest of the world has come to rely on us.  And we don’t let them down.  We’re the world’s largest donor of development assistance.  All in all, as a nation, we donate over fifty-five billion dollars a year in foreign aid.  

Money, money, money, money, money, money, money, money, everything is about money.  

But, we must never forget that there is a terrible human tragedy at the center of all this.  Ms Pokharel lost her child.  The loss of any child’s life is an incalculable horror.  It is for that reason that I would ask you to award the plaintiff piles and piles of money.  After all, we have so much to give away.  Why not?  Piles and piles.  Thank you.

at the center of this ではなくat the center of "all" this,というのは日本人には難しい表現です。

(転)ironical補償を提案したものの主張を一転させ、国内にはお金がない米国の現実、或いは国外に対して太っ腹な態度を取り続けられるような平穏な状態にはない米国の現実を大げさなQ&A形式で突きつけます。

Our national debt is now over eight trillion dollars.
  • Oh, come to think of it, maybe we don’t have that much to give away, do we?  Eh, who cares?
    • Give ‘em piles, anyway.
  • What the hell?  
    • Never mind that we have thirty seven million people living below the poverty line right here at home.
  • What does it matter that our own literacy rate doesn’t even rank in the top fifty countries?
    • Just keep shelling out the foreign aid.
  • Does it really bother anyone that we don’t have the resources to help the Katrina victims?
    • Of course not!

What’s really important is that the United States continue to be that big ATM machine to the world, doling out wads of cash to every country who wants it.

Money, money, money, money, money, money, money, never mind that we don’t have it.

These other nations, they’re entitled, aren’t they?  Even the ones who vilify us for protecting their freedom.

vilify ... for ... 使ってみたいものです。

(結)原告の弁論を聞いていてもアメリカはひどい国だと思った。とはいえ、上記のように考えると、援助で支出するお金に条件をつけ融資先を選別するのはわるいことじゃあない、なぜなら条件を守るか守らないかは受け取る側の自由(事由)だから、と結論付けます。

By the way, listening to plaintiff’s counsel, I couldn’t help but concur how horrible we Americans are. Okay, so we donate fifty-five billion dollars a year in foreign aid. But then, we impose certain conditions on those gifts.

Imagine our awfulness! And here, my God, we promise money to a clinic so long as they promise not to promote abortion. So they did. How dare we not give them the money just the same? We should have given them that and then some. We have the duty to provide these hand-outs. We have an absolute duty, because we are the United States of America.

And these other nations, well, they’re entitled, whether they keep their promises or not.

concur, awfulness, などなかなか咄嗟には出ない表現満載です。How dare もまた良く耳にこそすれ日本人には使用頻度の低い表現です。How dare we not 動詞原形もまた使ってみたい表現です。

///

相反する二つのMoneyのあり方は古今東西の問題ですね。

Love Not MoneyLove Not Money
(2012/05/29)
Everything But the Girl

商品詳細を見る
Everything Is NegotiableEverything Is Negotiable
(1997/09/29)
Gavin Kennedy

商品詳細を見る
スポンサーサイト


第二十五話 最終弁論 (1)
ネパールの寒村の診療所では、人々の社会生活の変化に対応して、人々への意識付けを目的に(実施しているわけではないのに)妊娠中絶のポスターを張り出しました。米国政府はGlobal Gag Ruleに従い、当該ポスターを理由にクリニックに対するUSAIDの財政支援を中止しました。支援のなくなった診療所は十分な設備を維持できず、現地のネパール人女性Kavita Pokharel は、帝王切開できずに死産してしまいます。国境無き弁護士団のサポートを得たKavita Pokharelは米国政府を訴えます。米国政府を弁護してきたDennyは、最終弁論をAlanに依頼します。

原告側の国境無き弁護士団の弁護士Donny Crane(Season1で、Dennyの子供だと思っていたが遺伝子検査で別人と判明)の論法は、米国のhypocrisy(=偽善)の指摘です。すなわち、中絶については、自国では容認しながらも他国にはそれを禁ずる、しかもその基準は政権の交代でころころ変わる、という事実を指摘します。論旨は起承転結の4段階で展開されます。
 
(起)この裁判のポイントは中絶とか言論の自由ではなくhypocrisyだ、と「hypocrisy」という刺激的な響きの言葉で弁論を切り出します。

This case is not about abortion. It isn’t about freedom of speech. It isn’t even about what foreign policy the United States chooses to conduct. This case is about hypocrisy and the arrogance of power.
 
(承)何を以ってhypocrisyと糾弾しているのか、具体例を本件に絡めて示し、「hypocrisy」という言葉の理解を陪臣に植え付けます。

Now, under the laws of the United States, abortion is legal. But we tell other countries that if they want USAID, they cannot perform, encourage, or even mention abortion. We look the world in the eye, and say, “Do as I say, not as I do.” It’s the very essence of hypocrisy.
 
(転)ネパールの寒村で発生した米国の「hypocrisy」の影響を不幸にも被った事例である本件にいまいちど陪臣の目を向けさせます。

So, the clinic that Kavita Pokharel went to had had its funding cut off by a USAID representative who mistakenly believed that a poster in the clinic advocated abortion. Now she had been to the clinic before, and everything had been fine. She had the reasonable expectation that the clinic would continue to function. How could she? How could anyone be expected to know that United States policy is as changeable as the political winds?  A political hack made a brutal, thoughtless decision that could not be appealed. And Ms. Pokharel’s baby died.
 
(結)米国は、内国の政治はhypocrisyであっても民主主義を広める過程ではhypocrisyでない、法律はhypocrisyによる犠牲を許さない、そういう態度を示そうと締めくくります。

At a time when we’re trying to spread democracy around the globe, let us show the world that we are not hypocrites. Let us show the world that when the government of the United States makes a horrible, tragic mistake, the courts of the United States will make that government pay for it.

///

どんな判決もhypocrisy(偽善)の度合い次第で決まる、という刺激的な主張は正鵠を射ているかもしれません。

All Judges Are Political - Except When They Are Not: Acceptable Hypocrisies and the Rule of Law (The Cultural Lives of Law)All Judges Are Political - Except When They Are Not: Acceptable Hypocrisies and the Rule of Law (The Cultural Lives of Law)
(2010/08/24)
Keith J. Bybee

商品詳細を見る



第二十五話 USAIDを断ち切られたためにネパールの寒村の医療施設の設備は手薄となり、当地で妊娠していたネパール人女性は死産を余儀なくされ、米国政府を訴えます。共和党支持者にして愛国者でもある故に意気揚々と米国政府を弁護してきたDennyは、補佐に座らせていたAlanに最終弁論を依頼します。
 
Denny Crane:
You like Hot Fudge Sundaes? Ah, who knows what you like. You’re a weirdo. But my point is, people like Hot Fudge Sundaes. Well yesterday in court I gave them a Hot Fudge Sundae. I was brilliant. But, after you’ve had a delicious Hot Fudge Sundae, it’s a while before you want another one. Are you with me so far?
 
sundae 【名】
チョコレートやシロップをかけたアイスクリーム、サンデー、トッピングが載ったアイスクリーム
◆【語源】19世紀後半、アメリカでは日曜日にソーダ水などを販売することを禁じていた。その代替メニューとして考案されたため。
 
上記英辞郎にある「禁じていた」のは日曜にアルコールや薬物の摂取を禁じるBlue Lawという宗教的な法律のようです。

The Blue LawsThe Blue Laws
(1999/06)
Silas Andrus

商品詳細を見る

以下、WIKI(http://en.wikipedia.org/wiki/Sundae)を参考に記述します。

the dish arose in contravention to so-called blue laws against Sunday consumption of either ice cream or ice cream soda (the latter invented by Robert M. Green in Philadelphia, Pennsylvania, in 1874). The religious laws are said to have led druggists to produce a substitute for these popular treats for consumption on Sunday. According to this theory of the name's origin, the spelling was changed to sundae to avoid offending religious conventions.
 
そんなSANDAEのなかにあってHot fudge sundaeは、アイスの上からほっとチョコレートをかけるSANDAEのようで、アメリカでは一般の人はまず問題なく食べられる(好んで食べる人が多い)食品と考えられているようで、上記のDennyの台詞のように、変人(weirdo)のAlanには好きではないかもしれないが、という表現になっているようです
 
weirdo【名詞】
1狂った人でおそらく危険な人 (someone deranged and possibly dangerous)
2不快なほど奇妙、または風変わりな人 (someone unpleasantly strange or eccentric)
(英辞郎)


以下、再びWIKI(http://en.wikipedia.org/wiki/Sundae)を参考に記述しますと、
Hot fudge sundae
The hot fudge sundae is a variation on the classic sundae and is often a creation of vanilla ice cream, sprinkles, hot chocolate sauce (hence the "hot fudge"), whipped cream, nuts, and a single bright-red maraschino cherry on top. A hot fudge sundae can be made with any flavor of ice cream.
 
またHot fudge sundaeは当然にカロリー的にも分量的にもたいそうな量の食べ物なので、毎日は食べられない、何度も食べさせるにはちょっと違う食べ物でインターバルを与えないと、というのが今回のDennyの台詞の内容です。自身のすばらしい弁論をHot fudge sundaeに喩え、そんな弁論ばかり聞いていると陪臣は飽食するので、たまには違う食べ物という意味で君の弁論を、ということでAlanに弁論を依頼する、Dennyらしい台詞です。

Sundae Best: A History of Soda FountainsSundae Best: A History of Soda Fountains
(2001/10)
Anne Cooper Funderburg

商品詳細を見る

///


第二十五話 デートした相手男性を評価する口コミサイトDateMistake.comで侮辱され風評被害を受けた男性の損害賠償を担当するDeniseの案件をイカ女の本領発揮で横取りしたMarleneは、DateMistake.comでAlanの情報を検索しています。検索している様子を見たAlanはMarleneに対し、「俺に気があるのは知っているよ」と挑発まがいに指摘します。気のあるところを見透かされたMarleneはAlanの部屋まで追いかけ、その挑発された出来事(that little incident)をわざと挑発的な態度で攻め立てます。でもさらりとかわすAlanのほうが一枚上手のようです。
 
Marlene Stanger:
Just so you know, that little incident would be considered sexual harassment.
一応言っときますけど、あんなささいなことでもセクハラとみなされますよ。
 
Alan Shore:
You’re quite intoxicating. Oops. Did it again. But you won’t report me to the bosses.
君はまったくの中毒状態だな。おっと、またセクハラしてしまった。でも君は僕を上司に報告しないさ。
 
Marlene Stanger:
Why not? なぜしないのかしら?
 
Alan Shore:
Marlene, while I haven’t known you long, I get the feeling your best work is done behind your colleague’s back.  If you were to report me, you certainly wouldn’t have warned me first. And besides, what you’d really like to do is wrap your legs around me and scream at the top of your lungs. You’re a loud one, aren’t you?

Marlene, 僕は君を知って長くないけど、思うに君の最高の仕事は同僚を出し抜いてなされる。もし君が僕を通報するつもりだったら、君は間違いなく真っ先に僕に知らせたりしたりしない。それよりも君が本当にしたいことは足を僕の体に絡めて大声で喘ぐことだ。声は大きいほうだろ?
 
Marlene Stanger:
Excuse me? 何ですって?
 
Alan Shore:
How about I just clear everything off this desk?   We can take care of things right now. Then afterwards you can write me up and send me on my way.
この机をきれいに片付けましょうか?いますぐできますよ。それから私のことを書いて私を突き出しても遅くはないでしょ。
 
Marlene Stanger:
You’re repulsive. あなたって最低ね。
 
Alan Shore:
You’re right. And yet I can see in your eyes see you’re not completely repulsed.  And therein lies the rub.

そのとおり。それでも僕は君の目の奥に君は完全に落ちるところまで落ちてはいないと見て取れるんだ。そこが難しいところだけど。


今回登場した単語やフレーズを、記憶に役立ちそうなイメージとともに・・・

Top of your lungs / at the top of (one's) lungs
As loudly as one's voice will allow.
http://www.thefreedictionary.com/lung

Singing at the Top of Our Lungs: Women, Love, and CreativitySinging at the Top of Our Lungs: Women, Love, and Creativity
(1993/06)
Claudia Bepko、Jo Ann Krestan 他

商品詳細を見る

Repulsive / repulsed  adj.
1. Causing repugnance or aversion; disgusting.
2. Tending to repel or drive off.
3. Physics Opposing in direction
http://www.thefreedictionary.com/repulsive

Repulsive Roaches (World of Bugs)Repulsive Roaches (World of Bugs)
(2011/01)
Greg Roza

商品詳細を見る

Therein lies the rub / There's the rub. (old-fashioned) also Therein lies the rub. (old-fashioned)
Something that you say when you are explaining what the difficulty is in a particular situation
You can't get a job unless you have experience. And there's the rub - how do you get experience if you can't get a job?
http://idioms.thefreedictionary.com/Therein+lies+the+rub


Rub of the GreenRub of the Green
(1998/04/14)
William Hallberg

商品詳細を見る

///


第二十五話 身籠った子を死産したネパール人女性は、原因は病院の設備不足・薬不足・技師不足にあり、それは米国が援助を打ち切った結果だ、と「国境なき弁護士団」の支援で米国政府を訴えます。援助は米国に裁量があり、政府はFederal Tort Claims Actにより免責されるので審理は無効だ (move for dismissal) との弁護側の主張は一審の裁判にて退けられ (motion denied)、現在の二審で米国政府はDennyを弁護士として雇っています。Dennyは、米国政府側の証人としてネパール北西部でのUSAIDの担当者Edward Brodenを喚問します。

Edward Broden:
I was in charge of the USAID office in the Northeastern region of Nepal. Part of my job was to enforce the rules of the Mexico City Policy, which opponents erroneously refer to it as the Global Gag Rule.

Denny Crane: Alright. So, what are we doing in Mexico?

Edward Broden:
That’s where President Reagan first enacted the policy in 1984. It was enacted it as a reaction to forced abortions in China as a means of population control.

Denny Crane: Are you saying that these policies were enacted as a humanitarian gesture?

Edward Broden: Yes, it was.

Denny Crane: And is it in the United States’ discretion to decide which clinics get funding?

Edward Broden: As a part of our governmental function, yes.

Denny Crane:
Determining funding is a purely governmental function. And governments are immune under the Federal Tort Claims Act. Therefore,

Judge Ohlund: You will move for dismissal, and I will again deny the motion.

Mexico City Policy(反対派からの表現だとGlobal Gag Rule)とは何でしょう?当エピソードの当公判をめぐる別の箇所でDennyが解説がてら説明している台詞があります。

The Global Gag Rule forces other countries where abortion is perfectly legal, to stop performing them, or even uttering the word, ‘abortion.’ Otherwise the United States cuts off their funding.

このDennyの説明からはfundingの話が抜けているので、このエピソードと連関づけるためにも加筆するなら

「米国政府の予算から支援を受けて途上国で活動するNGOに対し、家族計画の一環として中絶を実施したり宣伝しないよう求めるルール」

となります。1984年のレーガン政権下の共和党で導入され、初めて適用された場所がメキシコで、政権が民主党に移ると廃止され、と政治と密接に絡んで運営されているルールです。

1984:Ronald Reagan 共和党 実施
1993:Bill Clinton 民主党 廃止
2001:George W. Bush 共和党 再実施
2009:Barack Obama took office 民主党 再廃止
http://en.wikipedia.org/wiki/Mexico_City_Policy

Gag Ruleという表現は、制定されたルールに対して反対する立場から、問答無用のルール、一方的なルール、といった皮肉を込めて呼ばれた呼称で、その起源は19世紀初頭にさかのぼるようです。
http://en.wikisource.org/wiki/The_New_International_Encyclop%C3%A6dia/Gag_rules

決してお笑いに関する世界的なギャグのルールではありませんので、念のため・・・

///

Gag Rule (Global Gag Rule)Gag Rule (Global Gag Rule)
()
不明

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。