FoxのドラマBoston Legalのしゃれた会話を題材に、英会話を学びたいと思います。

■ブログ管理人よりご挨拶申し上げます■

当ブログを読んでくださりありがとうございます。当ブログを管理しているLalalanと申します。よろしくお願い致します。

  • ブログをはじめて2年と3ヶ月、ブログにいただいた「拍手」の累計が200を越えました。
  • 当初は自分自身の整理を目的に記事をアップしていましたが、最近ではすっかり読み手の存在を意識しながらアップしています。
  • 今後とも牛歩で進む所存ですが、よろしく「拍手」「コメント」のほどお願い申し上げます。
    また、「日本ブログ村・英語ブログ」も是非覗いてみてください。

    → 英会話教材としてのBoston Legal      → Boston Legal概論


日本赤十字社への義援金(Google チェックアウト) Google Crisis Response

Let's help people suffered from the disaters Think Daily


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第十七話 Dennyの資産を査定する為に事務所内に監査が入っている中、Dennyは経費のつけかえについて告白をしますが、Dennyの発言に驚いたパートナー達は、経理部のJoel Landsonを呼び出し、意見を聞きます。

Joel Landson:
The IRS could get involved.
  • Our reputation will be sullied.
  • Clients will begin to wonder if they’ve been bilked.
  • There could be more investigations and all of the partners will be liable.
We’re talking Arthur Anderson headlines.

IRSが介入しかねませんね。
  • 我々の評判は地に落ち、
  • 顧客は騙されているのではないかと訝り、
  • より厳しい調査が行われ、パートナー達は責任を追及されます。
Arthur Andersonのときの見出しのはなしですけどね。


will be sullied、’ve been bilked、will be liable、と、リズミカルに的確な指摘を展開し、最後にArthur Anderson headlinesというオチまでつけています。

以下英辞郎でsully、bilkの意味を確認します。


sully【他動】
1. 〈文〉~を汚す、~を汚くさせる
2. 〔名誉・名声・功績などを〕傷つける、汚す
3. 〔人の顔に〕泥を塗る

bilk【他動】
1. (人)をだます
He came to the conclusion that he was being bilked by his brother-in-law.
: 彼は義理の兄弟にだまされたという結論に達しました。
2. 〔人から金などを〕だまし取る
3. 〔希望などを〕くじく、挫折させる
4. 〔追求などを〕逃れる、かわす


「Arthur Andersonのときの見出し」が実際はどういうものだったのかNY Timesで検索してみましたが、sully, bilk, liableいずれの語も見出しでは確認できませんでしたが、本文ではよる使われる語のようです。たとえば

Arthur Andersonの事件は記憶に新しいスキャンダラスですが、古今東西この手のスキャンダルは必ず繰り返しますね。決してなくなることはありません。資本主義の持病なんですよね。


Paul Krugmanが数多のスキャンダルをアイスクリーム売りのビジネスに例えてKrugman節全開で解説してます。手法には一定のパターンがあるようです。

http://www.nytimes.com/2002/06/28/opinion/flavors-of-fraud.html

///
司法に経済犯罪は裁けるか司法に経済犯罪は裁けるか
(2008/08/05)
細野 祐二

商品詳細を見る
スポンサーサイト


第十七話 Dennyの離婚訴訟を巡って、Dennyの財産査定が行われていますが、Dennyは事務所の過半を保有する代表パートナーでもあることから、査定は事務所の財産に及んでいます。他のパートナーたちは何もやましいことはないと大船に乗った気でいるのですが・・・。

Shirley Schmidt:
We’re being audited.  いま監査が入っているわ

Brad Chase:
The entire firm?  事務所全体が対象?

Shirley Schmidt:
To determine Denny’s net worth. Dennyの資産を査定するためよ。

Paul Lewiston:
Let them. We have nothing to hide. やらせておけ、何も隠すものはない。

Denny Crane:
Hold on a second there. Aunt Sally, this could be, well, a problem. I may have on occasion, laid off an occasional personal expense on the firm, occasionally.
ちょっと待ってくれ。狙われるかも、ひょっとしたら、その、問題だ。ごくたまになんだけど、たまに個人的な出費を会社に回してたんだ、ごくたまにだよ。

Aunt Sally

1. 〈英〉サリーおばさん
  ◆お祭りでボール投げの的になるおばあさんの像。陶製のパイプをくわえている。
2. 〈英〉非難の的、攻撃されやすい人[物]
(英辞郎)

this is a bit of an Aunt Sally. ・・・といったふうに使うそうですが、例えばイラク戦争開戦時のアメリカにとって、大量兵器疑惑のイラクが “Aunt Sally” の状態だったといえば分かりやすいでしょうか?

以下に詳しくAunt Sallyの昔の出辞が記述されています。細かなルールもあるようです。ひょっとしたら人種差別的な背景もあってこういった人形が登場したのかもしれませんね。
http://www.worldwidewords.org/qa/qa-aun1.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/Aunt_Sally
Wikiからのリンク:http://www.tradgames.org.uk/games/Aunt-Sally.htm

Aunt Sally, Come Up! Or, the Nigger SaleAunt Sally, Come Up! Or, the Nigger Sale
(2009/12)
Horace Greeley

商品詳細を見る

似た表現に Scapegoat があるかと思いますが、こちらは攻撃をかわす為の身代わりといった位置づけなので、一義的に攻撃を受ける対象を示す場合はAunt Sallyを使うのでしょうね。

で、Lay off ですが、

laid off an occasional personal expense on the firm, では、lay offの面白い使いかたを確認できます。lay offといえば不況下ですっかりおなじみになった言葉ですが、

Lay off: 分散させる、離す (英辞郎)
///

こういう棒状のものを投げつけるのですね。





第十七話 Eli GrangerはBevの弁護士としてBevとDennyの離婚を仲介すべくDennyの事務所へやってきました。Eliは、巨額の弁護料若しくは相手事務所の乗っ取りさえ目論んでいるようです。Dennyの事務所のパートナー達は、事務所を慰謝料として持っていかれる恐れもあることから、まずは威嚇気味に交渉にあたるべく、大量の若手弁護士の取り巻きをつれてEliの待つ部屋に入ります。

Attornery Eli Granger:
Shirley, I can see I didn’t bring enough silent flunkies to fill my side of the table.
Shirley、私は取り巻きを連れてこなかったので、こちら側のテーブルは埋まっていませんよ。
(放送訳:すごい取り巻きだな。)

silent flunkies
flunky【名】
おべっか使い、下働き、取り巻き、腰巾着
(英辞郎)

会議でもいますね、何の発言もしないで黙って上席の発言に頷いているだけのひとたち、ああいったかたがたをsilent flunkiesというのでしょうね。

政治やビジネスについて記述する文書ではよく目にする表現のようで、使用例は
With that the awkward silence of the meeting room disappears as the up until then, silent flunkies try to ease my embarrassment by making everyone forget it ever happened.
http://www.fictionpress.com/s/2784561/1/I_begin_to_write

さて、Eliははやくも事務所の経営権を奪い取ったかのような態度でsilent flunkiesの一人として入って来た相手方事務所の職員にコーヒーを頼みます。

Attornery Eli Granger:
Double-shot espresso, skim milk, two sugars. Scoot.
エスプレッソをダブルで、スキムミルクと砂糖は2つで。さあ早く。

scoot
【1名】突進
【1自動】急いで行く
【2名】〈俗〉スクーター
【2自動】〈話〉スクーターで行く
【3名】〈豪俗〉飲んで浮かれ騒ぐこと
【4名】《scoots》〈米俗〉ドル◆【同】dollar
(英辞郎)

Scooterという乗り物はこの言葉からきているわけですね。

///
プリンセス ジュエル スクータープリンセス ジュエル スクーター
()
アイデス

商品詳細を見る


第十七話 自身6度目の結婚式を挙げ意気昂揚していた(?)Dennyは、式場内でカクテルを出す給仕の女性とクロークのなかで性を交渉してしまい、新婦のBevほか事務所の同僚に現場を目撃されます。式後の事務所では、Bevの離婚へ向けた慰謝料の請求から事務所を守るべくパートナー達が議論を始めます。婚姻の無効 (annulment) を切り出すBradですが、Denny自身は婚姻関係は成立していた(式後3時間内に給仕の女性のみならず妻とも性交渉を行った)と離婚を拒否する姿勢を示します。

Brad Chase:
It's a straightforward annulment. They were only married for three hours. Legally they never had the opportunity to consummate the marriage after the ceremony.
もろAnnulmentの事例ですよ。彼らが結婚したのは3時間だけです。法的に彼らは式後に一度も婚姻を完全なものにする機会を持たなかったのです。

Denny Crane:
Oh yes, we did.
いや持ったさ。

Paul Lewiston:
You had sex with another woman and your wife in the three hours you were married?
君は給仕だけじゃなく自分の奥さんとも結婚後3時間以内にセックスしたというのか?

Denny Crane:
It was my special day. I had taken my little blue pill.
ぼくの特別な日なんだ、小さな青い錠剤を飲んでおいた。

Shirley Schmidt:
No cure for cancer, but we got three pills for that!
もともと治らないのに、3錠も飲んだっていうのよ。

Annulmentは、現在私がはまっているイギリスのドラマTudorsでも出て来る言葉で、王妃の侍女Anne Boleynと結婚したいが為に20年以上連れ添った王妃Catherine of Aragonと離婚すべくローマ教皇にAnnulmentを認めさせようと確執を引き起したHenry VIIIの有名な暴挙(結果としてカトリックを棄教し英国国教会を設立)を紹介しています。

Tudors: Complete First Season (4pc) (Ws Dub Ac3) [DVD] [Import]Tudors: Complete First Season (4pc) (Ws Dub Ac3) [DVD] [Import]
(2008/01/01)
Jonathan Rhys MeyersHenry Cavill

商品詳細を見る

Annulmentは用語のコーナーでも取り上げていますが、大きくCivil AnnulmentとReligious Annulmentsの2種類があります。Civil Annulmentが成立する条件としては
  • Misrepresentation or fraud.
  • Concealment.
  • Refusal or inability to consummate the marriage.
  • Misunderstanding.

といった事由を求められますが、Refusal or inability to consummate the marriageというのは面白い考えですね。即ち婚姻の成立にはセックスが十分条件として存在しているという考え方です(=セックスを拒絶する又はセックス不能ならば婚姻は成立しない)。セックスレスの夫婦がごろごろいて少子高齢化の一因となっている現代日本社会では思わず赤面してしまうような初々しい考え方ですね。

法律的にconsummationは、
The actualization of a marriage. Sexual intercourse is required to "consummate" a marriage. Failure to do so is grounds for divorce or annulment.

また、英辞郎をひきますと、consummate【他動】
1. ~を完させる、~を完了させる
I consummated the transaction by selling 2 million shares at 8 dollars each.
: 200万株を1株あたり8ドルで売ってその取引を完結させた。
2. 〔長い間求めてきたものを〕実現する、達成する
All my hopes were consummated at that time.
: 私の望みはそのときすべてかなえられた。
◆【用法】受動態で用いられることが多い。
3. 〔床入りで結婚を〕完全なものにする
4. 〔セックスで欲望などを〕満足させる

最後にShirleyの台詞ですが、日本語訳が難しく訳者のセンスを問いますが、放送では「ばかにつける薬はないわ」とされていましたが、ここは拙訳に甘んじて批判を受けます。blue pillはいうまでもなくバイアグラのことです。その薬を飲んでも下半身のビョーキが治るわけないのに、といったブラックなニュアンスを含んだ台詞です。
   * ばかにつける薬はない。: There's no cure for a fool. (英辞郎)

Henry VIIIからDenny Craneまで、権力者の下半身の問題は古今東西ドラマのネタになるわけですね。
王たちのセックス―王に愛された女たちの歴史王たちのセックス―王に愛された女たちの歴史
(2005/06)
エレノア ハーマン

商品詳細を見る


第十七話 デュエットの名曲 Time of My Life をBGMにDennyとBevの結婚式が始まりますが、カネにモノをいわせたド派手な結婚式かと思いきや、式は全体的に落ち着いた色調の、皆が楽しめる様子になっています。Dennyをよく知る同僚の参列者も嘲笑しているのかとおもいきや、半嘲半褒の様子です。

Shirley Schmidt:
White roses, gold-leafed cake, Bev’s boobs swimming out of her wedding dress.

Brad Chase:
Who said money can’t buy tastelessness?

 → boobs swimming out of her dressなんてユーモアある表現でいいですね。

 → Who said money can’t buy tastelessness? は、某カード会社のキャッチコピー「Priceless」に通じるものもあり、ちょっと風刺もきいている感じがあっていい表現ですね。

さて、式は余興も楽しかったようで、余興で物品(=Bev’s garter)を獲得したPaulにAlanが話しかけます。

Alan Shore:
Congratulations. I saw you were the lucky one who caught Bev’s garter.

Paul Lewiston:
Yes. I’m going for a full battery of tests first thing in the morning.

Batteryは、電池のバッテリーとか野球のバッテリーですっかりおなじみの単語ですが、もとは違う意味を帯びていたようです。元は、「ばしばし連打して叩く」のbatter (この語自体がフランス語baterie起源) から来ていて、連続した事物を指すときに使うようです。
  • any large group or series of related things: a battery of questions.
  • a group or series of similar articles, machines, parts, etc.
  • (Psychology.) a series of tests yielding a single total score, used for measuring aptitude, intelligence, personality, etc.
  • the act of beating or battering.

Full battery ofでイディオムかとおもいきやどうも違うようで、
  • full battery of ;《a ~》一連の (英辞郎)、
という説明はあるものの、単なるbatteryという語の使い方の一つのようです。WEBで検索すると比較的多くの表現を見かけますが、圧倒的に、test, questions, を伴っています。

Batteryが電池で使われるようになったのは18世紀以降で、「撃破する」のbatterで使われていた大砲の発射(discharge)から転じて放充電する電池の意を得たようです。野球で使われるようになったのは19世紀以降だそうです。
  • 1530s, "action of battering," from M.Fr. batterie, from O.Fr. baterie (12c.) "beating, thrashing, assault," from batre "beat," from L. bauttere "beat" (see batter (v.)).
  • Meaning shifted in M.Fr. from "bombardment" ("heavy blows" upon city walls or fortresses) to "unit of artillery" (a sense recorded in English from 1550s).
  • Extension to "electrical cell" (1748, first used by Ben Franklin) is perhaps via notion of "discharges" of electricity.
  • In obsolete baseball jargon battery was the word for "pitcher and catcher" considered as a unit (1867).


野球のバッテリーについては、同じフレーズに焦点を当てた先達のコチラの記事をご参照ください。
http://bijenkorf.cocolog-nifty.com/spelen/2005/04/post_8bd3.html

///

これもtime of my lifeですね。



第十七話 結婚式当日、花婿となるDennyは鏡を前に蝶ネクタイを結ぼうとしていますが、結び目をうまく作れず、Alanに頼みます。向かい合って他人のネクタイを結べないAlanは、Dennyの背後からDennyを抱きかかえるような恰好になってネクタイを結んであげます。そんな最中の二人の会話です。

Denny Crane:
I wish you and I were getting married. That’s you and I, both of us, to others. I’m not gay.
君と僕が結婚していたらなあ。君も僕もという意味だ。僕たち双方が誰かとという意味。僕はゲイじゃない。

Alan Shore:
I understood you the first Freudian slip
あなたの本音を初めて聞けた気がしますよ。

Freudian slip:フロイト的失言、うっかりした失言 (英辞郎)

ジクムント・フロイトは、1905年の論考「Three Essays on the Theory of Sexuality」 (英題) で同性愛について考察しています。
  • 同性愛の仕組みとして、先天でも後天でもない、ヒトの両性的傾向を解き、また、
  • 同性愛の動機として、5歳頃までの性の発達段階で子供が性に関して経験するある種の挫折(エディプス・コンプレックスおよび去勢コンプレックス)を指摘しました(両コンプレックスについてはこちらを参照、そういえば去勢コンプレックスについてはメビウスの髪について記したときにでてきました)。

精神分析の泰斗、言わずと知れたジクムント・フロイトは、男性なら誰しも自分のなかに女性があり、女性なら誰しも自分のなかに男性があり、そんな自分の中の異性を「無意識」とし、研究対象にしてきた大先生です。

Dennyがついついこぼしてしまった自分の中の女性、翻ってAlanへの愛情、そこをすかさずFreudian slipと表現する、フロイト的失言、翻して「本音」としていますが、放送でもたしか本音とされていた記憶があります。

これを読んでSlipではなく真摯にフロイトを語ってみたいものです。

エロス論集 (ちくま学芸文庫)エロス論集 (ちくま学芸文庫)
(1997/05)
ジークムント フロイト

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。