FoxのドラマBoston Legalのしゃれた会話を題材に、英会話を学びたいと思います。

■ブログ管理人よりご挨拶申し上げます■

当ブログを読んでくださりありがとうございます。当ブログを管理しているLalalanと申します。よろしくお願い致します。

  • ブログをはじめて2年と3ヶ月、ブログにいただいた「拍手」の累計が200を越えました。
  • 当初は自分自身の整理を目的に記事をアップしていましたが、最近ではすっかり読み手の存在を意識しながらアップしています。
  • 今後とも牛歩で進む所存ですが、よろしく「拍手」「コメント」のほどお願い申し上げます。
    また、「日本ブログ村・英語ブログ」も是非覗いてみてください。

    → 英会話教材としてのBoston Legal      → Boston Legal概論


日本赤十字社への義援金(Google チェックアウト) Google Crisis Response

Let's help people suffered from the disaters Think Daily


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界中に営業拠点を有する法律事務所 Crane, Poole & Schmidt のBoston支社を舞台に展開される法律ドラマBoston Legalは、弁護士の私生活も交えながら「上質な社会風刺」を展開するドラマと言えます。NYでもLAでもなくBostonというアメリカの歴史発祥の地を舞台にしている点にこのドラマの意味はあるといえますが、Bostonを舞台とする意味は、ドラマが放送された時点の社会背景と重ねて考えると、シーズンを重ねる毎に深まってゆきます。結論を急ぐなら、「何かおかしな方向へ変容し続けるアメリカ社会に対し、建国の原点に立ち返るようメッセージを投げかけ続けるドラマ」と評価できるのです(下表参照)。

冷戦終結後のアメリカは、国家の存在意義を新しいパラダイムに合わせる過程で少しずつ、しかしながら確実に、多くの問題を噴出させてきました。9.11テロ後には特に変容が加速している事実は同時代を生きる者の実感として納得いただけると思います。Boston Legalはそれら噴出してきた問題をネタに物語を展開し、多元的価値観の世界での共通言語にして最終的な拠り所となる法律を軸に問題を考察し、登場人物のキャラクターに多元価値を代弁させ、時流を的確に捉えた社会批判を展開したのでした。

全部で5シーズン放送されたBoston Legalを見ていると、扱う問題にパターンを見いだします。個人的な根拠なき分類で恐縮ですが、おおよそ以下の問題が扱われています。
・ 法制度/弁護士/詭弁
・ 国内政治/政党/選挙
・ 外交/石油利権/戦争
・ 銃
・ 人種/移民/同性愛
・ 宗教
・ 消費/経済
・ 環境
・ 教育
・ インターネット/テクノロジー
・ 喫煙/タバコ利権
・ 老人/認知症
・ 医療制度/保険制度/美容整形

 放送期間ドラマ展開社会の出来事
Season 12004-2005David E. KelleyのドラマThe PracticeからスピンオフされたキャラクターAlan Shoreを主人公とした法律ドラマとしてスタート。The Practiceの豪華版/大型事務所版といった性格が色濃い。2003年に始まったイラク戦争が本格展開
京都議定書が発効
Season 22005-2006Season 1 をパワーアップさせ、Boston Legalらしさをデフォルメし続けた。新教皇誕生
ハリケーン・カトリーナ
Season 32006-2007Season 1, 2, の流れを汲んだBoston Legalらしさの集大成。キャラクターの入れ替えを予定したこともあり、キャストが乱立しすぎて混乱した感じがしないでもない。イラクのサッダーム・フセイン元大統領死刑執行
Season 42007-2008Bush政権の行き詰まりと、大統領選を控えた政治の季節を迎え、政治問題を正面から露骨に捉えたエピソードが多い。ブット首相暗殺等、イスラム圏の社会混乱
Season 52008-2009新大統領誕生への社会の動きを敏感に捉えたエピソード。ドラマとしての社会的使命を終えたと考えたのでしょうか、Seasonの更新は終了。リーマンショック
オバマ大統領誕生

アメリカ社会の出来事は、言わずもがな世界にも影響を与え、アメリカ社会の問題はアメリカ国内の問題にとどまるものではありません。時にアメリカ国内以上に問題が深刻化している国や地域もあります。しかしながら、多元価値を踏まえて実施されるアメリカの処方は世界の問題解決に示唆を与え、依然として大国としての影響を「問題」という点からも与え続けているのです。そんなアメリカの問題の行方に一石を投じ続けるBoston Legalは、結果的に世界中の社会問題の処方に影響を与えているのです!(へ!?、言い過ぎ?)。
スポンサーサイト


当ブログを読んでくださりありがとうございます。当ブログを管理しているLalalanと申します。よろしくお願いします。
  • 「BOSTON LEGAL」をはじめて見たときの「面白い!」という感想はいまもわすれません。とりあえずひととおりの初歩的な英会話はできるけれど、もうワンランク上の英会話を楽しみたい、そんな希望を抱きながらなにかいい教材はないかなと探しているときでした。
  • すてきな脚本といいますか、とにかく会話がしゃれていて、会話のテンポと英語の言葉使いにすっかり魅了され、会話を綴って教材にしているうちに整理かたがたブログ形式で記録してゆこうと思い立ちました。
  • 教養ある弁護士の公私における会話、論理的なあらすじと話し方、ということで、とてもいい教材です。
  • 最終弁論の構成や論理展開は、プレゼンテーションスキルにも役立つと思います。


和英辞典は単に日本語を英単語に変換するにとどまらず、文脈の中での当該単語の使い方を示し、英語の使い方や例文を添えていてくれると助かりますし、利用者の期待の一つもまたそんな例文理解にあります。即ち和英辞典には「英作文辞典」としての役割も期待されているわけで、ニュー・アンカー英作文辞典はその名のとおりこの分野の古典的存在で、中高生の頃おおいに活用しました。ニュー・アンカー英作文辞典の上をいくといいますか、もう1ランク上の英語を学びたいときは、NEW斎藤和英大辞典を薦めます。

下記HPに多くが語られていますから、私が多く語るまでもありません。是非覗いてみてください。昭和3年の辞書ですが、おおっという例文や、なるほど!という訳、英語理解にハッとさせられることしばしばです。

「斉藤和英大辞典」 http://www.nichigai.co.jp/newhp/whats/saito.html

アマゾンではいくつかの種類を扱っているようです。

こちらが書籍版

NEW斎藤和英大辞典NEW斎藤和英大辞典
(2002/12)
斎藤 秀三郎

商品詳細を見る


こちらがCD−ROM版

CD-NEW斎藤和英大辞典CD-NEW斎藤和英大辞典
(1999/09)
斎藤秀三郎日外アソシエーツ辞書編集部

商品詳細を見る



現在はWEBを使って「検索」や「リンク」という機能を使いながら、様々な辞書を効率的に使うことができます。私もその例にもれませんが、それでも本型の辞書は手元にあるとやはり違うものです。私の場合、以下の2点において本型の辞書の効能を認めることが出来ます。
  1. 蛍光ペンやメモのあとから、特に過去に調べた記録の在る語句の場合、調べるその語句の記憶がよみがえる
  2. 前後に配置された語句にも目が及び、関連語句について視覚的学習ができる
WEBの世界で供給される辞書はこれまでの学習とは根本的に異なる環境を提供する可能性を秘めている訳ですが、はて、WEBと本型とどちらがいいものか。少なくとも文書型辞書の学習には限界があったのも事実で、何万人もの日本人がいまだ英語と格闘しているのはその証左でしょう。

とりあえずこのコラムでは私が愛用している辞書を含め、本ならではの辞書など辞書をいくつか紹介したり、世間の辞書を批評する予定です。


[法律の英単語 ー 目次]の続きを読む


Adjourned

Adjournedは、形容詞で、延期された、休止した、という訳語を充てられますが単語というよりは例えば、Meeting adjourned. (会議を終わります)といったフレーズで使用します。法律ドラマではよく、Court adjourned(閉廷します)というフレーズを耳にします。

Adjourn
v. to dismiss, by some court, legislative assembly, or properly authorized officer, the business or proceedings. Two kind of adjourning could be possible,
1.) sine die which is final dismissal, upon resolution of the thing being considered or,
2.) temporary adjourning in which the parties involved decide to meet again at some other time. The need to adjourn may arise from lack of quorum (typically in legislative bodies and during meeting) or from the need to take a break (as in chess).
(http://www.legal-explanations.com/definitions/adjourn.htm)


# adversary system
《法律》〔裁判の〕対審[当事者主義構造]
原告と被告の双方が自らの立場を主張し、第三者の立場の陪審員や裁判官が判断を下す裁判方式。
◆    【対】inquisitorial system 糾問主義構造
◆    表現パターンadversary [adversarial] system [model]
(英辞郎)

英辞郎の内容だけではぴんと来ないので専門の解説を見てみます。

当事者対抗主義; 論争主義; 対審構造

対立する両当事者がそれぞれ自己に有利な法律上・事実上の主張および証拠を出し合い, これに基づいて中立の第三者が決定するやりかた。民事および刑事の訴訟手続のほか広く行政手続等でも採用される。裁判における手続だけでなく, 相互に違う立場から意見を述べあうなかから真実を発見し, または正しい結論を生み出そうとする方法一般をいう場合もある。

価値観をぶつけあう対話によって結論を導き出す、根底にあるのは英米のDebateの概念ですね(もっとも訴訟の長期化という避けがたいリスクを抱える負の側面もあるわけですが)。Debateの文化は日本にはありません。陪審員制度が日本には必ずしも適切ではないのではないか、と考えてしまう背景はここにもあります。

日本国憲法は,誤解をおそれずに言えば実体的真実発見よりも,手続的正義の実現に重きを置いたものと思われます。中味の判断(実体的判断)は,価値観がぶつかりあうところです。しかし,手続は形式的であり価値観が入り込みにくいものです。争いを避ける知恵として,このような手続的正義の原理があり,日本国憲法もそれを採用したのだと思います。

以上 http://www.proz.com/kudoz/japanese_to_english/law_general/2961926

従いまして当事者主義構造では、当事者による訴えがないと訴訟を進行できないこととなります。これに対して反対語の「inquisitorial system 糾問主義構造」は、当事者の訴えがなくても訴訟を遂行することができます。どちらも正義の実現を目指す点では共通しますが、糾問主義は裁判官の主観が大きく作用する余地を有します。

以下の季衛東教授のインタビュー記事は、当事者主義構造と糾問主義構造のいずれでもない中国型司法の解説にもなっていて、大変面白いです。アメリカの陪審員制度をそっくり輸入するまえに、自国の司法制度の文化的背景をきっちり見つめる時間を持ちたかったですね。
http://www.vcasi.org/interview/index


alimony 【名】
〔離婚後・別居後に夫が妻に支払う〕生活費、扶養手当、扶養料、別居手当、離婚手当
  • alimony drone
    〈米〉離婚後夫から扶養手当をもらい続けるために再婚しようとしない女
  • alimony fight
    離婚扶助料をめぐる争い
(英辞朗)

alimonyは「離婚手当て」であって、上記英辞朗にあるような生活費、扶養手当といった「養育費」とは少しニュアンスが違うような気がします。

http://www.nolo.com/glossary.cfmによると、長い歳月の婚姻または生活に困窮する配偶者に対して発生する支払いについてもAlimonyは使用しないようです。

「手切れ金」にもいろいろありまして
  • 長い歳月の婚姻に対する場合はconsolation money、
  • 同棲または交際していた相手に支払うpalimony、
  • 又は男女関係以外にも適用可能な概念でseverance pay、
養育費系については
  • 生活に困窮する配偶者に対する養育費はchild support,
  • (子供の場合)expenses of bringing up children
となるのではないかと思います。(以上、英辞朗参照)

alimonyの「離婚手当て」は、離婚を決意した二人が、合意/契約に基づいて、又は裁判所の決定に従って支払う金銭を指すのであり、支払いが養育費であったり、生活費であったりする、というふうに理解すべきはないでしょうか。

Alimony
The money paid by one ex-spouse to the other for support under the terms of a court order or settlement agreement following a divorce. Except in marriages of long duration (ten years or more) or in the case of an ailing spouse, alimony usually lasts for a set period, with the expectation that the recipient spouse will become self-supporting. Alimony is also called "spousal support" or "maintenance."
http://www.nolo.com/glossary.cfm


The Amendments to the Constitution
アメリカ合衆国憲法修正条項 

アメリカ合衆国憲法は1787年に成立した時点では、独立宣言を発した共和政体を採用する13の邦についての諸邦連合の形成に関する取り決めの色彩が強かった。憲法には市民的自由の核となる個人の基本的権利とその法的保護規定が欠落していたため、1789年に最初の連邦議会が開催されたときに10条から成る修正(修正条項の1-10条までは「権利の章典」(Bill of Rights)として知られています)が提案され議会承認を経て、1791年12月にアメリカ合衆国憲法の最初の修正条項として施行された。

アメリカ合衆国憲法の修正は、元の規定を直接改正変更するのではなく、従来の規定を残したまま、修正内容を修正条項としてそれまでの憲法典の末尾に付け足していく方法をとる。修正条項は、順次「第1修正(Amendment I)」、「第2修正(Amendment II)」と番号が付され、今日までに成立した修正条項は27条ある。

http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/syuseikennpou.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95


Annulment:
【名】1)取り消し、廃止、2)〔婚姻などの〕無効の判決[宣告] 
(英辞郎)

A court procedure that dissolves a marriage and treats it as if it never happened. Annulments are rare since the advent of no-fault divorce but may be obtained in most states for one of the following reasons: misrepresentation, concealment (for example, of an addiction or criminal record), misunderstanding and refusal to consummate the marriage.
http://www.nolo.com/definition.cfm/Term/562BEF3A-2213-4DA5-A904132021F334E5/alpha/A/

婚姻無効は稀なケースで、というのは無過失離婚(無責離婚)が登場したからですが、それでも未だ実行されることもあります。なぜなら、詐称(年齢や性別)、隠匿(犯罪歴等)、誤解から婚姻の成立を拒否する、といった理由があてはまる場合があるからです。

ドラマの会話から、実際の使われ方を見てみます。

Shirleyの幼なじみDwight氏は20年以上連れ添った奥さんJeanieから結婚の無効を訴えられています。Dwight氏は自身の浮気を認めていますが、Shirleyは浮気では婚姻の無効は成立しないといいます。

Dwight氏
 : Jeanie is leaving me. She’s trying to have the marriage annulled. I strayed.

Shirley
 : Even so, infidelity isn’t grounds for annulment.



[Annulment]の続きを読む


arraignment 【名】      罪状認否(手続き)

enter a plea of innocent on behalf of someone at his arraignment
《法律》(人)に代わって罪状認否の際無実を申し立てる

Arraignmentは、刑事裁判の冒頭で被告が公訴事実を認めるか否かを宣言しますが、宣言の内容次第で、裁判はその後の審理の進め方を決定します。
The plea allows the court to decide how to proceed with the trial.
http://www.wisegeek.com/what-is-a-not-guilty-plea.htm

宣言には3つの選択肢があります。
Asks the defendant how he or she answers, or "pleads to", the criminal charges -- "guilty," "not guilty," or "no contest";
http://criminal.findlaw.com/crimes/criminal_stages/criminal_arraignment/
  1. "guilty"  
Guilty plea affirms the defendant is admitting to the charges, mean no trial
  1. "not guilty"
If a defendant doesn't enter a plea at all, whether it is because he or she doesn't want to respond to the charges or because he or she failed to appear, the court will enter a not-guilty plea on the defendant's behalf.
  1. "no contest (nolo contender)"
the person does not refute the charges, but also does not claim guilt for the charges. This can save time if a person convicted of a crime must stipulate to each of the charges.
the defendant is neither admitting to or denying the charges, but will not fight them, essentially a de facto guilty plea


ドラマの中での用例

I’m her attorney, we’ll waive Miranda, there’s no need to take her into custody, I’ll surrender her myself at her arraignment.


Beyond a reasonable doubt
adj. 合理的な疑いを超えた
刑事裁判で陪審員に証明の程度を説明するとき使用する慣用句。
http://www.beikokuhou.com/Dictionary/terms_b.htm

Beyond A Reasonable Doubt
(adj) Beyond A Reasonable Doubt is the phrase used to testify the state of mind of the judge while deciding whether the defended has done the crime or not, confirming that all possible opportunity to confirm that the defendant has not done the crime was exhausted.
http://www.legal-explanations.com

辞書とかWEBでreasonable doubtを調べ、日本語の説明を見ますと「証明の程度」とありますが、いまひとつピンと来ないので、例えば上記のように英語の方を参照するとなんとなくbeyond… doubt…の言葉と説明が一致してイメージがわいてきます。

被告が本当に罪を犯したのか否か判断しかねるときに、すべての考えうる機会を考慮しつくして、わずかでも「被告は罪を犯していない」と考えられる要素が存在するなら有罪無罪の判断をしてはだめですよ、言い方を変えると、明白に「被告は罪を犯した」と認められる要素しか確認でない状態でないと有罪無罪の判断をしはいけませんよ、という原則が背後にあります。

なぜそんな原則があるかというと、以下のWikiのサイトを見るとわかっていただけるのでは。
http://ja.wikipedia.org/wiki/証明責任

こちらの過去記事もご参照してみてください。
http://hyoronglish.blog59.fc2.com/blog-entry-261.html



Continuance

動詞
continueの名詞形ですが、法律での用語となると「延期」の意になります。

continuance ―【名】
  1. U[またa ]
    1. 継続,連続.
      1. a continuance of bad weather 悪天候の連続.
      2. of long [short, some] continuance 長い[わずかの, しばらくの]間続く[いた].
    2. 〔ある状態・場所などに〕とどまっていること,滞在; 持続,存続in.
      1. during one's continuance in office 在職中に.
    3. 継続期間
  2. U【法】(裁判の)延期.
http://ejje.weblio.jp/content/continuance

continuance
The postponement of a hearing, trial or other scheduled court proceeding, at the request of one or both parties, or by the judge without consulting them. Unhappiness with long trial court delays has resulted in the adoption by most states of "fast track" rules that sharply limit the ability of judges to grant continuances.
http://www.nolo.com/definition.cfm/Term/199B6997-19F1-44A0-B5DABA71DF8FF612/alpha/C/


Court of Appeals:控訴[上訴・上告・抗告]裁判所
  • 【同】appellate court, circuit court
    • 1948年から、控訴院Court of Appealsの名称になった。
  • 【対】trial court
米国
日本
 
簡易裁判所
  • General trial courts:
    • United States district courts

↓(控訴)
 
家庭裁判所または地方裁判所
  • Courts with geographic-based
    appellate jurisdiction:
    • United States
      Circuit Court of Appeals
↓(控訴)
↓(上告)
 
高等裁判所
  • Court of last resort:
    • Supreme Court
      of the United States
↓(上告)
 
 
最高裁判所
その他専門領域に特化した裁判所
  • Courts with original jurisdiction over
    specific subject matter:
  • Courts with appellate jurisdiction over
    specific subject matter:
 
  • 簡易裁判所は,請求額が比較的少額で軽微な紛争を迅速かつ簡易に解決するために,全国438か所に設置されており,国民に最も身近な裁判所と言われています。
    • 簡易裁判所では,目的物の価額が140万円以下の事件を扱います(140万円を超える事件は地方裁判所で扱います)。
http://www.courts.go.jp/saiban/wadai/1802_01_kanitetuzuki.html


Declaratory judgment

A court decision in a civil case that tells the parties what their rights and responsibilities are, without awarding damages or ordering them to do anything. Unlike most court cases, where the plaintiff asks for damages or other court orders, the plaintiff in a declaratory judgment case simply wants the court to resolve an uncertainty so that it can avoid serious legal trouble in the future. Courts are usually reluctant to hear declaratory judgment cases, preferring to wait until there has been a measurable loss. But especially in cases involving important constitutional rights, courts will step in to clarify the legal landscape. For example, many cities regulate the right to assemble by requiring permits to hold a parade. A disappointed applicant who thinks the decision-making process is unconstitutional might hold his parade anyway and challenge the ordinance after he’s cited; or he might ask a court beforehand to rule on the constitutionality of the law. By going to court, the applicant may avoid a messy confrontation with the city -- and perhaps a citation, as well.
http://www.nolo.com/

日本語では宣言的判決/確認判決、と訳されているようです
◆ 確認の訴えの目的である権利関係や法律関係の存否について判断された判決で、これによリ原告・被告の間の権利関係等が確定する。→例えば、「甲債権は、存在する。」或は、「甲債権は、存在しない。」法律問題についての裁判所の意見を述べるだけで何ら措置を命じない。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/yougosaibann.htm
◆ 確認訴訟は、その訴えにより紛争解決の機能が果たせる場合にのみ認められている。しかしどのような確認請求ができるかは法により明定されてはいない。

第二話で負けず嫌いのDeniseは、ひも同然だったTim(34歳にして無職でプロゴルファーを目指していた)から離婚を持ちかけられて動揺しながらも仕事をしていましたが、追い打ちをかけるようにTimから、神父でもあるTimの弁護士とともに、一方的かつ身勝手な理屈から62.5万ドルの慰謝料を請求されます。自身で自分の離婚の案件を取り扱うと決めたDeniseは、部下のGarretに以下のように指図します。

Filea motion for declaratory judgment and mark it up for tomorrow.
明日までに確認訴訟の申立をする準備をして

つまりDeniseは、ひも同然だった男に、離婚をもちかけられ、なぜ慰謝料を請求されなければならないのか、その確認判決をもとめるべく確認訴訟にでるわlけです。


Defamation

名誉毀損
(名誉棄損は、日本新聞協会の「同音の漢字による書きかえ」による表記)

英辞郎では以下の例文を引いています。

The company sued a former employee, accusing him of defamation.
会社は元社員が会社の中傷をしているとして彼を告訴しました。

in law, attacking another’s reputation by a false publication (communication to a third party) tending to bring the person into disrepute. The concept is an elusive one and is limited in its varieties only by human inventiveness.
-    http://www.britannica.com

n. The act of damaging a person's reputation by making untrue statements. The remarks are considered libel if printed or broadcast over the media and slander if made orally. The defamation has to be proven to be made with malicious intent opposed to just fair comment when public figures are involved. Unless there is malice, damages for slanderous remarks may be limited to special damages. "Per se" slander and libel can easily lead to large monetary awards and/or punitive damage for the person harmed if the statements were accusations of having committed a crime, having a feared disease, or being incapable of performing one's occupation. Printed retractions are demanded by most states for defamation and only allow a lawsuit if there is no such admission of error.
− http://www.legal-explanations.com/definitions/defamation.htm

民事であろうと刑事であろうと、名誉毀損の成立阻却要件(刑法第230条の2第1項)に準じたものである場合には、その責任は問われない。
  1. 公共の利害に関する事実に係ること(公共性)
  2. その目的が公益を図ることにある(公益性)
  3. 事実の真否を判断し、真実であることの証明がある(真実性)
真実性については必ずしも真実である必要は無く、ある事実を真実と誤認するに相当の理由が認められる場合(確実な証拠や根拠に基づいた場合など)であれば、真実性の欠如を理由にその責任を問われる事は無い(最大判昭和44年6月25日刑集23巻7号975頁)。
− フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Deposition

【名】
1.    免職、罷免、廃位
2.    宣誓証言、宣誓供述書、証言録取(書)、供述録取書
3.    供託
4.    沈殿(物)、堆積(物)、沈積、蒸着(物)        (英辞郎)

上記1.についてはpositionにdeがついた意味で理解でき、3.についてはDepositという単語から派生したものであることは容易に理解できます。英辞郎では、depositionの用法については、4.の沈積/沈殿/沈着(物)、堆積(物)で使われる化学的用語が圧倒的に多く見られます。そんなdepositionになぜ2.のような意味がるのかはよくわからないところです。が、下記を呼んで、「証言」が3.のdepositとして機能していることがわかり、転じて2.の意を得たのではないかと推測します。

An important tool used in pretrial discovery where one party questions the other party or a witness in the case. Often conducted in an attorney's office, a deposition requires that all questions be answered under oath and be recorded by a court reporter, who creates a deposition transcript. Increasingly, depositions are being videotaped. Any deponent may be represented by an attorney. At trial, deposition testimony can be used to cast doubt on (impeach) a witness's contradictory testimony or to refresh the memory of a suddenly forgetful witness. If a deposed witness is unavailable when the trial takes place -- for example, if he or she has died -- the deposition may be read to the jury in place of live testimony.
http://www.nolo.com/glossary.cfm

ドラマのなかでは「録取」と訳されています。「証言録取」は、米国の法律界で一般的な事象のようで、原告被告が双方の弁護士を交え、公判前に同じテーブルについて事実関係を確認しあいます。場所は原告被告の家とか、どちらかの弁護士事務所とか、いろいろで、そこで得られた「証言」は公判で使われ、公判のスピードアップに役立っているようです。

日本では証言録取という法律行為は一般的ではないようで、アメリカの「録取」は日本では弁解録取書(供述録取書)に置き換えられるようです。被疑者が逮捕状により逮捕されたとき、その後、検察に送致されたときには、司法警察員(一定の要件を満たした警察官など)・検察官は、犯罪事実の要旨及び弁護人を選任することができる旨を告げた上、被疑者に弁解の機会を与えなければなりません(刑事訴訟法203条ないし205条)。この被疑者の弁解などを記録したのが弁解録取書です。
http://blog.kojima-office.net/?eid=400517


Within legal civil procedure, prejudice refers to a loss or injury.
 dismissal without prejudicedismissal with prejudice
re-filingPossible
The present action is dismissed but the possibility remains open that the claimant may file another suit on the same claim.
Impossible
The claimant is barred from filing another case on the same claim.
  the case becomes res judicata on the claims that were or could have been brought in it
http://wikipedia.org/
  • dismissal without prejudice:判決後に同じ案件について再提訴できる
  • dismissal with prejudice:判決後に同じ案件について再提訴できない


裁判の日次予定表

http://www.nolo.com/definition.cfm/ にありますように、何時から何々、とされても往々にして時間どおりに進まないので、時間割というよりは特定の日に裁判所で行われる行為のリストと考えたほうがよさそうです。法廷ドラマ等でも、「自分の審理の前には何々の審理があることを確認する」みたいな感じで、docketをチェックして、と使われています。

1) n. The court calendar that contains the cases before the court.
2) n. The actions taken during a particular day in court written by the court clerk.
3) v. To make notes on the court's actions, to write down the name of a case to place on the calendar.
http://www.legal-explanations.com/definitions/docket.htm

court calendar
A list of the cases and hearings that will be held by a court on a particular day, week or month. Because the length of time it will take to conduct a particular hearing or trial is at best a guess and many courts have a number of judges, accurately scheduling cases is difficult, with the result that court calendars are often revised and cases are often heard later than initially planned. A court calendar is sometimes called a docket, trial schedule or trial list.
http://www.nolo.com/definition.cfm/


Emergency Writ : ただちに指図する令状

writ
【1名】〔裁判所の文書による〕命令、令状
・ The writ of habeas corpus says that prisoners must be given a hearing soon, or be released.
・ 人身保護法の令状には、囚人にすぐに聴聞会を開くか、さもなければ解放すべし、と書かれている。

使用例
The emergency writ to suspend the case pending an appeal had been granted by Judge Johnson Aug. 31 on condition that the restaurants pay a $300,000 bond.
www.larchmontchronicle.com/ArchiveDetail.asp?ArchiveID=765

Lawyers are preparing an emergency writ to remand the case for retrial on the strength of Mr. Johnson’s confession and are seeking Mr. Brooks’s release.
http://www.nytimes.com/2008/02/08/us/08dna.html?_r=2&oref=slogin

Emergency Writ of ~で、いろいろなEmergency Writを表現できます。
  • emergency writ of exclusion:排除の令状
  • emergency writ of habeas corpus:人身保護令状
  • emergency writ of mandamus:職務執行令状
  • emergency writ of prohibition:禁止令状
  • emergency writ of quo warranto:権限開示令状
  • emergency writ of release:釈放令状
  • emergency writ of summons:召喚令状


第二十六話 法律ドラマらしいBradの台詞です。メインのストーリーとはまったく別に、メインのストーリーへの前ふりで展開される打ち合わせの場面のせりふなので本放送ではさらりと流されていましたが、当ブログではすこし食いついてみます。
 
Brad Chase:
Now the legal concepts of sufficiency of evidence and weight of evidence are different. A prime example is the Commonwealth vs Thompkins.
 
sufficiency of evidence とweight of evidenceは異なる概念のようです。まずは辞書的に解説を見てみます。
Weight of Evidence:The balance of evidence and in whose favor it tilts. This refers to the indication of the greater evidence between the parties. This depends on the judicial evaluation within the guidelines provided by the rules and by jurisprudence.
Sufficiency of Evidencerefers to the adequacy of evidence. Such evidence in character, weight, or amount, as will legally justify the judicial action demanded or prayed by the parties.
http://www.batasnatin.com/law-library/remedial-law/evidence/1092-rule-133-rules-of-court-weight-and-sufficiency-of-evidence.html
 
Bradの台詞ではCommonwealth vs Thompkinsとありますが、Massachusettsをはじめとする4州ではないOhioの判例なので(以前の記事を参照願いますhttp://hyoronglish.blog59.fc2.com/blog-entry-79.html)、 Commonwealth ではなくSTATE v. THOMPKINS(Booker T. Thompkins)です。
 
STATE v. THOMPKINSの概要
www.sconet.state.oh.us/rod/newpdf/0/1997/1997-ohio-52.pdf
コンビニ強盗したBooker T. Thompkinsは、銃をちらつかせながら、早くしろ、と言って店員の用意した現金を持って逃走しましたが、つかまって、一審で下された有罪判決は控訴審で以下の2点を根拠に覆されました。
  •  殺すとも金をよこせとも言ってはおらず、強盗ではなかったというreasonable doubtのbeyondへreachできないほどに(Beyond the reasonable doubt)、Evidence はIn-sufficientだとして(Sufficiency of Evidence)、控訴審で逆転判決が下りました。
  • また、証拠を見直してみると、証拠は判断させる度合いが低い、信頼にたる証拠の度合いや傾度(Weight of the evidence)に欠けている、ということで判決が覆されました。
STATE v. THOMPKINS をはじめ、Sufficiency/Weightが争点となったOhioでの判例集
http://www.opd.ohio.gov/RC_Casebook/weight_and_sufficiency_of_the_ev.htm
 
Commonwealth vs Thompkins以外の事例で解説
http://muldoongetz.com/issue20.html
 
In essence, sufficiency is a test of adequacy、だそうで、Sufficiency-of-Evidence Testという判定法もあるようです。
http://definitions.uslegal.com/s/sufficiency-of-evidence-test/


Evidentiary Hearing、WIKIの説明がいちばん解りやすかったので、同サイトを参照しながら内容を紹介します。http://en.wikipedia.org/wiki/Preliminary_hearing

Evidentiary HearingはPreliminary hearing(しばしば "prelim" と略されます)とも称される手続きで、訴追があったあとに裁判所が、本当に犯罪があったのか、起訴は適当なのか、どういった証拠があるのか、どういう手続きが必要か、等を確認します。通常は弁護士を立てて行う手続きです。こまごまとした手続きの具体的内容は裁判所によって異なるようですが、いずれにしても裁判所が十分証拠あり/起訴十分と判断すれば裁判に移りますし、十分な証拠なし/起訴不十分と判断すればそこで訴追は終了です。

下記にも説明があります。
A proceeding before a judicial officer in which the officer must decide whether a crime was committed, whether the crime occurred within the territorial jurisdiction of the court, and whether there is Probable Cause to believe that the defendant committed the crime.
http://legal-dictionary.thefreedictionary.com/Evidentiary+hearing


flagrante delicto 〈ラテン語〉現行犯で (英辞郎)

In flagrante delicto

In flagrante delicto (Latin: "in blazing offence") or sometimes simply in flagrante (Latin: "in blazing") is a legal term used to indicate that a criminal has been caught in the act of committing an offence (compare corpus delicti). The colloquial "caught in the act", "caught red-handed", or "caught rapid" are English equivalents.

The expression does not have a simple translation into English. The phrase combines
  • the present active participle flagrāns (flaming or blazing)
  • the noun dēlictum (offence, misdeed or crime).
In this term the Latin preposition in, not indicating motion, takes the ablative. The closest literal translation would be "in blazing offence", where "blazing" is a metaphor for vigorous, highly visible action.

The Latin term is sometimes used colloquially as a euphemism for someone being caught in the act of sexual intercourse.

上記英辞郎及びWIKIの説明では一般的な「現行犯」の説明となっていますが、下記では特に姦通の現行犯について婉曲した表現としています。

fla·gran·te de·lic·to (fl-grnt d-lkt) adv.
1. In the very act of committing an offense; red-handed.
2. In the act of having sex.
http://www.thefreedictionary.com/flagrante+delicto

In flagrante delicto is a Latin phrase which means “in the very act of committing an offense.” The term in flagrante delicto is used to indicate that a criminal has been caught in the act of committing an offense. The Latin term is sometimes used colloquially as a euphemism for a couple being caught in the act of sexual intercourse. The colloquial "caught red-handed" or "caught rapid" are English equivalents of this Latin phrase.
http://definitions.uslegal.com/i/in-flagrante-delicto/

実際に第二十六話の場面では、娼婦を買春した大学教授Clifford Cabbotが、あくまで実地調査してた、と言い張り買春を否定しますが、検察側はビデオテープに納められている教授と娼婦とのやり取りの場面を以って教授の主張を否定します。判事はビデオテープを以ってin flagrante delictoと表現します。

DA Casey Mathias:
Your honor, the defense’s motion to dismiss is absurd. We have a videotape which clearly shows that the defendant was caught fully . . . in the commission of the illegal act.

Judge Robert Thompson:
It used to be called in flagrante delicto, but, uh, people don’t speak as colorfully anymore. It’s a damn shame, too. Ms. Stanger?

Marlene Stanger:
Professor Cabot was, indeed, in that motel room. He did purchase the services of LaFonda Raymond, and he did set up his camera and make a videotape. And that is why the charges should be dismissed.

///


Fruit of the poisonous treeはアメリカの法律用語で、違法に獲得された情報を元に収集された証拠の隠喩です。その理屈は、もし証拠の元(木:tree)が汚染されていたら、そこから得られたもの(果実:fruit)もまた汚染されているというものです。
Fruit of the poisonous tree is a legal metaphor in the United States used to describe evidence gathered with the aid of information obtained illegally. The logic of the terminology is that if the source of the evidence (the "tree") is tainted, then anything gained from it (the "fruit") is as well.
http://en.wikipedia.org/wiki/Fruit_of_the_poisonous_tree

Fruit of the poisonousというユニークな表現の出所はゴスペルの歌詞にあるそうです。
Even so every good tree bringeth forth good fruit; but a corrupt tree bringeth forth evil fruit. A good tree cannot bring forth evil fruit, neither [can] a corrupt tree bring forth good fruit. Every tree that bringeth not forth good fruit is hewn down, and cast into the fire. Wherefore by their fruits ye shall know them. (Matthew 7:17-20)
http://legal-dictionary.thefreedictionary.com/Poisonous+fruit

日本でも似た言葉に「別件逮捕」がありますが、別件逮捕は適法と判断されない余地があるようです。


Hearsay

伝聞証拠

英辞郎では以下の例文を引いています。

・    As a general rule hearsay is not admissible.
・    原則として伝聞証拠は採用されない。 

in Anglo-American law, testimony that consists of what the witness has heard others say. United States and English courts may refuse to admit testimony that depends for its value upon the truthfulness and accuracy of one who is neither under oath nor available for cross-examination. The rule is subject, however, to many exceptions.
In continental European law, where there is no jury to be protected from misleading testimony, judges may consider any evidence that they consider pertinent to reaching a decision.
-    http://www.britannica.com

伝聞証拠禁止の原則
日本法では、この原則は刑事訴訟にのみ認められるが(刑事訴訟法320条1項)、アメリカ法にあっては(州によって多少の差異はあるものの)民刑事を問わずに妥当する重要な原則の一つである。
刑事訴訟法では、供述内容を証拠としたいが原供述者が死亡している場合などに対処すべく、裁判官や検察官の面前における供述については、伝聞証拠であってもこれを証拠とすることができる例外的な場合に関する規定を置いている。
- フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[Hearsay]の続きを読む


It refers to an act of exemption from performing normal duties or attending office. It also refers to the exemption from attending the legal hearings, be involved in Legal prosecution, penalty or liability. It is granted mainly to witness in exchange of testimony, diplomats who are on missions, Government officials who have made certain decisions amounting to the liability while on duty and government organizations.
http://www.legal-explanations.com/definitions/immunity.htm


Incarceration

【名】投獄、監禁、幽閉    (英辞郎)

Confinement.
- http://www.legal-explanations.com/definitions/incarceration.htm

the state of being imprisoned;
・    "he was held in captivity until he died";
・    "the imprisonment of captured soldiers";
・    "his ignominious incarceration in the local jail";
・    "he practiced the immurement of his enemies in the castle dungeon"
− http://dictionary.reference.com/


Interrogatory responses

Interrogatory
【名】《法律》質問手続き、質問書(状)
【形】疑問の
in an interrogatory manner:〔話し方や態度が〕疑問を持った様子で
(英辞郎)

Written questions designed to discover key facts about an opposing party's case, which a party to a lawsuit asks an opposing party (but not a witness, who can only be questioned in person at a deposition). Interrogatories are part of the pretrial discovery stage of a lawsuit, and must be answered under penalty of perjury. Court rules tightly regulate how, when and how many interrogatories can be asked. Lawyers can write their own sets of questions, or can use form interrogatories, designed to cover typical issues in common lawsuits.
http://www.nolo.com/glossary.cfm

Interrogatoriesと複数になると、Interrogatoryを行う法行為を示すようです。

It is referred to as a part of process of discovering facts before the trial begins. Usually a set of question in writing is presented to the witness by the law enforcers or by one party of lawsuit to the other party.  Either the lawsuit party or witness under the oath in writing answers those questions.  Such answers are also considered evidence. Not all the parties are liable to answer the questions. But the ones directly connected to legal action are expected to reply in a specified period of time.
http://www.legal-explanations.com/index.htm


A change in position by one to whom a promise has been made, or an assumption of duties or liabilities not previously imposed on the person, due to the person's reliance on the actions of the one who makes the promise.


Miranda warning ミランダ警告

ミランダ警告(ミランダけいこく、英語: Miranda warning)とは、犯罪容疑者の権利である合衆国憲法修正第5条の自己負罪拒否権をめぐり1966年のMiranda 対 Arizona州事件の判決から確立された法手続きの一つで、アメリカ合衆国においては後述する4項目が被疑者に対して告知されていない状態で身柄を拘束してはいけないとする原則。
  1. You have the right to remain silent.
    (あなたには黙秘権がある。)
  2. Anything you say can and will be used against you in a court of law.
    (供述は、法廷であなたに不利な証拠として用いられる事がある。)
  3. You have the right to have an attorney present during questioning.
    (あなたは弁護士の立会いを求める権利がある。)
  4. If you cannot afford an attorney, one will be provided for you.
    (もし自分で弁護士に依頼する経済力がなければ、公選弁護人を付けてもらう権利がある。)
1-4と番号を振ってはいるが順序は特に問題となるものではないし、一字一句間違ってはならないというものでもない。また裁判所は形式よりも内容を重んじるので、拘束する際に「言った」というよりは言われた側が「理解した(=YESという)」ということを重視する。従って拘束される側の言語や知的水準で、より現実的な対応を求める州も多くあります。

例えば

  • “ If you are not a United States citizen, you may contact your country's consulate prior to any questioning. ”
  • “ Do you understand the rights I have just read to you? With these rights in mind, do you wish to speak to me? ”

日本語では、「権利の告知(読み上げ)」、ミランダ・ルール、ミランダ準則、ミランダ法則などと訳される。なお、日本では対応するルールがない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://en.wikipedia.org/wiki/Miranda_warning


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。