法律の英単語

ここでは、「法律の英単語」 に関する記事を紹介しています。

■ブログ管理人よりご挨拶申し上げます■

当ブログを読んでくださりありがとうございます。当ブログを管理しているLalalanと申します。よろしくお願い致します。

  • ブログをはじめて2年と3ヶ月、ブログにいただいた「拍手」の累計が200を越えました。
  • 当初は自分自身の整理を目的に記事をアップしていましたが、最近ではすっかり読み手の存在を意識しながらアップしています。
  • 今後とも牛歩で進む所存ですが、よろしく「拍手」「コメント」のほどお願い申し上げます。
    また、「日本ブログ村・英語ブログ」も是非覗いてみてください。

    → 英会話教材としてのBoston Legal      → Boston Legal概論


日本赤十字社への義援金(Google チェックアウト) Google Crisis Response

Let's help people suffered from the disaters Think Daily


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[法律の英単語 ー 目次]の続きを読む
スポンサーサイト


Adjourned

Adjournedは、形容詞で、延期された、休止した、という訳語を充てられますが単語というよりは例えば、Meeting adjourned. (会議を終わります)といったフレーズで使用します。法律ドラマではよく、Court adjourned(閉廷します)というフレーズを耳にします。

Adjourn
v. to dismiss, by some court, legislative assembly, or properly authorized officer, the business or proceedings. Two kind of adjourning could be possible,
1.) sine die which is final dismissal, upon resolution of the thing being considered or,
2.) temporary adjourning in which the parties involved decide to meet again at some other time. The need to adjourn may arise from lack of quorum (typically in legislative bodies and during meeting) or from the need to take a break (as in chess).
(http://www.legal-explanations.com/definitions/adjourn.htm)


# adversary system
《法律》〔裁判の〕対審[当事者主義構造]
原告と被告の双方が自らの立場を主張し、第三者の立場の陪審員や裁判官が判断を下す裁判方式。
◆    【対】inquisitorial system 糾問主義構造
◆    表現パターンadversary [adversarial] system [model]
(英辞郎)

英辞郎の内容だけではぴんと来ないので専門の解説を見てみます。

当事者対抗主義; 論争主義; 対審構造

対立する両当事者がそれぞれ自己に有利な法律上・事実上の主張および証拠を出し合い, これに基づいて中立の第三者が決定するやりかた。民事および刑事の訴訟手続のほか広く行政手続等でも採用される。裁判における手続だけでなく, 相互に違う立場から意見を述べあうなかから真実を発見し, または正しい結論を生み出そうとする方法一般をいう場合もある。

価値観をぶつけあう対話によって結論を導き出す、根底にあるのは英米のDebateの概念ですね(もっとも訴訟の長期化という避けがたいリスクを抱える負の側面もあるわけですが)。Debateの文化は日本にはありません。陪審員制度が日本には必ずしも適切ではないのではないか、と考えてしまう背景はここにもあります。

日本国憲法は,誤解をおそれずに言えば実体的真実発見よりも,手続的正義の実現に重きを置いたものと思われます。中味の判断(実体的判断)は,価値観がぶつかりあうところです。しかし,手続は形式的であり価値観が入り込みにくいものです。争いを避ける知恵として,このような手続的正義の原理があり,日本国憲法もそれを採用したのだと思います。

以上 http://www.proz.com/kudoz/japanese_to_english/law_general/2961926

従いまして当事者主義構造では、当事者による訴えがないと訴訟を進行できないこととなります。これに対して反対語の「inquisitorial system 糾問主義構造」は、当事者の訴えがなくても訴訟を遂行することができます。どちらも正義の実現を目指す点では共通しますが、糾問主義は裁判官の主観が大きく作用する余地を有します。

以下の季衛東教授のインタビュー記事は、当事者主義構造と糾問主義構造のいずれでもない中国型司法の解説にもなっていて、大変面白いです。アメリカの陪審員制度をそっくり輸入するまえに、自国の司法制度の文化的背景をきっちり見つめる時間を持ちたかったですね。
http://www.vcasi.org/interview/index


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。