Y

ここでは、「Y」 に関する記事を紹介しています。

■ブログ管理人よりご挨拶申し上げます■

当ブログを読んでくださりありがとうございます。当ブログを管理しているLalalanと申します。よろしくお願い致します。

  • ブログをはじめて2年と3ヶ月、ブログにいただいた「拍手」の累計が200を越えました。
  • 当初は自分自身の整理を目的に記事をアップしていましたが、最近ではすっかり読み手の存在を意識しながらアップしています。
  • 今後とも牛歩で進む所存ですが、よろしく「拍手」「コメント」のほどお願い申し上げます。
    また、「日本ブログ村・英語ブログ」も是非覗いてみてください。

    → 英会話教材としてのBoston Legal      → Boston Legal概論


日本赤十字社への義援金(Google チェックアウト) Google Crisis Response

Let's help people suffered from the disaters Think Daily


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第七話 不当解雇でTV局を訴えていたピエロの裁判ですが、ピエロ恐怖症のAlanは評決で自分が弁護したTV局側の勝訴を確認して後、Bradに促されてピエロのもとに歩み寄ります。恐怖心からもじもじ尻込みしていたAlanに、ピエロの方から話しかけます。

ピエロ:Would you like to squeeze my nose?
Alan: No, no no no.  You’ve been more than kind.

You’ve been more than kind.、そのまま覚えて、お礼をいうときに使ってみたいものです。

70年代に活躍したJim Croceのヒット曲Operator (That's not the Way it Feels) という1972年の歌の歌詞にも使われています。

Thank you for your time, oh, you' been so much more than kind.


The 50th Anniversary CollectionThe 50th Anniversary Collection
(1992/09/22)
Jim Croce

商品詳細を見る

///

Boston Legalはじめ英米のドラマの脚本の根底にはShakespeareの息吹が脈々と流れているのでしょうね。More than kindは、ShakespeareのHamletに出てくるMore than kin and less than kindのフレーズを思い起こさせます。
[You’ve been more than kind]の続きを読む
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。