U

ここでは、「U」 に関する記事を紹介しています。

■ブログ管理人よりご挨拶申し上げます■

当ブログを読んでくださりありがとうございます。当ブログを管理しているLalalanと申します。よろしくお願い致します。

  • ブログをはじめて2年と3ヶ月、ブログにいただいた「拍手」の累計が200を越えました。
  • 当初は自分自身の整理を目的に記事をアップしていましたが、最近ではすっかり読み手の存在を意識しながらアップしています。
  • 今後とも牛歩で進む所存ですが、よろしく「拍手」「コメント」のほどお願い申し上げます。
    また、「日本ブログ村・英語ブログ」も是非覗いてみてください。

    → 英会話教材としてのBoston Legal      → Boston Legal概論


日本赤十字社への義援金(Google チェックアウト) Google Crisis Response

Let's help people suffered from the disaters Think Daily


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第九話 Deniseは家政婦とその息子と一緒に百貨店で買物していましたが、ちょっとした隙に子供を誘拐されてしまいました。FBIの捜査官から民間人としての捜査方法を入れ知恵されたBradは、子供のころ見た刑事ドラマMannix気取りで二人の私立探偵と、犯人の居所を知っていると思われる犯人の兄を詰問しに行こうと企てます(私立探偵のひとりはBradに “You’re not gonna go all Mannix on us are?” と話し掛けます)。そこへDeniseが入ってきて、私も行くと言い出します。

Brad Chase: There’s no reason for both of us to risk our careers.
ぼくたちは二人とも自分のキャリアをリスクにさらす必要はないよ

Denise Bauer: There is not way I am letting you do this alone. You are also up for full partnership.
私はあなた一人にこれをやらせる理由もないわ。それにあなたは協力してやることに賛成でしょ。

Brad Chase: As are you.
君と同じだよ。

up for
  1. ~に向けて意気込んで、~をする気力[元気]があって、~したい、~に乗り気で、~に賛成で、~を必要として
    • We were up for Friday night. : 私たちは金曜の夜に向けて張り切っていた。
    • I'm up for dessert anytime. : デザートならいつでもおなかに入ります。
    • Are you up for a bite? : ちょっと食事でもどうかな?
  2. ~に立候補して、~の候補になって
    • Bob gets passed over every time he's up for promotion.
      : ボブは昇進の候補にあがるたびにいつも後に回される。
  3. ~の資格があって、売りに出されて
  4. ~の容疑で訴えられて
(英辞郎)

up for grabs というのはくだけた表現のようですが、よく使う表現のようです。

up for grabs (informal)
  • if something is up for grabs, it is available to anyone who wants to compete for it
    • We've got $1000 up for grabs in our new quiz. All you have to do is call this number.

誰にでもchanceがあるときにup for grab、使ってみたいですね。
同名のタイトルの演劇や映画も多数あるようです。

Up for Grabs: Corporate Vibes (PLAYS)Up for Grabs: Corporate Vibes (PLAYS)
(2001/07)
David Williamson

商品詳細を見る

Up for GrabsUp for Grabs
(2001/01/01)
John Harris

商品詳細を見る


なおMANNIXという作品は相当にEPOC MAKINGな作品だったようです。
http://www.smilefilm.com/3m/mannix.html
スポンサーサイト


第四話 Catherineを弁護するAlanですが、手元に同僚で恋人でもあったTaraの退職を知らせるメモが届き動揺を隠せません。同僚のBradがAlanに、殺人事件なのに補佐(Second Chair)はいらないのか、この案件を担当できる精神状態なのか?と訪ねます。

You sure you don't need a second chair? This is murder trial.
             Alan, do you have the necessary focus to try this case?

AlanはCatherineに対する同情を集めようという作戦を既に描いてはいるようで、Bradの問いにはぼそりぼそりと、以下のように答えます。

I want Catherine to be the underdog. 
An army of lawyers would subvert that.

僕はCatherineには同情を買ってもらいたいのです。
だから弁護士軍団は逆効果だと思います。

Underdogは、英辞郎によると

Underdog
【名】負け犬、敗北者、敗残者、弱者、勝ち目のない人
【反】overdog
【著作】負け犬◆米1993《著》マイクル・Z・リューイン(Michael Z. Lewin)

負け犬 (ハヤカワ ポケット ミステリ)負け犬 (ハヤカワ ポケット ミステリ)
(1995/09)
マイクル・Z. リューイン

商品詳細を見る

とあり、「負け犬」という訳があてられています。英辞郎ではさらに、

# underdog charm:判官贔屓
選挙やスポーツなど、劣勢と思われる方に同情が集まりより多くの応援が得られること、または人々の同情を引く要素。

とあり、Alanはこのunderdog charmを踏まえてundrdogを使用していると考える方が自然ですね。
日本人には負け犬はLoserの方が馴染み深いと思います。負け犬といえば、数年前に「負け犬の遠吠え」がベストセラーになったときに英語でLoser Dogといって内容を外人に説明しようとして通じなかった苦い記憶があります。

負け犬の遠吠え (講談社文庫)負け犬の遠吠え (講談社文庫)
(2006/10/14)
酒井 順子

商品詳細を見る


ちなみに反対語で紹介されているoverdogは、英辞郎によると

overdog
【名】支配階級(の一人)

だそうです。してみると単語としてのUnderdogは、支配される側を指す意味を内包する語と考えるべきで、「ふん、この負け犬めが・・・」で使う負け犬や、とか上記の「負け犬の遠吠え」の負け犬には不適切な感じですね。

Alanのセリフは放送では、「弁護団がつくとイメージが悪い」と解説半分に訳されています。
単語でunderdogだけではなく、underdog charmで同情を集めるの意、使ってみたいです。


第一話 Kellyのプライベート写真がインターネット上に流出した事実を以て、Alan は裁判長に対し陪審員が偏見を擦り込まれた可能性が高いので裁判地の変更を要求しますが、判事はそれを受け入れません

[Judge]
I am not happy.
それは楽しくないな

[Alan]
Gee.  And up till now, you've seemed so tickled.
それは残念、今の今までならとても楽しかったはずでしょうに

[Judge]
This is dilatory.  That's what this is.
引き延ばし作戦だな

放送ではAlanのセリフは字幕の都合か会話のテンポの関係からか「顔でわかりますよ」とさらりと流されています。このAlanのセリフは、不条理に対しねちっこく、ユーモアといいますか、ウィットといいますか、いわばブラックな言葉をもって攻撃する彼の性格の一端を表しています。

Up till nowは、日本の英語教育や英和辞書ではUp until nowが人口に膾炙しています。しかし英語ではtill と Untilは明確に使い分けていないようです。以下は http://dictionary.reference.com/ からの引用です。
  • Till and until are generally interchangeable in both writing and speech, though as the first word in a sentence until is usually preferred:
    • Until you get that paper written, don't even think about going to the movies.
  • Till is actually the older word, with until having been formed by the addition to it of the prefix un-, meaning "up to." 
  • In the 18th century the spelling 'till became fashionable, as if till were a shortened form of until. Although 'till is now nonstandard, 'til is sometimes used in this way and is considered acceptable, though it is etymologically incorrect.
 till
Until
Preposition
  1. up to the time of; until:
    to fight till death.
  2. before (used in negative constructions):
    He did not come till today.
  3. near or at a specified time:
    till evening.
  4. Chiefly Midland, Southern, and Western U.S. before; to:
    It's ten till four on my watch.
  5. Scot. and North England.
  1. onward to or till (a specified time or occurrence):
    She worked until 6 p.m.
  2. before (usually used in negative constructions):
    He did not go until night.
  3. Scot. and North England. to; unto.
Conjunction
  1. to the time that or when; until.
  2. before (used in negative constructions).
  1. up to the time that or when; till: He read until his guests arrived.
  2. before (usually used in negative constructions):
    They did not come until the meeting was half over.

しいてtillとuntillの使用に区別をつけるなら上記prepositionの1から、tillは過去のある時点まで、untillはこれから先を含むある時点まで、をさすときに使うといったような気がします。

ところで、Alanの、不条理に対しては言葉を武器に敢然と立ち向かう性格は・・・
[Up till now]の続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。